女性の抜け毛対策のコンテンツ一覧

育毛の基礎知識抜け毛は女性にとっても大敵

抜け毛が気になる

抜け毛が気になる

女性の抜け毛や薄毛の原因

女性の薄毛や抜け毛の原因には、ホルモンバランスの乱れがあげられます。引き起こす要因も様々。加齢で年を重ねたことや、睡眠不足・偏食・ダイエット・お酒・ストレスなどから来る生活習慣の乱れ、出産の影響などがあります。

髪の薄毛を最も実感しやすいのが「加齢」

年をとって性ホルモンが乱れるのが40歳前後で、そのくらいの年齢で髪の衰えを感じ始める女性も多いようです。ちなみに髪の太さのピークは35歳で密度の濃さで言うと20歳がピーク。徐々に毛髪の質も衰えるので、加齢で髪がうねりやすくなるなどの変化も感じられます。

日々刻々と髪の毛への影響を与えているのが「生活習慣」

特に帰宅が遅ければ睡眠不足になりがちだし、日々のストレス解消にお酒やタバコはやめられない。など、髪に良くないと分かっていても、習慣はなかなか改善できないもの。だからこそ、少しずつでも見直していく必要があり、一番対策しやすいポイントとも言えるでしょう。

一時期とはいえ、「出産・産後」の影響は髪の毛に大きい

出産は性ホルモンのバランスを乱しやすく、産後2~3か月が経過した頃に髪の毛が抜けやすくなります。妊娠中に減っていた脱毛量が最後には解放されて一気に起こります。あまりの抜け毛に驚くのですが、時期に落ち着きは取り戻す脱毛です。

女性と男性の薄毛の違い

男性の薄毛の多くは「男性ホルモン」によるものであり、女性の薄毛の原因は「ホルモンバランス」によるものです。

女性の薄毛・抜け毛は努力次第で改善の見込みあり!?

男性の薄毛は遺伝的な要素が大きく、特に母方の男性ホルモンの影響が現れやすいそう。そのため男性専用育毛剤には、男性ホルモンの悪影響にアプローチする成分が含まれているのが特徴です。

そして女性の髪の毛に影響するという「加齢」と「性ホルモン」。加齢を止めることはできませんが、性ホルモンの乱れには、出産以外にもストレスや生活習慣などの影響が大きいので、ふだんからの努力で改善が見込みやすいといえます。

薄毛のタイプはどれ?

女性が陥る脱毛タイプは、主に4種類です。男性の薄毛のタイプと大きく異なり、女性の薄毛の悩みで多いのが「びまん性・壮年性脱毛症」。男性の場合は前頭部や頭頂部など一部分が極端に薄くなるのですが、女性の脱毛は髪の毛全体が薄くなり頭皮が透けて見えてきます。

そのほかにホルモンが関係している薄毛が「出産後の脱毛症」。妊娠後期に増加する女性ホルモンで減少していた抜け毛は、分娩後ホルモンバランスが戻ることで、一時的に脱毛が多くなるのです。

精神的なストレスなどから、ある日突然脱毛するのが「円形脱毛症」。円や楕円の形で脱毛するのが特徴です。保険適用の脱毛症のため、皮膚科や毛髪専門医師への受診がおすすめです。

4つ目にあげられる脱毛症が「ひこう性脱毛症」。ひこう(批糠)とはフケのことで、フケで毛穴詰まりを起こすことによる抜け毛です。この脱毛症の場合、皮膚炎症や湿疹、成長阻害も引き起こしてしまいます。

日頃から抜け毛・薄毛対策が女性の脱毛にアプローチするコツ

生活習慣

改善したいけれど日々の行いを考えたら、なかなか先に進まないのが育毛を考えた生活習慣です。たとえば睡眠にしても、本来は成長ホルモンが活発に働く夜10時~深夜2時までの間に寝ていたいところですが、帰宅が最終電車だとベッドに入るのは午前様。週末などたっぷり睡眠時間を確保できる日には早く眠るなどの工夫で、少しは育毛睡眠ができるかもしれません。

食生活の改善は自分次第?

日頃の習慣で最も改善しやすいのが食生活でしょう。食事の栄養バランスは、自分で選んで摂取できるので、改善しやすいところです。髪の毛によい栄養素は、たんぱく質のほかに、ビタミンやミネラル、亜鉛があります。逆に髪の毛に良くない食べ物に塩分や動物性脂肪のの過剰摂取があげられます。また、食べる時間帯も大切。ホルモンの分泌が活発化する夜10~深夜2時に食事をすると、血液は消化を促すために胃に集中してしまい髪の毛が作りにくくなってしまいます。早めの時間帯で食事を終わらせることも大切です。

シャンプー選び&方法

抜け毛対策したいシャンプーは、毎日行うからこそ、正しい方法を用いたいところ。乾燥しやすいタイプの人なら洗浄力が弱めのアミノ酸系シャンプーを選び、オイリータイプの人なら洗浄力の強い馬油などで作られたアミノ酸系シャンプーを選ぶとよいかもしれません。コンディショナーやトリートメントの髪の毛に潤いをもたらす素材は頭皮の毛穴詰まりを起こさないとも限りませんので、髪の毛だけにつけるように気をつけると良いでしょう

頭皮のオイルマッサージには、”オレイン酸”を含むオイルを

オレイン酸は、頭皮の皮脂にも含まれている成分でなじみやすいオイル成分。そのため頭皮マッサージをするときには、オリーブオイルや椿オイルを用いるのがおすすめです。しかし、通常のオイルは頭皮の汚れを浮き上がらせるにはいいのですが、水をはじいてしまうので流しきるのが大変。シャンプーを2回行いしっかり泡立てて油分を泡で包み込んで流しましょう。

間違ったヘアケア習慣を見直して

頭皮の毛穴詰まりが気になるからといって、ゴシゴシと強すぎる洗い方でシャンプーすると、皮膚を傷めたり皮脂を取りすぎて乾燥を招く心配があります。シャンプー後のヘアケアも大切です。ドラーヤー熱が髪を傷めるからと濡れた状態で眠ると、髪を傷めてしまう原因に…。ドライヤーは頭部から15~20センチほど離した距離を保ち、頭部全体を満遍なく乾かすようにします。湿り気が残る程度まで乾かし、後は自然に蒸発させるらいで十分です。

育毛剤を選ぶときには、頭皮に合うものを選びましょう。育毛のことばかりに気が行き刺激が強すぎる育毛剤を使用すると、頭皮を傷めかねません。頭皮環境にも配慮した育毛剤選びが大切になります。

白髪染め

白髪を染める薬剤の刺激は強そうな印象のため、抜け毛や薄毛への影響が気になるところ。しかし、白髪染めは髪の毛そのものを染めるだけで毛根への影響力はないといっていいでしょう。
とはいえ、頻繁に染めすぎると髪の毛に刺激を与えてダメージを蓄積することになってしまいます。そんな影響を心配するのであれば、刺激の少ない「トリートメントタイプ」がおススメです。薬剤による白髪染めに比べると、染まり方はゆっくりですが、徐々に自然な染まりあがりとなっていきますし、頭皮や地肌を傷めずに染められます。

冷え性

血流は髪の毛の成長に大きく関わっています。血液が髪に必要な栄養を毛母細胞まで運ぶことにより、その栄養で髪の毛が成長するからです。そのため冷え性により、体内の血巡りが滞ると、おのずと頭部への影響を及ぼしてしまいます。このような冷えの症状にもってこいなのが漢方。自然の恵みを利用した漢方により、頭皮の血行を促し栄養を届けやすく促すのも、薄毛や育毛対策の一つとして取り入れるとよいかもしれません。

エアコンも冷えを増長させる

エアコンによる冷えも、髪の毛の成長周期であるヘアサイクルを乱す要因に繋がります。オフィス内が冷え切っていると、ずっと冷えた中で仕事をし続けることになるので、毛穴の退化や薄毛の促進も招きかねません。そんな場合は、身体を温める作用のある根菜類や香辛料、さくらんぼ、桃、エビアナゴ、しょうゆ、味噌などの食品をとるよう心がけましょう。

日焼け

薄毛だと地肌が目立つため、頭皮が日焼けしやすい状態になっています。すると太陽による日焼けもしやすく、毛根を破壊してしまう可能性があるのです。紫外線はキューティクルを剥がしやすくもするので、髪の毛のゴワつきやパサつきを生む原因にも…。頭皮や髪の毛を紫外線から守るためにも、強い日差しの下を歩くときには風通しのよい帽子や日傘で対策するとよいと考えられます。

みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集