薄毛の原因男性向け育毛法

男性の薄毛が進む年齢は?年齢によるハゲへの影響

薄毛の原因

特に薄毛に悩んでいる男性は、他の男性の髪の毛の状態が気になってしまうことが今まで何度もあったのではないでしょうか。そこでこの記事では、年代別による一般男性の薄毛の割合や、薄毛となる原因、薄毛になってきた時のケアの方法などを詳しく解説していきます。しっかりと薄毛と年齢の関係性を把握し、あなたの頭皮環境に合わせたケアができるように理解を深めていきましょう。

男性が薄毛に悩みだす年齢は

まず、一般的な男性が薄毛に悩みだす年齢を確認していきます。下記の表を参考にしてください。

年代(男性) 薄毛を気にする人の割合 推定人数
10代(15歳〜19歳) 8.5% 25万7千人
20代(20歳〜29歳) 28.4% 180万6千人
30代(30歳〜39歳) 42.6% 338万5千人
40代(40歳〜49歳) 42.6% 392万2千人
50代(50歳〜59歳) 48.2% 367万5千人
60代以上 61.5% 114万4千人

出典:リーブ21 2015年「頭髪悩み度」調査発表

若年層で薄毛に悩む人は多い

この表を確認すると、薄毛が進行していると感じている人は、20代の男性では28.4%、30代の男性では42.6%という割合になっています。もちろん年代が高くなるにつれて、薄毛が進んでいると感じる人の割合は徐々に高まっていきます。

この調査結果から20代や30代という若い世代の人でも、実は薄毛に悩んでいる人がかなり多いというのが分かるでしょう。周りを見渡しても20代や30代の人で薄毛の人は少ないと思う人も多いかもしれませんが、実は薄毛を気にしている人は非常に多く存在しています。

10代男性でも推定25万もの人が薄毛を気にしている

また、10代(15歳〜19歳)の人も全体の8.5%、推定人数約25万人もの人が薄毛を気にしています。この調査は任意の意識調査なので、実際に薄毛となっているのかどうかは判断できませんが、若い人でも多くの人が薄毛を気にしていることが確認できます。

そもそも男性が薄毛になってしまう原因とは?

男性が薄毛となってしまうのは、どのような原因があるのでしょうか。薄毛になると言われている原因は多くあるのですが、いくつか代表的なものを解説していきます。

  • 食生活による薄毛
  • ストレスによる薄毛
  • 男性型脱毛症による薄毛

食生活による薄毛

偏った食生活により、薄毛の進行を早めてしまう可能性があります。バランスよく食事を摂ることで、髪の毛に必要なタンパク質をはじめ各種ミネラルなどの様々な栄養分を摂取できます。また、髪の毛に栄養分が行き渡るのは一番最後と言われているので、栄養分が不足していればその分髪の毛に行き渡る栄養が少なくなります。

最後に栄養分が行き渡る理由は、髪の毛は人間にとって生命維持に不要なものだからです。このため、バランスの良い食事を摂ってしっかりと髪の毛に栄養分が行き渡るように心がけておきましょう。例えば、10代や20代で一人暮らしを始めるとコンビニやお弁当ばかりの食生活となってしまい、急激に栄養バランスが乱れてしまって薄毛が進行してしまう人も多いのです。

ストレスによる薄毛

強いストレスを感じている時も、薄毛が進行してしまう恐れがあります。ストレスを感じてしまうと、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると、頭皮の毛細血管が収縮し頭皮への血流が悪くなる場合があるのです。血流が悪くなると毛根や髪の毛に行き渡る栄養素が不足してしまい、最終的に抜け毛となってしまう恐れがあります。

特に30代や40代の人は大きな仕事を任されたり、部下の面倒をみたり、日頃から大きなストレスを感じている人も多いはずです。しっかりと休息を取ってストレスを発散できるように、日頃からストレスを溜め込まない生活をするように心がけておきましょう。

男性型脱毛症による薄毛

男性の薄毛の原因として最も多いと言われているのが、この男性型脱毛症です。男性型脱毛症とはAGAという名称で呼ばれていて、男性にみられる薄毛の症状となります。また、AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の作用によって引き起こされていると言われていて、最近ではAGA対策の育毛剤やクリニックなどもあります。AGAは年齢に限らず発症してしまう可能性があり、早い人では10代後半から薄毛の症状になってしまう人もいます。

このDHTは10代〜思春期には男性器を作る働きをするホルモンなのですが、10代後半〜20代以降のDHTは薄毛を引き起こしてしまう原因となります。このため10代後半〜の人でDHTが過剰に分泌している人は、AGAを発症して薄毛になってしまう恐れがあるのです。

年齢によって起こりやすいハゲの症状

年齢別にどのような薄毛に悩んでいるのか、まずは「先ほどの薄毛に悩んでいる人が髪の毛のどの部分が特に気になっているのか」をまとめてみました。

年代(男性) 薄毛を気にしている部分 割合
10代(15歳〜19歳) 生え際の左右部分 58.8%
20代(20歳〜29歳) 生え際の左右部分 50.7%
30代(30歳〜39歳) 頭頂部 47.4%
40代(40歳〜49歳) 頭頂部 57.3%
50代(50歳〜59歳) 頭頂部 60.6%
60代以上 頭頂部 58.5%

※出典:リーブ21 2015年「頭髪悩み度」調査発表

10代〜20代の人は「生え際の左右部分」を気にしている人が多い

10代や20代の人で薄毛の人は若年性脱毛症と呼ばれます。また、上記の表を参考にすると、10代〜20代の人は特に「生え際の左右部分」を気にしている人が多いことが分かります。

10代〜20代の人では髪の毛がやせ細ってしまう人もいる

実際には10代〜20代の人の薄毛の症状としては、髪の毛がやせ細っていって全体的に髪の毛のボリュームが減ってしまう人が多いようです。髪の毛に栄養が行き渡らなくてやせ細っていくと、頭皮の地肌が透けて見えてしまったり、髪の毛の艶などがなくなってしまう症状があらわれます。また、若年性脱毛症となる人は、DHTを作り出しやすい身体に遺伝している可能性も考えられます。遺伝によっても薄毛になる可能性が考えられるので、10代〜20代で薄毛に悩んでいる人は早めの頭皮ケアやAGAクリニックでの遺伝子検査などを検討してみましょう。

30代以上の人は「頭頂部」を気にしている人が多い

30代以上になると壮年性脱毛症と呼ばれ、頭頂部や前頭部の薄毛が気になりだす割合が高くなります。

30代以降は部分的に薄毛の症状があらわれる

30代以上になると、頭頂部や前頭部などの頭皮の毛母細胞の働きが鈍ってしまい、髪の毛が成長できなくなり抜け毛や薄毛へとなってしまう恐れがあります。また、30代以降からは薄毛の進行スピードが急激に早まる可能性があるので、早めの頭皮ケアを行うようにしておきましょう。

男性の薄毛は年齢と関係する?

男性の薄毛は年齢と関係します。薄毛を気にしている人の表を見て分かるように、10代では8.5%の人しか薄毛を気にしていませんが、30代〜40代にもなると40%以上もの人が「薄毛になってきた」と感じる割合が高まっています。

10代から20代の人の薄毛の原因は不摂生である場合が多い

10代から20代の人は、不規則な生活や食生活、ストレスなどが薄毛の原因となっている場合が多いと言われています。特に若い人は深夜遅くまで遊んで、そのまま学校や会社に行くこともあるでしょう。睡眠を取ると身体を回復させる「成長ホルモン」が分泌されるのですが、この成長ホルモンには髪の毛の成長を促す働きもあります。睡眠不足になると、成長ホルモンを十分に取れません。つまり、睡眠不足になると髪の毛の成長を妨げてしまうので、薄毛の原因となってしまう恐れがあります。

また、先ほども解説したように偏った食事による栄養バランスの乱れが、髪の毛に悪影響を及ぼしてしまうことも考えられます。若いうちは身体に無理が効くので、ついつい夜遅くまで友達と遊んでしまったり、コンビニやファーストフードなどのあまり栄養が足りていない偏った食事をしてしまうこともあると思います。できるだけ規則正しく、栄養バランスが良い食事を摂るようにして、身体や頭皮、髪の毛にストレスを与えないように心がけておきましょう。

30代以降の人の薄毛の原因は身体の老化やストレスである場合が多い

30代以降から薄毛になる人の割合が増えていくのですが、これは身体の老化に関係があります。30代を過ぎて40代にもなると、身体に老化現象があらわれて新陳代謝が悪くなり血流も悪化していきます。つまり、頭皮の毛母細胞への血の巡りが悪くなるため、髪の毛が健康的に成長しづらくなります。

また、30代以降の人は、仕事や家庭、育児などの様々なストレスがあると思います。ストレスを溜め込んでしまうと、自律神経が乱れて頭皮の毛細血管が収縮してしまい髪の毛に栄養が行き渡らないことも考えられます。

薄毛が気になりだしたら早めに頭皮ケアを心がける

このように、年齢によって薄毛になる部分や薄毛になってしまう原因は異なります。また、10代〜20代という若い年齢から薄毛に悩まされる人もいれば、60代になっても薄毛にならない人もいるので、薄毛となる年齢は個人差によって大きく異なると考えらています。

薄毛は年齢による影響もあるが個人によって異なる

年齢を重ねていくと、身体の老化現象により薄毛になってしまう理由もありますが、薄毛になっていく年齢や進行速度は個人によってそれぞれなのです。

薄毛が気になりだしたら、洗髪やマッサージ、育毛剤などによる頭皮ケアを行う

薄毛が気になりだしたら早めに対策しておくことがおすすめです。今まで頭皮ケアをしてきていない人は、しっかり洗髪したり頭皮マッサージなどを行ったりし、育毛剤も併用することで髪の毛をしっかりと強く育てられる可能性もあります。薄毛が気になる人は早めに対策を行っておくことで、薄毛の進行速度を遅らせる効果を得られる可能性も十分にあります。

遺伝によるAGA(男性型脱毛症)にも注意しておく

また、家族や親戚などに薄毛やハゲの人がいる人も注意しておきましょう。AGAの原因となるDHTの分泌量は、遺伝が影響するとも言われています。もしあなたが今ハゲていないとしても、家族や親戚にハゲの人がいれば遺伝している可能性があるので、薄毛が気になりだす前から頭皮のケアを行っておくことをおすすめします。

薄毛になる前から頭皮をしっかりとケアしておけば、きっと薄毛が進行するスピードを抑えられるはずです。また、AGAクリニックなどでの遺伝子検査を行い、AGAの可能性を確認しておく方法などもおすすめです。薄毛になる前からしっかりと薄毛対策を行っておいて、頭皮の環境を整えて髪の毛をしっかりと成長させるように心がけておきましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集