髪を整える育毛の基礎知識

育毛剤の効果とは?代表的な効能と有効成分、効果の期間など徹底解説

髪を整える

育毛剤の効果とは?

販売されている育毛剤は70種類以上あると言われていますが、そもそも育毛剤の効果とはどのようなものでしょうか。
髪に良い成分が入っていることはわかっていますが、具体的にどのような効果があるのか?と尋ねられたら困ってしまうかもしれませんね。
自分に合った育毛剤を見つけ出すためにも育毛剤の効果について再確認しておきましょう。

抜け毛予防

育毛剤の代表的な効果は抜け毛予防です。抜け毛が進行している髪のヘアサイクルは乱れており、本来4~6年程度の寿命がある髪の毛が1~3年程度で抜け落ちてしまうのです。
早く抜けたからと言って次の新しい髪が生えてくるわけではありませんから、抜け毛が多くなると薄毛が目立つようになってしまいます。
実際、薄毛を治療する第一段階は抜け毛の量を少なくすることだとも言われていますから、育毛剤効果による抜け毛予防は重要なポイントです。

男性ホルモンの影響を抑制

男性が薄毛になる場合、原因のほとんどは男性ホルモンの影響によるものです。
男性ホルモンに含まれている5αリクターゼと呼ばれる成分がジヒドロテストステロンに変化することで、ヘアサイクルの周期が乱れて薄毛が進行してしまいます。
胸毛やすね毛が濃い男性の方は男性ホルモンの影響を強く受けていると考えられますので、薄毛になる可能性も高いと言われています。
AGAを治療するためには男性ホルモンの影響を抑え込むことが必要ですから、育毛剤の中には男性ホルモンの分泌量を抑制したり、ジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があり、薄毛治療を効果的に進めるものがあります。

皮脂の過剰分泌を緩和

体質にもよりますが、汗を大量にかく人や脂っこい食生活が習慣になっている人の場合、皮脂が過剰に分泌されて頭皮トラブルの原因になることがあります。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴が皮脂で詰まってしまい、毛根は十分な栄養を吸収できなくなるのです。
また、酸化した皮脂は雑菌のエサになりカビ菌などの繁殖の原因にもなるでしょう。育毛剤に配合されている有効成分には皮脂の過剰分泌を抑制する効果があるものがあり、頭皮のべたつきや匂いが気になる方にお勧めです。

毛母細胞を活性化

毛母細胞の活性化は薄毛治療において欠かせないポイントの一つです。なぜなら、髪の毛は細胞分裂の繰り返しによって生まれ、成長するからです。
実際、AGAを発症している方の毛根をチェックしてみると細胞機能が弱っており、細胞分裂の回数も少なくなっているようです。
弱体化している毛母細胞を生き返らせるためには、必要な栄養素を補給することに加えて、毛母細胞に直接働きかけて刺激を与える必要があるのです。
育毛剤の効果の中には弱体化した毛母細胞を生き返らせ、細胞分裂を再び活発にさせる効果があります。
年齢と共に細胞の力は弱くなっていきますし、ある研究によると生涯中の細胞分裂の回数は決まっているようです。つまり、なるべく早い段階で育毛剤を使って薄毛治療を開始する必要があるのです。

頭皮の血行促進

育毛剤には頭皮の血行促進効果があり、頭皮環境を整えるためには必要な効能の一つです。
髪の毛根は血液を介して栄養を吸収するため、頭皮の血行が悪くなると毛根が吸収できる栄養素の量も少なくなってしまいます。
十分な栄養を吸収できなくなった髪の毛は細い毛になってしまい、通常よりも短い成長期間で抜け落ちてしまうかもしれません。
それが、抜け毛増加の原因になるため、頭皮の血行促進は大切な要素なのです。
育毛剤の中には頭皮の血行を促進させる栄養を豊富に含んでいるものがありますから、頭皮の血行不良が気になるのであれば、育毛剤を使って環境改善を図ることができるでしょう。

頭皮の血行状態の確認方法

あなたの頭皮が血行不良になっているか、どうすれば確かめることができるでしょうか?
一つの方法は頭皮の色をチェックすることです。健康的な頭皮は青白い色をしていますが、血行不良に陥っている頭皮は焦げ茶色をしていることがあるようです。
ほかにも、赤みを帯びていたり、発疹が出ているなら頭皮の血行が滞っている証拠かもしれません。
鏡を見て確認することもできますし、不安があれば専門家を受診して助言を聞いてみるのもいいでしょう。

殺菌効果

頭皮は体の中でも毛穴がたくさん存在する箇所なので、皮脂が詰まったりして雑菌が繁殖しやすい部位になります。
特に男性は女性よりも汗をかき、皮脂の分泌量も多いのでカビなどの雑菌が頭皮に繁殖しやすいようです。
育毛剤には殺菌効果があるため、頭皮を清潔な状態に保つ効果があります。
エタノールやアルコール成分が頭皮の毛根に浸透し、育毛成分が浸透しやすい環境を整えてくれます。確かに、たくさんの育毛成分を頭皮に振りかけたとしても、雑菌や皮脂の影響で毛根に浸透しなければ十分な効果は期待できません。
頭皮のべたつきや痒み、フケの大量発生などの症状が出ているなら、頭皮の雑菌が原因となっている可能性があります。育毛剤に含まれている殺菌効果で頭皮を清潔な状態に保ちましょう。

育毛剤の有効成分とは?

センブリエキス

日本でも江戸時代から腹痛を緩和させる漢方薬として活用されてきたセンブリエキスですが、お腹だけでなく体の機能を整えるうえで重要な働きをすることが研究によって明らかになっているようです。
センブリには独特の苦みがあり、この苦み成分の中にホルモンバランスの調整機能や肌荒れ防止の効果があるようです。
またこれらの成分が頭皮の血行促進や毛穴の酸化を防止する効果があると考えられており、育毛の分野でも注目されています。
センブリエキスを配合した育毛剤を使用することによって、天然由来の育毛効果を実感できるかもしれません。
センブリエキスに含まれる有効成分を表にまとめました。

センブリエキスの育毛成分
キサントン誘導体・スウェルチアニン 頭皮の血行促進
ゲンチオビクロシド
キサントン 毛穴の酸化防止・抗炎症・抗酸化作用
トリテルペノイド・トリテルペン 抗腫瘍作用
スウェロシド 消炎鎮痛作用
アマロスウェリン・アマロゲンチン 毛乳頭の細胞分裂を促進
スウェルチアマリン 血行促進・抗炎症

センブリエキスに副作用はある?

育毛成分の中には生活に大きな影響を与える副作用が出る可能性があるものがあります。中には肝機能障害や男性機能障害などの副作用が懸念されるものがありますが、センブリエキスにはそのような副作用が出る可能性は低いようです。
元来、植物性の有効成分なので体に悪影響を与える成分は含まれておらず、育毛剤の場合も比較的安心して使用できると言われています。
しかし、センブリエキスを配合している育毛剤を使用して、痒みや吐き気などの異常を感じた場合は専門の病院を受診する必要があるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは医薬品育毛剤であるリアップに含まれている育毛成分です。ミノキシジルは血圧が高い人が血圧を下げて安定させるために使用されていた医療薬です。
血圧降下剤として使用していた患者に発毛効果が表れたことから、育毛の分野でも活用できるのではないか、ということで育毛剤にも配合されるようになりました。
ミノキシジルには血管を拡張させる働きがあり、血管が広がることで頭皮の血流が促進され、毛根への栄養供給がスムーズになる、という原理のようです。
頭皮への血行が促進されると新陳代謝が活性化され、毛母細胞の分裂も促進されます。
日本ではミノキシジルは医薬品として分類されているので購入するときには薬剤師等の診断が必要になります。

ミノキシジルの副作用

高い育毛効果が期待できるミノキシジルですが、副作用が出る可能性もあり使用するときには注意が必要です。
急激に血管を拡張させるため、頭皮の痒みなどの副作用が出ることがあるようです。
急に運動した時や体が熱くなって血行が良くなった時に痒みを感じたことがあるかもしれません。その同じ原理で頭皮に痒みをおぼえ、痒みを抑えるために頭皮を掻いて頭皮トラブルの原因になることもあるようです。
また、めまいや動悸が発生する可能性もあり、用法・容量を守らないと体に大きな影響を与える障害が出ることもあるでしょう。
海外製のミノキシジルを個人輸入で購入する方法もあるようですが、安全性や品質のクオリティを考えるならお勧めできません。

プロペシア

プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA治療薬で日本でも厚生労働省によって薄毛治療における効果性が認められています。
もともと、米国のメルク社で開発されたものですが、2005年から日本でも処方されるようになり、男性型脱毛症診療ガイドラインでもAランクの推奨度を得ており、進行してしまった薄毛を治療するために服用している人も多いようです。
男性が薄毛になる場合、男性ホルモンに含まれるジヒドロテストステロンが元凶と言われており、この物質の生成をいかにして抑制するかが薄毛治療のカギと考えられています。
プロペシアには男性ホルモンの影響を抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあり、正常なヘアサイクルを取り戻し、髪の成長期間を回復させるうえで効果的です。
比較的短期間で進行してしまった薄毛を治療できるようで、半年から一年程度の使用でフサフサの髪を取り戻した人も多いようです。

プロペシアのデメリット

プロペシアのデメリットと言えば、何と言っても副作用でしょう。
男性ホルモンを抑え込むことで育毛を促進させるため、生活に大きな影響を与える副作用が出る可能性があります。
プロペシアの副作用としては以下のものがあります。

  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • 抑うつ
  • 勃起不全

プロペシアの副作用には勃起不全や性欲減退など男性機能にかかわってくるものがあります。子どもを作りたいと考えている方などは使用に際しては十分な注意が必要です。
また、抑うつや肝機能障害などの可能性もあり、肝臓に不安を抱えている方や精神安定剤などを服用している方は専門医を受診してから、服用するかどうかを決定した方がいいでしょう。プロペシアを飲むと必ず副作用が出るという訳ではありませんが、十分な注意が必要です。

その他の有効成分と効果

その他の育毛剤の有効成分をまとめてみました
ビチオン(ビタミンH) ビタミンB群の一種。毛母細胞の活性化、脱毛や白髪にも効果的
ペンタデカン酸グリセリド 脂肪酸(油)の一種。毛母細胞の活性化作用
ニンニクエキス ニンニクの鱗茎から抽出されるエキス。毛母細胞と毛根神経を活性化
ローヤルゼリーエキス アミノ酸やビタミン・ミネラルなどの栄養素が豊富。毛母細胞の活性化や頭皮環境の正常化に効果的
酵母エキス お酒やパンなどの酵母から抽出された酵母エキスは栄養素が高く、アミノ酸やビタミンB、核酸が含まれている。毛根細胞のアンチエイジングや血行促進、抜け毛予防などの効果が期待できる
チクセツニンジン 朝鮮人参と同じく薬用人参に分類されているチクセツニンジンは血行を促進させ、毛母細胞への栄養補給を活性化。
トウガラシエキス カプサイシンを主成分として発汗作用や血行促進作用に期待
アルギニン 頭皮のアンチエイジング作用を促進させるため、成長ホルモンの分泌量を増やしてくれる。血管拡張作用もあり、育毛促進も期待できる
ニンジンエキス 保湿作用・血行促進作用があり頭皮環境を整え発毛を促す効果性に期待
塩化カルプロニウム(カロヤン) 副交感神経を刺激する成分で血管の拡張や毛根への栄養供給効果に期待が集まっています。痒みや発汗、悪寒、熱感などの副作用が出る可能性もあり
イオウ タンパク質やアミノ酸の構成要素でもあり、余分な皮脂を抑制する作用があります
ビタミンB6 皮脂の過剰分泌を抑制し、皮膚の新陳代謝を活性化
カシュウ ドクダミの根を乾燥させた生薬で、毛穴の皮脂つまりや頭皮の余分な油を除去する効果に期待
褐藻エキス 昆布やもずく・ワカメなどの海藻類に含まれている成分で保湿作用が高い。頭皮の保湿ケアを高め、皮脂の分泌量を抑制

AGAに効く育毛剤

男性型脱毛症AGAに悩んでおられる方の場合、AGAに効く育毛剤はどれなの?と思っておられることでしょう。
育毛剤の種類は非常に多いので、後悔しないものを選びたいですよね。
AGAに効く育毛剤を見つけるためためのポイントをご紹介します。

発毛剤と育毛剤、養毛剤を見分ける

発毛剤と育毛剤は商品名が似ているので、育毛において同じ効果性を期待できるのか?と思われる方も多いようですが、実際は効果・効能は全く違います。
本当は育毛剤を使うべきなのに発毛剤を使っていた・・・となってしまうと十分な効果は期待できないでしょう。
発毛剤と育毛剤、そして養毛剤の違いについて復習しておきましょう。

発毛剤

発毛剤は新しく髪を生やすために使用するもので基本的に医薬品に分類されています。
医薬品に分類されているため、薬としての扱いになり医師や薬剤師の立ち合いのもので処方・販売されます。
薄毛が進行してしまった状態から新しく髪を早く効果があると言われており、AGAによって多くの髪が失われてしまった状態からでも回復させることも可能かもしれません。
前頭部や頭頂部の髪があまり残っていない、という方は発毛剤の方が効果を実感しやすいでしょう。
ただし、医薬品発毛剤には副作用の可能性もありますから、十分な注意が必要です。

育毛剤

育毛剤の多くは医薬部外品に分類されており、今ある髪の毛を成長させ頭皮環境を整える目的で使用されます。
医薬部外品は医薬品と比較すると効果の現れ具合が緩やかで、劇的な変化を期待することは難しいようです。
医薬部外品の育毛剤メーカーの多くも推奨していますが、長期間使用することによって育毛効果を実感できるかもしれません。
AGAの初期段階の方や今ある髪の毛を維持したい、これ以上AGA進行を食い止めたい、という方にお勧めです。

養毛剤

養毛剤は厚生労働省によって発毛効果などの薬剤的効果性は認められておらず、劇的な変化を期待することが難しい商品分類です。
養毛剤の多くは化粧品に分類されており、進行してしまったAGAを短期間で治療することは難しいかもしれません。
しかし、養毛剤にも頭皮環境を整える有効成分や血行促進効果などは含まれていますから、使用を継続することで育毛効果を感じることができるかもしれません。

絶対に生える発毛剤

絶対に生える発毛剤はどれか?頭皮環境の状態や薄毛の進行度合い、使用者の体質によっても効果性は変わってくるので絶対生える発毛剤というものは存在しません。
しかし、生える可能性が高い発毛剤は存在します。
大正製薬から販売されている発毛剤、リアップは医薬品に分類されており、その高い効果性からとても注目されています。
リアップには血管拡張作用があるミノキシジルが配合されており、半年間使用した人の半数以上が薄毛効果を実感した、というデーターもあるようです。
発毛剤リアップは薬剤師の診断が必要になりますが、ドラッグストアなどで購入することができます。
絶対に髪が生えるとは断定できませんが、注目度の高いミノキシジル成分を試してみてもいいかもしれません。

市販の育毛剤でAGAは治る?

ドラッグストアなどで販売されている育毛剤でAGAを治療することは可能なのでしょうか?
インターネット上で販売されている育毛剤と比較すると値段が安く購入しやすい市販の育毛剤で薄毛は治るのでしょうか?
結論から言いますと、市販だからと言って効果がない!とは言い切れず、自分に合った育毛剤を使用することで育毛効果を実感できるかもしれません。
つまり、AGA治療において重要なことはあなたの薄毛にマッチした育毛剤を探し出して使用することです。
育毛剤の値段だけで薄毛治療の効果性を図ることはできませんので、商品選びを慎重に行いましょう。

育毛剤の効果が出る期間はどれくらい?

育毛剤を購入して使用しているけど全く効果を感じられない。いつになったら髪が生えてくるのだろうか?そう思っておられる方も多いかもしれません。
長期的に育毛剤を使用して薄毛治療を行っていくためにも、ある程度の目標となる期間が必要でしょう。
育毛剤の効果が出る期間はどのくらいかかるのでしょうか。

最低でも半年間の継続が必要

育毛剤の販売メーカーのほとんどが半年以上の使用を推奨しています。髪にはヘアサイクルというものがあり、新しく髪が生えてくるまでに最低でも3ヶ月から半年程度が必要なのです。
AGAを発症していてる頭皮の場合、ヘアサイクルは大きく乱れている可能性がありますから、ヘアサイクルが戻り次の髪が生えてくるまでには半年程度が必要になってくるでしょう。
医薬品に分類されているリアップでも半年程度の使用が推奨されていることを考えると、医薬部外品の育毛剤や化粧品分類の育毛剤の場合はその以上の期間が必要になるかもしれません。根気よく使用を継続する必要があるのです。

薄毛の進行状況によって異なる

育毛剤を使用し始めた段階の薄毛の進行状況によって、効果が出る期間は変わってくるでしょう。
健康的な頭皮の場合、成長期にある髪の毛は4~6年程度かけて成長しますが、AGAを発症している頭皮の場合は、期間が短くなり1~2年程度になっていることもあります。
また、血行不良に伴う頭皮環境の乱れ具合も深刻になっていることが多く、それを元の状態に戻すためには十分な時間が必要でしょう。
AGAの初期段階にある人と、AGAがある程度進行している人が同時に育毛剤を使用しても、効果が出る期間は大きく変わってくるということです。
本気で薄毛治療を始めるのであれば、年単位で治療を継続する覚悟が必要かもしれません。

育毛剤の効果を引き出すポイント

自分に合った育毛剤を見つけたとしても、使い方が間違っているなら十分な効果は期待できません。
育毛剤は頭皮に振りかければ自動的に髪が生えてくるというものではないのです。育毛剤の効果性を引き出すためのポイントをご紹介します。

正しいシャンプー方法

育毛剤の効果を最大限引き出すためには、育毛剤に含まれる有効成分を毛根の奥深くまで浸透させる必要があります。
毛穴が皮脂や汚れで詰まっていると有効成分が浸透しないまま頭皮を流れ落ちてしまうことになるでしょう。
シャンプー時に毛穴をキレイに洗浄することで毛根が有効成分を受け入れる体制を作り出すことができます。そのためには、髪ではなく頭皮を洗う、という感覚を持つ必要があります。
頭皮を両手でしっかりと掴み、ゆっくりとモミ洗うようにして毛穴の汚れを掻き出します。髪の毛をゴシゴシと擦るだけでは毛根汚れを洗い流すことはできませんから、毛穴を汚れを掻き出すようにシャンプーしましょう。

シャンプー後はしっかりとすすぐ

毛穴の汚れを掻き出すようにシャンプーしたなら、シャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎましょう。
残ったシャンプー剤は紫外線の影響などで酸化して雑菌などのエサになることがります。また、頭皮の痒みやフケの原因になることもあるのでしっかりと時間をかけてすすぐ必要があります。
特に、前髪・後頭部・耳の後ろなどはすすぎ残しが出やすい部分ですから、意識的に時間をかけてすすぎましょう。

育毛剤は頭皮に付ける

育毛剤は頭皮に付けて初めて効果があります。育毛剤は次に生えてくる髪のために使用するものなので、すでに生えている髪の毛に付けても特に効果はないと言われています。
育毛剤にはスプレータイプとノズルタイプがありますが、いずれにしてもしっかりと頭皮に付くように気を付けてください。
髪が長い方はしっかりと分け目を作ってから育毛剤を塗布するといいでしょう。
ノズルを頭皮に直接付けると雑菌の繁殖の原因になりますが、頭皮から離し過ぎると髪の毛に付いてしまいますから適度な距離感で使用する必要があります。

頭皮マッサージを併用

育毛剤を使用した後に頭皮マッサージを併用することで効果性を高めることができるでしょう。
頭皮マッサージを行うことで柔らかい頭皮を作り出すことができますし、頭皮トラブルを予防することができます。
頭皮マッサージは難しいものではありません。両手で頭皮を掴んで優しくマッサージしてあげます。必要に以上に力を入れて揉むと頭皮トラブルの原因になりますから、気持ちがいいと感じる程度に力を入れてマッサージします。
育毛剤を塗布した直後にマッサージをすると、毛根に浸透しようとしている有効成分をつまみ上げてしまう可能性もありますから、育毛剤を塗布してからしばらく時間をおいて行うとよいでしょう。

ドライヤーで適度に乾かす

育毛剤を付けた後はドライヤーで適度に乾かしましょう。シャンプーした後にドライヤーを使わずに自然乾燥で乾かす派の方もいるかもしれませんが、髪の毛の表面は乾いているようでも頭皮は湿ったままになっていることもあるようです。
そのまま就寝すると雑菌の繁殖の原因になり、寝具が不衛生になる可能性もあります。
確かに、ドライヤーを使うと髪の毛が痛むという意見もありますが、育毛の観点から考えるなら適度に乾かすことをお勧めします。
ドライヤーを頭皮に近づけすぎると頭皮が乾燥してしまい、頭皮トラブルの原因になることもありますから、20㎝程度離して使用するといいでしょう。

毎日のルーティーンにする

正しいシャンプー、育毛剤の塗布、頭皮マッサージ、これらを毎日の習慣にしましょう。育毛剤を付けたり付けなっかり、頭皮マッサージをしたりしなかったり・・・これでは育毛剤の効果を最大限に発揮させることは難しいかもしれません。
忙しいときや疲れている日などもあると思いますが、なるべく毎日の習慣にして、これをやらないと気持ちが落ち着かない!と思えるように頑張ってみましょう。少しずつ育毛の効果が表れてくるかもしれません。

育毛剤の効果でよくある質問 Q&A

育毛剤は効果なし!という書き込みも多いですが、なぜですか?

確かに、インターネットを調べてみると、育毛剤は効果なし!という情報がたくさん見られますし、使用者のコメントの中にも「育毛剤を使ったけど薄毛は治らなかった」という書き込みがあります。育毛剤で効果がなかったとコメントしている方の情報を詳しく調べてみると幾つかの共通点がありました。

育毛剤の使用期間が短い

共通点の一つは育毛剤の使用期間が短い、という点です。育毛剤を一本使い切ったけど髪が生えてこない、使い始めて3ヶ月経ったけど何も変化がない、という方が多いようでした。
育毛剤は次に生えてくる髪の毛に栄養を与え、元気に成長するために頭皮環境を整える働きがありますから、育毛剤一本、または1~3ヶ月程度で薄毛が治る可能性は低いでしょう。

AGAがかなり進行した時点で育毛剤治療を始めている

また、AGAがかなり進行した時点で育毛剤治療を開始したけど、髪が生えてこないという方も多いようです。
薄毛がかなり進行しているということは頭皮環境の乱れも深刻な状態であり、毛母細胞もかなり弱体化しているものと思われます。
その状態から時間を巻き戻してフサフサの髪を取り戻すにはかなりの時間と即効性の高い育毛成分が必要となるでしょう。

上記の例を参考にすると、育毛剤で薄毛治療を成功させるためには、なるべく早く段階で薄毛治療を開始し、根気強く治療を継続することが重要であることが分かります。

M字ハゲも育毛剤で治るの?

M字ハゲはO字ハゲよりも遺伝的な要素が強く、治療するのは困難であると考えられています。
確かに、薄毛と遺伝には強い関係性がありますが、遺伝ですべてが決まってしまうわけではありません。M字ハゲであっても早い段階で育毛剤治療を開始して、頭皮マッサージなどを取り入れることによって進行の度合いを遅らせることができるかもしれません。
M字ハゲ・O字ハゲ、いずれにしても、AGAは進行性のためなるべく早い段階で治療を始める必要があります。

手作り育毛剤でも効果あるのでしょうか?

アレルギー体質の方や敏感肌の方、なるべくコストを抑えて育毛剤治療を行いたいと思っている方の中には手作り育毛剤を検討されているかもしれません。
手作り育毛剤は天然の果物や薬草を使用して作るので、育毛に効果的に成分が含まれていることは事実です。
あなたの薄毛の症状に合致するなら育毛効果を実感できるかもしれません。
ただし、手作り育毛剤に配合できる有効成分の量には限界がありますし、薄毛の専門家が実験を行い開発した育毛剤よりも効果性が劣ると考えるのは当を得たことかもしれません。
あなたがどのような薄毛治療を望んでいるのか、どの程度薄毛が進行しているのかに合わせて決定できるでしょう。

女性用育毛剤で効果があるものを教えてください

女性用の育毛剤は男性用のものとは効果・効能が違うものがあります。女性の薄毛は、女性型男性型脱毛症FAGAと呼ばれ、女性ホルモンの低下や頭皮環境の乱れが原因で抜け毛が増え、薄毛が進行するようです。
そのため、女性が育毛剤を選ぶ際には、頭皮環境を整えてくれる成分が含まれているものや髪や毛根に栄養を補給してくれるものなどがいいでしょう。
また、女性の多くは敏感肌や乾燥肌などのトラブルを抱えている場合が多いですから、無添加や低刺激タイプの育毛剤がお勧めです。
女性が育毛剤を選ぶ際にも自分に症状に合った育毛剤を使用する必要がありますから、薄毛の原因を見極めて、頭皮と髪が必要としている有効成分を配合した商品を使用すると効果的でしょう。

育毛剤には薄毛治療に効果的な成分が含まれている!

今回は育毛剤の効果について詳しく解説しました。
育毛剤には薄毛治療に有効な成分がたくさん含まれており、頭皮環境の正常化や血行促進、男性ホルモンの抑制などの効果が期待できます。
また、育毛剤は長期間使用することによって効果を発揮する場合が多いので、諦めずに根気強く薄毛治療を続けることが成功のカギと言えるでしょう。
育毛剤の効果の現れ方は人それぞれですが、早めに治療を開始することで治る可能性が高くなります。
今回の情報を参考にして育毛剤で薄毛治療を始めてください!

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    チャップアップは医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛剤 自社製品をほめるのは当たり前だと思いません...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤人気ランキング!2019年の最新ランキングをチェック
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤人気ランキング!
2019年の最新ランキングをチェック
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集