女性女性向け育毛法

女性向け!育毛剤の選び方|選びときにチェックしたいポイントとは

女性

様々な種類が登場している女性用育毛剤。違いが分かりにくいので、自分に合ったものを見つけられないことはありませんか。ここでは、女性用育毛剤の正しい選び方を解説しています。どれを選べばよいかわからないときに参考にしてください。

女性用育毛剤は種類が多数存在

育毛剤というと男性のものと思いがちですが、ネット通販やドラッグストアでは様々な種類の女性用育毛剤が販売されています。なぜ、たくさんの種類の女性用育毛剤が販売されているのでしょうか。

薄毛原因が多いから種類も多い。選ぶのが困難

どれも同じに見える女性用育毛剤ですが、製品によって配合されている成分が異なります。その理由として挙げられるのが、女性の薄毛が様々な原因で引き起こされていることです。原因が異なれば、有効な成分も異なります。それぞれのメーカーが想定する利用者の薄毛の改善に有効と考える成分を配合しているので、様々な種類が登場しているのです。

女性用育毛剤は、薄毛の原因を改善する成分を配合しているものを選ぶことが重要です。とはいえ、薄毛の原因を推測することは難しいですよね。女性用育毛剤を正しく選ぶことは意外と難しいといえるでしょう。

医薬品、医薬部外品、化粧品の違いわかりますか?

女性用育毛剤を選ぶときに、参考にしたい分類が医薬品・医薬部外品・化粧品の違いです。これらの分類に注目することで、女性用育毛剤の信頼性を推測することができます。

医薬品に分類される育毛剤は、厚生労働大臣が効果を認めた「薬」といえます。公に効果が認められているので、育毛剤の効果を記載することができます。主な用途は、薄毛の治療や予防です。医薬品に分類される育毛剤は、基本的に医師の処方が必要です。ただし、一部はドラッグストアなどで購入できます。

医薬部外品に分類される育毛時は、厚生労働大臣が人体に穏やかな作用があると指定したものです。医薬品と同じく、育毛剤に効果を記載することができます。ただし、医薬品に比べると効果は穏やかです。そのため、治療用ではありません。作用が穏やかなので、効果が現れるまで長期間の使用を必要とするものが多いようです。

化粧品に分類される育毛剤は、公に効果が認められた成分を含みません。そのため、保湿以外の効果を記載することはできません。期待できる効果は、自分で成分を見て判断する必要があります。

選ぶときにチェックしたいポイントはこれ

医薬品・医薬部外品・化粧品の分類以外にも、女性用育毛剤を選ぶときにチェックしたいポイントはあります。正しい選び方が気になる方は、次のポイントも確認しましょう。

低刺激成分配合の育毛剤をチョイス

女性用育毛剤は、出来るだけ刺激の少ないものを選びましょう。女性の頭皮は、男性に比べてデリケートなことが多いといわれています。特に、薄毛に悩む女性の頭皮は荒れていることが少なくありません。刺激の強い育毛剤を使用すると、頭皮が荒れて抜け毛の原因になることがあります。無添加や天然成分を中心に配合した女性用育毛剤であれば安心して利用できるものが多いでしょう。

頭皮のベタツキ控えめなものが理想です

使用感も重要なチェックポイントです。継続的に使うものなので、使用感が悪いと続けることが難しくなるからです。使用感で重視したいポイントが頭皮のべたつきです。べたつきが強い女性用育毛剤を使用すると、薄くなった頭皮がさらに目立つ、分け目が目立つなどを引き起こすことがあります。皮脂を分解する成分や毛穴の汚れを取り除く成分を配合した女性用育毛剤はべたつきがちといわれています。これらを配合している女性用育毛剤は避けたほうが良いかもしれません。

香料の少ない育毛剤にしたほうがよい

香料にも注意が必要です。良い香りの女性用育毛剤を選びたいかもしれませんが、香りが強すぎると使いにくいかもしれません。女性用育毛剤は香水や整髪料と一緒に使います。単体で良い香りでもこれらが混じって臭くなることがあるのです。女性用育毛剤は、香料の少ないものを選びましょう。

女性は女性専用の育毛剤使用が必須

女性用育毛剤を検討している方の中には、男性用育毛剤を代用しようとしている方がいるかもしれませんね。魅力的に映るかもしれませんが、次の理由から男性用育毛剤の使用はおすすめできません。

女性と男性では薄毛の原因が異なる

女性の薄毛の多くは、ホルモンバランスの乱れや栄養不足により起こるといわれています。対する、男性の薄毛の多くは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという物質に変換されることで起こります。同じ薄毛でも、女性と男性では原因が異なります。有効成分も異なるので、女性が男性用育毛剤を使うことはおすすめできないのです。

頭皮の性質が異なるから、男性用は刺激が強い

先ほど紹介した通り、女性の頭皮は男性の頭皮に比べデリケートです。男性用育毛剤は、女性にとって刺激が強すぎることが少なくありません。頭皮トラブルを起こすことがあるので、女性が男性用育毛剤を使うことは避けたほうが良いといわれているのです。

男性専用には女性使用厳禁の育毛成分が存在

男性用育毛剤の中には、高い効果を発揮する成分を含むものがあります。効果を知ると女性も使いたくなるかもしれませんが、このような成分の中には女性が使用できないものがあります。トラブルを避けるため、女性は男性用育毛剤を使わないほうが良いのです。

配合成分から使用する育毛剤を選びましょう

女性用育毛剤は、薄毛や抜け毛の症状に合った成分を選ぶことが重要です。正しい選び方の参考として、次の成分を覚えておきましょう。

抜け毛にはホルモン作用成分

ストレスなどで男性ホルモンが優位になると抜け毛が増えます。お困りの方は、ホルモンのバランスを整える成分を配合した育毛剤を選びましょう。抗男性ホルモン作用のある成分として、チョウジ、オウゴンリキッド、女性ホルモン調整作用のある成分としてヒオウギ、カンゾウ、オトギリソウエキスなどが挙げられます。

成長途中で抜けている場合、血行促進、ヘアサイクル活性成分

抜け毛に短い毛や細い毛が混じる方は、成長するはずの髪の毛が抜け落ちているかもしれません。ヘアサイクルと整える、あるいは血行を改善して毛根に栄養を届けるとよいでしょう。ヘアサイクルを改善する成分としてボダイジュ、血行を改善する成分としてシャクヤクエキス、トウキエキスなどが挙げられます。

頭皮状態を整えるには高い保湿が見込まれる成分を

頭皮のかゆみやふけなどが気になる方は、乾燥で頭皮が荒れているかもしれません。保湿成分を配合した女性用育毛剤で潤いを回復しましょう。保湿効果の高い成分としてトレハロース、ヒアルロン酸、ベニバナエキスなどが挙げられます。

抗菌作用成分は頭皮のかゆみ・フケ対策に

頭皮のべたつきが気になって、大きなフケが出る方は、頭皮で皮脂をエサに繁殖する菌が繁殖しているかもしれません。抗菌作用のある育毛剤を選択しましょう。抗菌作用のある成分として、ウイキョウ、ペパーミント、チョウジなどが挙げられます。

育毛剤の正しい選び方が気になる方は、以上の成分を参考にしてはいかがでしょうか。

まとめ

女性用育毛剤の正しい選び方に悩む方は、薬事法上の分類(医薬品・医薬部外品・化粧品)に加え、刺激の強さ、使用感などをチェックしてみてはいかがでしょうか。そのうえで、自分の抜け毛や薄毛の症状に合った成分を配合していることを確認すれば、満足できる女性用育毛剤に出会えるはずです。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集