髪の毛女性の抜け毛対策

薄毛のタイプを見極めよう!

髪の毛

女性の抜け毛・薄毛対策は、タイプに合わせて。

女性の薄毛や抜け毛対策には、自分のタイプを見極めることが重要です。

そもそも女性と男性では脱毛の原因が異なり、解決方法も変わってきます。自分の薄毛や抜け毛の原因を学んで、効果的な対策を心がけましょう。

1.頭部全体の薄毛が気になる「瀰漫(びまん)性・壮年性脱毛症」

抜け毛女性と男性で最も大きく異なるのが、この”瀰漫(びまん)性脱毛症”です。女性の薄毛は、男性のように前頭部や頭頂部など一部分だけがハゲあがるような薄毛になることはほとんどありません。

その代わりに、頭髪全体の髪の毛1本1本が細くなることで、頭部が全体的に薄くなっていきます。症状が続くと徐々に頭皮が透けて見えてくる状態となります。特に髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えてくるのが特徴的です。

頭髪が薄くなる以外にも、抜け毛が増えたり髪の毛のツヤがなくなると言った症状も目立ち始めるでしょう。

原因はホルモンバランスの乱れ、血行不良にあります

更年期になると女性ホルモン減少でバランスの乱れが起こりやすい

更年期前後によく見られ、閉経するとより症状が目立ち始めます。歳を取ることで髪の毛が薄くなってくるため、壮年性脱毛症の一種と考えられています。

原因としては遺伝的なもの以外にも、女性ホルモンの急激な減少や男性ホルモンとのバランスの崩れが考えられます。年をとって閉経すると、急激にホルモンバランスが乱れ始め、男性ホルモンが優位に立ちやすく、脱毛が起こりやすいのです。ホルモン以外にも、コラーゲンや皮脂の減少も増えますから、頭皮の潤いを保ちにくい状態にもなってしまいます。

ストレスによるホルモンバランスの乱れと血行不良も

ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れると同時に自律神経の乱れも起こりやすくなります。すると、血管が収縮状態を起こして血行不良状態に……。髪の毛の成長に必要な栄養素が運ばれなくなってしまいます。

ダイエットによる栄養不足状態

急激なダイエットを行なうと、身体が栄養不足に陥ってしまいます。体内の栄養不足で最初に栄養が行き渡らなくなるのが髪の毛です。

症状改善には”原因の見極め”が大切。原因に応じた対策を

びまん性脱毛症は、脱毛症を起こしている原因さえ見つかれば、改善に向かいやすい薄毛症状です。そのため、何が原因なのかをよく見極めたうえで対策を行ないましょう。

年齢やホルモンバランスに起因する薄毛症状ですから、放っておくとどんどん薄くなります。意識的に取り組むことが重要です。ダイエットやストレスが原因だと思い当たるなら、生活習慣の見直しが必要ですし、栄養バランスの整った食生活、運動なども考えなくてはなりません。しかし、あまり不安視しすぎると逆に症状が進んでします可能性も。

シャンプーやリンスなどの頭皮スカルプケアに注意したり、生活習慣やヘアケア方法を見直しましょう。

2.「出産・分娩後の脱毛症」……それは突然やってきます

妊娠出産・分娩が終わると急に抜け毛が多くなることがあります。薬の服用による副作用もありますが、多くは妊娠後期に女性ホルモンが増加して、抜け毛が減少していた反動です。

出産・分娩が終わるとホルモンバランスが元通りになり、それらの髪の毛が一気に休止期に入るため、一時的に抜け毛が多くなるのです。

出産後やピル服用によるホルモンバランスの乱れが原因に

出産後に起こりやすいホルモンバランスの乱れでも、急激な抜け毛は発症しやすいです。分娩後脱毛症とも言われている脱毛症で、半年~1年ほどが過ぎると自然に髪が戻ります。しかし、高齢出産などでホルモンバランスや体力の回復が遅い場合もあります。自然回復が遅れている場合は、サプリメントや医薬品の助けを借りた方が早く回復できます。

またピル(経口避妊薬)の服用もホルモンバランスを変化させるため、髪の毛に影響が現れます。服用して女性ホルモンが増加している間は脱毛が減りますが、服用をやめることで一時的に脱毛が増えるのです。

3.頭部に点々と丸い脱毛……「円形脱毛症」

精神的ストレスにより、ある日突然、何の前触れもなくバサっと髪の毛が抜けるのが「円形脱毛症」です。円形または楕円形に脱毛するのが特徴です。脱毛は1か所だけではなく、複数箇所、頭髪だけでなく全身の毛が抜けることもあります。

原因の多くはストレス。アレルギー疾患がきっかけの場合も

円形脱毛症の多くが、ストレスの原因がなくなると自然治癒します。アレルギー疾患などが発症のきっかけとなることもありますが、原因は免疫機能の異常が起こす「自己免疫疾患」と考えられています。円形脱毛症の場合には治療に保険が適用されるので、早めに皮膚科や毛髪専門医師に相談してください。

4.「フケ=批糠(ひこう)性脱毛症」は、毛穴詰まりによる抜け毛

フケ=批糠(ひこう)です。批糠性脱毛症とは、フケが毛穴に詰まることで起こる抜け毛のことです。ふけが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、湿疹や抜け毛、成長阻害などの症状を引きおこします。

頭皮の毛穴ケアが最適な改善策です

頭皮ケア(スカルプケア)、ヘアケアを改善しましょう。毛穴の脂が気になって1日に何度もシャンプーしたり、爪を立ててがーっと洗ったりすると頭皮を傷めて逆効果になります。

アミノ酸系の薬用育毛シャンプーで1日1回、頭皮をやさしくもみ洗うと効果的です。乾燥したフケが異常に出る場合は、脂漏性皮膚炎などの可能性もあります。その場合、お医者さんに相談しましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集