育毛剤の種類のコンテンツ一覧

育毛の基礎知識様々な育毛剤!自分に合った商品を選ぶには

育毛剤

育毛剤

育毛剤はどんな種類がある?

育毛習慣を身につける上で切り離せないのが、育毛剤や育毛マッサージの存在。髪の毛の成長にアプローチするトニックがあるならば、活用しない手はありません。少しでも働きかけを期待したいなら、マッサージも行いたいところでしょう。しかしマッサージをするにしても、その働きを理解して正しく行いたいものです。

3タイプの育毛剤。あなたはどれにする?

育毛剤は大きく3タイプに分かれています。頭皮に直接塗布する「外付け」タイプ、洗髪を利用して髪の毛や頭皮環境をケアする「シャンプー&トリートメント」タイプ、経口摂取して体内からアプローチする「医薬品&サプリメント」タイプです。

一般的に知られている「外付け」タイプは、頭皮の気になる部分に有効成分を塗布。マッサージによって薬液を揉み込みます。塗布する成分によって働きかけは異なりますが、頭皮の血行促進などに効果があらわれます。「シャンプー&トリートメント」タイプは、いつも使っているシャンプーを育毛タイプに置き換えるだけなので、手間はそんなにかからないでしょう。しかし即効はないので、サポート的な役割として用いるとよいかもしれません。そして、「医薬品&サプリメント」タイプは、体内に有効成分を取り込むことで、効果を出しやすくします。とはいえ、効果的なものほど副作用のリスクが高いことも覚えておいたほうがよいでしょう。

効果いろいろ…最適な育毛剤をチョイスしたい!

男性ホルモン抑制タイプの育毛剤。女性は使用不可です

薄毛に悩む人口の4分の1が当てはまるという男性型脱毛症(AGA)。男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛の原因となっています。この男性ホルモンの抑制に働きかけるとして、厚生省の認可も受けている育毛剤が「プロペシア」です。元は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品でしたが、副作用として異常発毛が見られたことから、育毛剤として活躍しています。

医薬品のため、医師による判断で処方してもらわなければなりませんが、保険対象外のため自己負担となります。そして服用可能なのは男性のみ。女性は使用できない育毛剤です。

植物成分にも男性ホルモンにアプローチするものがあります

薄毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す5αリダクターゼの働きを阻害する成分は、植物の中にも存在します。ノコギリヤシやオウゴンエキス、漢方薬でも見られる冬虫夏草エキスなどがそれに当たります。

毛母細胞を活性化。頭皮に栄養を送り届ける育毛剤

「ポリピュア」や「M-1発毛育毛ミスト」などに多く含まれているのが、毛母細胞を活性化させる効果のある育毛剤です。髪の毛を作り出す毛母細胞が働かなくなってしまうのは、細胞が老化してしまい細胞分裂を繰り返すことができなくなってしまうから。
ビタミンB群の一種であるビオチンや脂肪酸の一種・ペンタデカン酸グリセリド、ローヤルゼリーエキス、酵母エキス、ニンニクエキスなどに、毛母細胞を活性化させる働きが備わっています。

育毛には、頭皮の血行促進も大切です

髪の毛の成長には毛母細胞の活性化が大切ですが、その細胞が分裂するにはエネルギー源となる血行の促進が重要になってきます。頭皮の血行促進の効果が高いとされているのが、アメリカにて血管拡張剤として開発された成分・ミノキシジルが有名です。AGA治療薬として用いられており、発毛因子を増やすのでは?という説もあります。

血行を促す植物系の成分もあります

古来から多様化されているセンブリエキスやトウガラシエキス、ニンジンエキスなどは、多くの育毛剤に配合されています。

保湿やスカルプなど、頭皮をケアする育毛剤も

育毛のためには、育てる土の役割となる頭皮ケアも大切になってきます。フケや頭皮のかゆみは頭皮環境悪化のシグナルなので、見逃すわけには行きません。原因のひとつに過剰な皮脂分泌があげられます。イオウやビタミンB6、カシュウといった生薬などの成分で皮脂の抑制に働きかけます。そして、保湿ケアも大切ですから、育毛剤の多くには、さまざまな植物由来エキスなどの保湿成分が含有されてます。

効果がある人とない人の違いってなに?

コストや時間をかけて育毛剤を使用しているなら、効果をもたらせる状態にしたいもの。しかし個人によって、効果はさまざまです。できることから行い、その効果が現れやすいようにしたいですね。

まず生活習慣が整っている人のほうが効果が現れやすいと見られています。食生活や生活リズムが乱れていたり、ストレスをためがちだったりすると、血流の流れも良くありません。栄養バランスが崩れて育毛剤による血行促進効果も得られにくいのです。睡眠不足もその一つで、特に成長ホルモンが分泌しやすい夜10時~深夜2時の間に睡眠を確保できなければ、毛母細胞が活動しにくい上、新陳代謝も鈍くなってしまいます。

頭皮を清潔にしておくのも、効果を得るには大切な要素です。洗髪が十分でないと毛穴に皮脂が詰まった状態で育毛剤を塗布しても、浸透するどころか雑菌を増やす悪影響しか及ぼさない事態が考えられます。逆に洗浄力が強すぎるシャンプーで頭皮を乾燥させてしまうのも頭皮を傷める原因になるので、頭皮状態を考えたヘアケアが大切でしょう。

そして、もっとも大切なのが自分に合った育毛剤を選べているかどうかでも効果は違ってきます。自身の薄毛タイプを理解して、適切な商品をチョイスしていくとよいです。

育毛マッサージの効果

育毛というと、洗面台の鏡を前に、ブラシで頭をポンポンとたたくお父さんの絵図がイメージしやすいところですが、これはあながち的外れではありません。というのも、育毛で大切なのは頭皮の血行を促進させることで、薄毛の人は頭皮が硬くなって血行が悪くなっているしまっているから、頭皮を柔軟にほぐしてあげることが大切なのです。

しかし薄毛を気にするお父さんのようにブラシでポンポンは、頭皮に傷をつけないとも限りませんから、気をつけましょう。

手の指を使って育毛マッサージをしましょう

育毛マッサージを行うのは、頭皮が柔らかくなっているシャンプーのときやお風呂上りのタイミングがベスト。頭皮全体を両手の指の腹でまんべんなく揉みほぐしながら、頭皮が硬い部分を重点的に行います。最後に手のひらで側頭部を両側から押し付けるようにゆっくりとマッサージして刺激を与えると、頭に血が巡っているのが感じられます。

みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集