プロペシアを賢く服用するための方法とはAGA(男性型脱毛症)

知っておきたいAGA治療薬、プロペシアの上手な服用法

プロペシアを賢く服用するための方法とは

多くのAGAクリニックなどで処方されているプロペシア。男性の薄毛治療に効果的な治療薬といわれています。プロペシアはどのようなきっかけで開発され、AGA治療へと活用されるようになったのでしょうか。また、どのような作用や副作用があるのでしょうか。ここでは、プロペシアの概要と上手に服用するポイントについてわかりやすく解説していきます。

プロペシアについて

AGA治療薬としてすっかり有名になったプロペシアですが、一般的にはフィナステリドと呼ばれています。今でこそ薄毛治療の第一選択肢となりつつありますが、もともと薄毛治療のために開発された薬ではありません。AGA治療薬としてのプロペシアは、どのようなきっかけで誕生したのでしょうか。

もともとは前立腺治療薬だったプロペシア

プロペシアは、男性ホルモンの働きが関与している前立腺肥大、前立腺がんの治療薬として誕生しました。研究開始からわずか1年で販売に至った経緯もあってか、販売開始後も臨床研究が続けられ、その中で興味深い症状が確認されました。プロペシアを服用した方の中に「髪の毛が増えた」「抜け毛が減った」という方がいたのです。

国内では2005年に承認されています

この「副作用」に注目した製薬会社が研究・開発を進め、誕生した薬がAGA治療に利用されているプロペシアです。1997年にアメリカでAGA治療薬として認可されたのち、日本でも1年間にわたる臨床治験が行われ2005年に承認されました。現在では、世界60か国以上で利用されています。

プロペシアの成分と作用

プロペシアに含まれる有効成分がフィナステリドです。フィナステリドには、男性ホルモンを活性型男性ホルモン(DHT=ジヒドロテストステロン)に変換する5α‐還元酵素を阻害する作用があります。活性型男性ホルモンには以下の働きがあります。

  • 過剰な皮脂の分泌を促し毛穴を塞ぐ
  • 髪の毛を軟毛化させる
  • 毛包をミニチュア化させる
  • ヘアサイクルの成長期を短くする

これらの働きにより抜け毛が増える、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうなどのトラブルが生じます。つまり、活性型男性ホルモンはAGAの原因なのです。

フィナステリドの働きは髪の成長に大きく関わります

フィナステリドには活性型男性ホルモンへの変換を阻害する働きがあるので、抜け毛が減る、髪の毛の成長が長くなる、髪の毛にコシが出るなどの効果が期待できるといわれています。以上のことから、プロペシアはAGAに効果的な治療薬と考えられているのです。

プロペシアは病院で処方してもらえる

抜け毛や薄毛に悩む男性にとって、プロペシアは頼りになるAGA治療薬かもしれません。ドラッグストアなどで購入できれば便利ですが、残念ながら市販されていません。プロペシアを利用するには病院で処方してもらう必要があるのです。

月に10,000円以上の費用がかかります

AGAメソッドプロペシアの価格は病院により異なります。販売元のMSD株式会社によると1錠あたり250円(税抜き)となっていますが、ここに診察料などが必要です。あくまでも目安ですが、病院で処方してもらった場合1か月10,000円~13,000円程度の費用が掛かるといわれています。

個人輸入は可能だけれど……

もちろん個人輸入もできますが、粗悪品が多いので健康被害が心配です。パッケージが同じ場合、個人で中身の成分を調べることはできません。また、地方厚生局に必要書類を提出するなどの手続きが必要なので面倒です。プロペシアを利用したい方は、病院で処方を受けましょう。

効果が出る人の割合

プロペシアを利用するにあたり気になるのが効果の現れ方です。プロペシアを服用すれば、すべての方がフサフサになるのでしょうか。意外と誤解が多いポイントなので、利用を検討している方は確認しましょう。

”現状の髪の毛維持程度”の効果が中心です

発毛薬という印象が強いので、プロペシアを服用すれば髪の毛が必ず増えると考えている方が多いはずです。しかし実際は、すべての方で必ず発毛するわけではありません。多くの方でみられのが、薄毛の進行が止まり現状維持する程度の効果です。

過去に行われた試験では、プロペシア1㎎を1年間服用することで40%、2年間服用することで31%、3年間服用することで20%の現状維持効果が認められています。確かに効果のある治療薬ですが、服用さえすれば必ずフサフサになるという薬ではないのです。

著明な効果が認められるケースも

基本的には、薄毛の進行が止まる程度の効果といわれるプロペシアですが、中には著明な改善効果を得られる方もいます。頭頂部の薄毛に悩む方の6%、前頭部の薄毛に悩む方の2%程度で、著名な改善がみられるといわれています。(軽度改善~著明改善の割合はプロペシア1年投与後で58.3%、3年投与後で77.8%です)

AGAの進行手前での治療がポイントです

ただし、年齢を重ねると効果が現れにくくなります。また、重度といわれる段階までAGAが進行している場合も効果が現れにくくなります。AGA治療は、できるだけ若い段階、AGAが進行していな段階で始める必要があるのです。

一般的にイメージされているほどの劇的な効果は期待しづらいので、プロペシアはやや残念な治療薬ということができるかもしれません。決して安くない治療費が継続的にかかるので、プロペシアの服用を検討している方は、治療の前に医師から十分な説明を受けましょう。

知っておきたい副作用の怖さ

プロペシアの服用している方は、副作用についても理解しておきましょう。知らずに服用を始めると思わぬトラブルを招くことがあります。

男性機能や性欲の低下

プロペシアの副作用で注意したいのが、男性機能や性欲の低下です。この副作用が現れる割合は、0.7%程度です。それほど高い割合ではありませんが、日常生活に支障を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。

服用を停止すると、1年後には薄毛進行が再び……

副作用が現れればプロペシアの服用をやめればよいと思ってしまいますが、服用を中止すると約1年でプロペシアの効果がなくなります。つまりAGAが再び進行してしまいます。男性機能や性欲の低下が気になる場合、AGA治療の障害になる恐れがあるのです。

男性機能や性欲の低下の改善策として利用されているのがバイアグラです。こちらを利用すれば、副作用を緩和しながらAGA治療を継続できます。ただし、費用面や心理面の負担が大きくなる恐れがあります。気になる方は、プロペシアのリスクとして以上の副作用を押さえておきましょう。

肝機能障害

もう一つのプロペシアの副作用が肝機能障害です。この副作用が現れる割合は1%未満と考えられていますが、正確な割合はわかっていません。肝機能障害が現れた場合、服用を中止するなどの処置が必要になります。

プロペシアの服用を始めてから、明らかに身体がだるくなった、肝機能検査の数値(γ‐GTP・AST・ALT)が上昇しているなどに当てはまるときは、肝機能障害を起こしているかもしれません。必ず、プロペシアの処方を受けた病院で相談しましょう。

女性は服用できません

最近になって、薄毛に悩む女性が増えているといわれています。プロペシアの服用を検討している女性がいるかもしれませんが、女性は適用外となっているので利用することができません。

妊娠中に服用すると、男性胎児の発達に影響

特に、妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性は気を付けましょう。妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、男性胎児の発達に影響を及ぼす可能性があります。女性用の育毛剤があるので、こちらの利用がオススメです。

男性の服用は妊娠に影響ない

プロペシアが胎児に影響を与えると聞くと、服用している男性と性交渉をもって妊娠したときの影響が気になるはずです。心配してしまいますが、この場合は胎児の発達に影響を与えないと考えられています。

プロペシアが信頼性の高いAGA治療薬であることは間違いありませんが、すべてのAGAを劇的に改善できるわけではありません。抜け毛や薄毛にお悩みの方は、治療にかかる費用、期待できる効果などを理解したうえで自分に合った方法を選びましょう。現在では、プロペシアに変わる選択肢も登場しています。手に取りやすいところから、試してみるとよいでしょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集