日本人は薄毛を気にする人が多い!だからこそ薄毛対策は大切なんです。

おすすめ育毛剤の評判・口コミを調査!女性も悩んでいる

薄毛に悩む男性

育毛剤は必要?薄毛に悩む男性およそ1,000万人!

男性は30代で10人に1人。60代では2人に1人が「薄毛」に悩んでいます。その数なんと1,000万人。日本人男性の3割が悩んでいる計算になります。当サイトはそんな男性の薄毛の悩みを解消するためにランキング形式で育毛剤を掲載しています。もちろん体験者のリアルな口コミも掲載・募集しています。

また、女性にとっても「薄毛」は決して他人事ではありません。

女性でも薄毛の悩みが急増中!約600万人が悩んでいる

女性にとっても「抜け毛」の悩みは深刻です。今や20代~30代の内、600万人が悩んでいます。そのため女性専用の育毛剤などもあります。多くの商品は男女共通で利用できますが、男性と女性で薄毛の原因が異なるため、なるべくであれば女性専用の育毛剤を使うことをおすすめしています。

ユーザーの投票&編集部の評価で決まる

育毛剤最強ランキング

男女

一目で人気の【おすすめ】育毛剤がわかる!

自分に合った効果の高い育毛剤を選ぶのは当然です。さらに月々のコストをおさえて購入できるともっとウレシイですよね。当サイトでは、1日のコストや返金保証の有無、まとめ買いなどがパッと見て分かるようにランキング形式で掲載しています。

  1. チャップアップ

    コスパ・人気共に最強の育毛剤!

    チャップアップ

    クチコミ18投票評価4.32/5pt
    • 返金保証
    • 初回割引
    • 定期割引
    • セット割引
    初回割引7,400(+送料660円)
    内容量120ml

    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    発毛協会の医師も認める品質と優れた育毛効果をもつチャップアップは、数多くのメディアからも注目され、今までにないアプローチ方法でより多くの人が発毛・育毛を実感しています。チャップアップを使った人の97%が満足と答えた育毛の有効成分は、厚生労働省の認可を得た育毛剤。自信があるから全額返金を約束する「保証書」が付いているのはチャップアップだけ!

  2. フィンジア

    最新の2大スカルプ成分を実感!カプサイシンが頭皮のゲートを開放します

    フィンジア

    クチコミ17投票評価4.11/5pt
    • 返金保証
    • 初回割引
    • 定期割引
    • セット割引
    定期価格9980(毎回2820円OFF・送料無料)
    内容量50ml

    最新2大スカルプ成分を限界濃度配合で働き体感

    業界の最先端をいく2つのスカルプ成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」の働きを実感できる育毛剤です。メーカー推奨の限界濃度で配合しているうえ、カプサイシン効果で目的地までぐんぐん運ばれます!!

  3. BUBKA(ブブカ)

    1万人以上の方が愛用!業界初のノンアルコール製法

    BUBKA(ブブカ)

    クチコミ18投票評価4.08/5pt
    • 返金保証
    • 初回割引
    • 定期割引
    • セット割引
    初回割引5,980(初回・定期限定!サプリ付き)
    内容量120ml

    【初回最安級の5,980円】育毛効果を求めるならオススメ

    育毛の限界に挑戦するBUBKAが自信を持ってご提供する渾身の育毛剤です。自信があるから、いつでもやめられる定期コースの仕様になっています。送料、代引き手数料も全部負担。育毛サプリもプレゼント!

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「NO.1決定戦」

効果を調査!育毛剤体験談まとめ

全ての体験レポートをチェックする

育毛剤体験レポート

人気特集「おすすめ育毛剤を徹底比較」

本当におすすめの育毛剤を見つけるために、6つの基準[満足度・初心者向け・手軽さ・コスパ・信頼性・女性向け]でわかりやすく比較しました。自分にピッタリの一品を見つけるためにお役立てください。

「育毛グッズ」調査

育毛剤だけでは物足りない・・・自分に合った育毛グッズで薄毛対策をより効果的にしよう。サプリメントからシャンプーまで育毛グッズを厳選掲載。プラスアルファの効果を期待するなら一度試してみては?

4位以下の順位もチェックする

育毛グッズランキング

育毛について知る

「薄毛で悩む」なら、薄毛の原因や抜け毛対策について知るのが一番。女性と男性では「育毛法」も違います。正しい生活習慣など髪の知識を学びましょう。

育毛剤完全ガイド|薄毛の悩みを育毛剤で解決育毛剤のメリット・デメリットやおすすめの選び方

薄毛
薄毛

育毛剤はドラッグストアでも販売されています。しかし、育毛剤のことを完璧に理解するのは難しいです。そもそも様々な種類があります。一つ一つに特徴があるので、それらを把握するのは困難を極めるわけです。
今回は育毛剤を少しでも理解してもらえるためにも、知っておくべき最低限の情報を提供させてもらいます。育毛剤にはどのような種類があるのか、どんな効果が期待できるのか、ということだけでも知っておくことが大事なのです。

さらに育毛剤にはメリットもあればデメリットもある、ということは理解しておかなければなりません。育毛剤の選び方についても記載するので参考にしてもらえたら幸いです。

育毛剤とは

薄毛や抜け毛が気になる人の頭髪対策に育毛剤

育毛剤とは頭髪の改善に利用されるものです。その他の体毛の改善のために作られたものではありません。
薄毛に悩んでいる方はもちろんですが、抜け毛が増えて困っている、という方の利用にも適しています。

気になるのは育毛剤の効果

育毛剤を利用したとして、どのような効果が得られるのか、ということが非常に重要になってくるわけです。しっかりと理解して利用していかなければなりません。

  • 髪の毛を生やすような機能があるのでしょうか。
  • 髪の毛を太くするような機能があるのでしょうか。
  • 頭皮の環境を良くする機能があるのでしょうか。
  • 抜け毛を減らす機能があるのでしょうか。
  • 髪の毛を早く成長させたり、伸ばしたりするような機能があるのでしょうか。

育毛剤を使用したほうが良い薄毛の人とは

薄毛の状態は人それぞれです。すべての人に違いがあると言っても過言ではありません。
育毛剤による薄毛対策がおすすめの人もいれば、その他の方法がおすすめの方もいるのです。

育毛剤を利用すべき人の傾向についての理解を深めましょう。

あなたの薄毛に効果的な育毛剤

薄毛タイプ別のおすすめの育毛剤を考察します。
髪が細い人にはどういった育毛剤がおすすめなのか。頭皮の脂っぽさが気になる方はどういった育毛剤がおすすめなのか、ということを知りたい方は必見です。

自分の状態に合わせた育毛剤選びをすることが薄毛改善の第一歩となります。

育毛剤の種類

育毛剤には医薬品と医薬部外品と薬用がある

薬機法(旧薬事法)によって分類されています。
簡単に説明すると、

医薬品 日本薬局方(医薬品の規格基準書)に記載されているもの、医薬成分を配合しているもの
医薬部外品 疾病の診断や治療および予防などの使用目的で使うもの
薬用 医薬部外品と同じ

となります。医薬部外品と薬用に関しては同じもの、といった理解で問題ありません。基本的に安全性が高く穏やかに作用するものです。効果がないわけではありませんが、身体に対する作用は緩やか、といいうわけです。
医薬品に関しては、治療目的のものであり強い作用を与えます。育毛剤(発毛剤)関連としては、ミノキシジルやフィナステリドガ配合されているものを指しています。

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

男性用育毛剤には二つのポイントがあります。まずは男性型脱毛症の対策成分が配合されているというところです。男性型脱毛症は男性のみが発症する薄毛なので、その対策成分が含まれていることが重要なのです。
男性は皮脂の分泌量が多い、といった特徴もあるので、その対策成分も配合されています。例えば、皮脂の抑制成分や皮脂を溶解させる成分、また頭皮をスッキリと感じさせるような生分が配合されていることも多いです。

女性用育毛剤は男性型脱毛症の対策性分が含まれていても仕方がないので、そういったものは配合されていない事が多いです。
女性の頭皮は乾燥していることが多いので、保湿成分が多めに配合されている、といった特徴もあります。また男性用育毛剤は無香料であるものが多いですが、女性用育毛剤は香料がついているタイプも多くなっています。

育毛剤と発毛剤、養毛剤それぞれの働き

発毛剤 髪の毛が生えにくくなった部位から髪の毛を生やす
養毛剤 脱毛を抑制し毛髪を保護する
育毛剤 髪の毛の成長を促す、脱毛を予防する、頭皮環境を改善する

発毛剤は主に髪の毛を生やす、ということに重点を置いています。頭皮環境を改善させるような作用はありません。
養毛剤は効き目がかなり穏やかであり、薄毛の改善というよりは予防目的としておすすめできるものです。
育毛剤には幅広い働きがあります。毛母細胞を家政化して髪の毛の成長を促したり、血行を促進して髪の毛の成長スピードを早くしたりする作用もあります。保湿作用や抗炎症作用のある成分で頭皮環境を守ることも出来るのです。

商品別で見る育毛剤

育毛剤は大きく分類すると3つのタイプに分かれています。それぞれの特徴について簡単に説明します。

頭皮スカルプケアタイプ

頭皮に塗布して育毛効果を得ようとする最も一般的なタイプです。頭皮に直接作用するので、スカルプケアとしての機能が非常に高いタイプに属しています。塗布したままの状態で放置するので、長時間効果が持続する、といった特徴もあります。

こちらのタイプは育毛剤の種類も多くなっており、効果の方向性にも違いがあるので注意して選択しなければなりません。

シャンプー・トリートメントタイプ

育毛シャンプー・スカルプシャンプーが属しています。
頭皮環境を整えるのをメインの機能としており、そのためにアミノ酸などの優しい洗浄成分を利用しています。また血行促進成分や保湿成分などを含んでいるものもあります。

ただし、育毛効果はそれほど強くはありません。シャンプーやトリートメントは洗い流してしまうので、ずっと効果を与え続けることは出来ないのです。

サプリメントなど内服タイプ

特定の栄養素を摂取することで育毛効果を得るものです。
栄養不足による薄毛に陥っている方には大きな効果が期待できます。
サプリメントなどの内服タイプに関しては、ビタミンやミネラル、そしてアミノ酸などを配合しているものも多いです。

最近ではノコギリヤシという、男性型脱毛症への効果が期待されている成分を含んでいるものも多くなりました。

育毛剤の成分|よりよい薄毛ケアに使用したい

AGAへの効果が認可されているフィナステリドとミノキシジル

発毛剤に配合されているのがフィナステリドとミノキシジルです。発毛効果があることが臨床試験の上で医学的に認められているのです。

フィナステリドは男性型脱毛症の発生原因であるジヒドロテストステロンという物質の生成を抑制させる作用があります。具体的には、ジヒドロテストステロンが生み出されるテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害させる作用があるのです。

ミノキシジルには血管の拡張作用があります。血行を良くして、毛母細胞に栄養をたっぷりと送り込みます。毛母細胞が活性化して髪の毛を積極的に生成するようになり、髪の毛が生えてくる、というわけです。

知っておきたい育毛有効成分

育毛剤に含まれている成分の中にも厚生労働省に認められている育毛有効成分というものがあります。こちらでは代表的な3つを解説します。

センブリエキス

リンドウ科の2年草のセンブリの様々な部位から抽出されたエキスです。

育毛効果としては、血行促進作用が特に強いとされています。毛母細胞を活性化させ、髪の毛の生成を手助けしてくれます。
他にも抗炎症作用や抗炎症作用によって、頭皮環境を守る、といった機能も期待できます。

ニンジンエキス

普通の人参のエキスではなく、朝鮮人参(オタネニンジン、高麗人参)が原材料となっています。昔から薬草として利用されてきました。

様々な効能があるとされており、育毛効果としては血行促進作用と消炎作用があります。消炎作用については、頭皮の炎症を抑え髪の毛が生えやすいように土台を整えるものです。

ニンジンエキスに配合されている成分で「サポ二ン配糖体」というものに注目が集まっています。血流改善作用やタンパク質、そして拡散の合成促進作用があることがわかっているのです。髪の毛の健康にも大きな役割を期待してくれるものとして期待されています。

グリチルリチン酸2K

甘草から抽出した成分です。グリチルリチン酸ジカリウム、とも呼ばれています。

育毛効果としては、抗炎症作用と殺菌・抗菌作用があります。
頭皮の炎症を抑え、さらに菌の繁殖も抑えてくれるのです。頭皮環境を守ってくれるタイプの育毛有効成分です。

髪の毛や頭皮にやさしくアプローチする和漢植物

有効成分とはされていないものの、育毛に一定の役割を果たすとされている和漢植物もあります。今回はその中でも特に注目すべき5つを解説します。

ビワ葉エキス

その名の通りにびわの葉から抽出されたエキスを指しています。育毛剤ではなく化粧水などにも幅広く利用されています。

期待できる育毛効果としては、殺菌・抗菌作用、さらに抗炎症作用やかゆみの抑制などがあります。主に頭皮の環境を改善させる作用があるとされているので、トラブルが頭皮に起きている、というときにおすすめの成分です。

オウゴンエキス

シソ科の多年草であるコガネバナの根から抽出したエキスです。男性用育毛剤によく利用されている成分でもあります。

主な育毛効果としては、5αリダクターゼの抑制作用や保湿作用、そして抗炎症作用があります。
特に注目すべきは5αリダクターゼの抑制作用です。ジヒドロテストステロンが生み出されにくくなるので、AGA(男性型脱毛症)の抑制効果が期待できます。

ノコギリヤシ

ヤシの一種であり、育毛剤に含まれているのではなく育毛座プリメントなどで内服する成分です。

ノコギリヤシは前立腺肥大症の改善作用があることでも知られています。実は発毛成分のフィナステリドにも前立腺肥大症の改善作用があり、発毛成分と同様の効果がノコギリヤシにも期待できるとして期待されています。

5αリダクターゼの抑制効果がある、とされているのです。

ヒオウギエキス

アヤメ科の植物であるヒオウギから抽出したエキスです。
イソフラボンが主成分となっています。

育毛効果としては、5αリダクターゼの抑制作用と頭皮の抗酸化作用があります。ノコギリヤシやオウゴンエキスと同様に男性型脱毛症に対抗できる成分なのです。

シナノキエキス

「フユボダイジュエキス」とも呼ばれています。
シナノキ科の植物であるシナノキの葉っぱや鼻から抽出されたエキスです。

育毛効果としては、血行促進作用、抗菌作用、消炎作用、保湿作用などがあります。頭皮環境を改善させる効果が期待できるわけです。

女性が使える育毛成分

カゴメ昆布フコダイン

北海道函館近海の限定された海域でとられる食用の海藻のことをカゴメ昆布と呼んでいます。そのカゴメ昆布にはフコダインが多く含まれているのです。

期待できる育毛効果としては、毛乳頭の細胞活性化作用があります。女性の薄毛も何らかの原因で細胞が弱っていることが関係しているケースが多くなっているのです。

キャピキシル

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3(アミノ酸)を組み合わせて作られた成分です。

あのミノキシジルよりも育毛効果が3倍もあるということで話題になっているのです

育毛剤の効果が変わるセルフケア

まずは正しい育毛剤の使い方をマスターしよう

  • 頭皮をきれいな状態にする
  • 1日あたり2回利用する
  • 髪の毛ではなく頭皮に塗布する

どんなに素晴らしい成分を浸透しなければ意味がありません。頭皮の奥に浸透させるためには、皮脂や汗などの汚れはない状態のほうが良いのです。洗髪後などに利用しましょう。

育毛剤の効果が発揮している時間もそれほど長くありません。10時間程度が限度なのです。ですから1日あたり1回の塗布では効果が持続しません。1日あたり2回の塗布を目安にしてください。

育毛剤は頭皮に対して利用するものです。髪の毛に育毛剤を付けたとしても効果が現れることはありません。必ず頭皮に塗布してください。

育毛剤以外にも運動不足を解消して体内の巡りや血行改善

育毛剤を利用したとしても根本的な血行が改善されなければ、育毛効果は限定的となってしまいます。育毛剤の効果を高めるためにも、運動不足を解消し血流を高めましょう。

できれば、長時間体を動かすような運動法がおすすめです。有酸素運動などを実施しましょう。例えばジョギングやサイクリング、ウォーキングなども育毛には役立ってくれます。

育毛剤を使用し、食事や睡眠など、規則正しい生活習慣

髪の毛は体内に取り込んだ栄養によって生えてくるものです。栄養不足の状態が続いてしまうようなことがあれば、当然薄毛は進行してしまいます。バランスのよい食事を心がけましょう。

お肉だけではなく野菜も食べてください。もちろん野菜だけではダメです。髪の毛の主成分はタンパク質なので、お肉や大豆製品などでタンパク質も摂取してください。

睡眠も髪の毛に大きく関わってきます。髪の毛は寝ている時に成長しています。短時間睡眠や不規則な睡眠を行ってしまうと、髪の毛の成長が鈍化してしまうわけです。
さらに睡眠にはストレス解消の役割もあります。睡眠不足が続いてしまうとストレス過多になって血管が収縮し、髪の毛を作る細胞(毛母細胞や毛乳頭細胞)に栄養が送られにくくなってしまうのです。

育毛剤ケアになくてはならない頭皮マッサージ

育毛剤を塗布する時に育毛効果を高めるために実施してほしいのがマッサージです。頭皮マッサージには、血行を高める、といったメリットがあるのです。

育毛剤にも血行促進成分が配合されていますが、頭皮マッサージでさらに高めてあげることが重要です。

頭皮マッサージに関しては、まずは手を綺麗にしてください。汚れていると、頭皮環境を悪化させてしまう原因になります。
そしてマッサージをする時は指の腹を使って頭皮を軽く押しましょう。押す、というマッサージ方法が最も血行を高めてくれるのです。

ちなみに爪を立ててしまうと頭皮を痛めることにもなります。切れ毛を発生させる原因いなってしまう可能性もあるので注意してください。

育毛剤のメリットとデメリット

頭髪に良い成分配合の育毛剤で手軽に始められる薄毛ケア方法

最もオーソドックスな育毛方法といえるのではありませんか。頭皮に塗布するだけなので、育毛初心者の方でも気軽に始められるわけです。

頭皮に良い成分を頭皮に塗布してのその効果が得られるのを待つ、という育毛スタイルです。

種類が豊富だから最適な育毛剤を選べる

  • 男性用育毛剤
  • 女性用育毛剤
  • 血行促進作用を最重要とした育毛剤
  • 頭皮環境の改善を最重要とした育毛剤
  • 男性ホルモン対策を最重要とした育毛剤

育毛剤にはそれぞれのテーマがあります。ですから種類もたくさんあるわけです。要は、自分の薄毛の症状にマッチングした育毛剤を選択する事が可能です。

発毛剤はプロペシアやリアップなど数が限られているわけですが、育毛剤に関してはネットで検索しただけでも数十種類が出てきます。ドラッグストアなどで販売されているような市販されているものだけでもかなりの数になるので、「選び放題」といった状況があるわけです。

育毛剤の効果の実感には使用の継続が必要で、誰もに効果が現れるわけではない

育毛剤の効果はすぐに現れるわけではありません。少なくても3ヶ月から4ヶ月の利用が必須です。即効性があるわけではないので、その点はデメリットと考える方が多いです。

さらに前述したように育毛剤には様々なテーマが個別にあります。もしも自分の薄毛の症状にマッチングしていない育毛剤を利用してしまうと効果が現れない、といった状況になってしまうこともあるわけです。

  • 育毛剤の効果が現れるまでには時間がかかる
  • 育毛剤の効果は必ずしも出るわけではない

以上の2点は把握した上で育毛剤の利用を開始すべきです。

育毛剤は価格が高めの商品が多く、出費が増えやすい

通販型育毛剤の価格帯は1本あたり5,000円から15,000円程度

1本あたり1ヶ月分程度となっているので、月あたり5,000円から15,000円程度の出費は覚悟しなければなりません。年間で数万円から10万円を遥かに超えてしまうことも考えられるわけです。

ただし、価格に関してはちょっとした対応策があります。通販型育毛剤であれば、セット購入や定期購入をしてみましょう。1本あたりの価格が10%から30%程も安くなります。

育毛剤の価格が高い、という方は購入方法を工夫してみましょう。

副作用に気をつけて育毛剤を選ぶ必要がある

医薬成分が配合されている育毛剤(発毛剤)には危険性があります。ミノキシジルやフィナステリドといった医薬成分には副作用が認められているのです。副作用例の中には重篤なものもあるので注意してください。

一方で、天然成分を主体とした育毛剤であればそれほど心配する必要はありません。最近ではアレルギーを引き起こしてしまうような添加物を配合している育毛剤も少なくなってきました。無添加で天然成分を高配合した安全性の高いものを利用すれば、副作用のリスクはほとんどなくなります。

育毛剤の選び方|薄毛タイプ別おすすめ

髪の毛の細さでお悩みなら「毛母細胞活性」タイプの育毛剤

髪の毛が細くなる原因は様々考えられるのですが、その帰結するところは毛母細胞が弱っている、というものです。毛母細胞の機能が弱くなっているので、弱々しい髪の毛しか生えてきません。最終的には「産毛」のような毛ばかりになってしまうのです。

髪の毛が細くなり始めたら、それは薄毛のサインです。そのサインを見逃さないで下さい。そして毛母細胞を活性化するタイプの育毛剤を利用して対抗すべきなのです。

問題はどのような育毛剤を選択すれば毛母細胞が活性化するのか、というところでしょう。そんな時は成分を確認するのがおすすめです。

毛母細胞を活性化するにはいくつかの考え方がありますが、例えば血行促進があります。血行が促進されることで髪の毛を生成する毛母細胞に栄養がたっぷりと送り込まれます。細胞が元気になり、太い髪の毛を早せるようになるわけです。

血行促進成分例

  • センブリエキス
  • 唐辛子チンキ
  • 生姜エキス
  • イチョウ葉エキス
  • ジオウエキス
  • ビタミンE(酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体))
  • ニンニクエキス
  • ヒキオコシエキス
  • セファランチン
  • エビネエキス
  • ミノキシジル・・・医薬成分
  • 塩化カルプロニウム・・・医薬成分(低濃度であれば育毛剤に配合することも可能)など

上記のような性分がしっかりと配合されている育毛剤を選択すれば、毛母細胞が活性化する可能性は高くなります。

頭皮の脂っぽさが気になる人は「皮脂分泌抑制」タイプの育毛剤

頭皮が脂っぽくなると、その皮脂を餌とする菌が大量に繁殖してしまいます。大量繁殖した菌が皮膚に負担をかけてしまうのです。その結果、皮膚に炎症を起こしてしまうようなことも出てきます。
頭皮に炎症が起きると髪の毛の成長を阻害してしまい薄毛を促進させてしまいます。

皮脂の分泌量が多い場合には、皮脂の分泌抑制成分を含んでいる育毛剤を選択しましょう。

皮脂の分泌抑制成分例

  • オドリコソウエキス
  • カシュウエキス
  • イオウエキス
  • ビタミンB6(ビタミンB群)
  • オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)
  • ワカメエキス
  • 海藻エキス
  • 褐藻エキス
  • ユニトリエノール
  • アマモエキスなど

上記の成分が含まれている場合には、皮脂の分泌抑制効果が期待できます。オイリー肌に悩んでおり、さらに薄毛にも悩んでいる方は皮脂の抑制成分を配合している育毛剤を利用してください。

額の生え際や頭頂部の薄毛が目立つなら「男性ホルモン抑制」タイプの育毛剤

男性型脱毛症は額の生え際(M字部分など)や頭頂部(つむじ周辺)から薄毛が進行し始めます。その二つの部位の両方、または片方でも薄くなり始めている場合は男性ホルモンによる薄毛です。

男性ホルモンによる薄毛は男性の薄毛の主原因とも言えるものなので非常に重要です。

抗男性ホルモンの機能がある成分を配合した育毛剤を選択しましょう。

抗男性ホルモン成分例

  • オウゴンエキス
  • 冬虫夏草エキス
  • ソウハクヒ
  • ヒオウギエキス
  • アロエエキス
  • キウイエキス
  • キナエキス
  • ノコギリヤシ・・・育毛サプリメント成分
  • 亜鉛・・・育毛サプリメント成分
  • フィナステリド・・・医薬成分

上記の成分を配合している育毛剤を利用することで、男性型脱毛症による薄毛に対抗できるようになります。

頭皮のフケやかゆみ、乾燥が多いときは「頭皮保湿」タイプの育毛剤

頭皮環境の悪化に大きく関わっているのが乾燥です。実は乾燥肌とは逆の脂性肌も乾燥が関わっていることが分かってきているのです。乾燥していることで、皮膚が危険を感じて皮脂を大量に出して脂性肌になってしまっていることが多いのです。

乾燥はフケやかゆみにも関わっており、しっかりと対策をたてなければなりません。

そこで重要になってくるのが保湿成分です。

保湿成分例

  • ヒアルロン酸
  • アロエエキス
  • オタネニンジンエキス
  • イチョウ葉エキス
  • シルクエキス
  • ローヤルゼリーエキス
  • マツエキス
  • ヒオウギエキス
  • レモンエキス
  • ジオウエキス
  • プラセンタエキス
  • アセロラエキスなど

上記の成分などが配合されている育毛剤を利用すれば、徐々に乾燥による頭皮環境の悪化は収まってくるはずです。頭皮環境の状態が良くなれば、育毛効果も格段にえられやすくなります。

硬くなりがちな頭皮を柔らかくしたい人は「血行促進」タイプの育毛剤

頭皮が固くなってしまうと、血行が悪くなってしまいます。また、血行が悪いことによって頭皮が固くもなってしまうのです。
頭皮を柔らかくしたいのであれば、血行を高める作用のある育毛剤を利用すべき、ということになります。

毛母細胞活性のところで紹介した血行促進性分が含まれた育毛剤を利用しましょう。

ちなみに、育毛剤の基本機能が血行促進作用です。ですから、ほとんどの育毛剤には頭皮の血行を高める能力があります。

みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集