hair-growth-measures-men男性向け育毛法

育毛剤で男性の薄毛対策!抜け毛が増える原因から予防法まで

男性の薄毛対策

男性の薄毛対策には育毛剤がおすすめです。育毛剤には様々な効果があり、薄毛の根本に対処できます。こちらでは男性の薄毛の原因と予防方法に迫ります。

男性の薄毛は男性型脱毛症が関わっている場合が多いですが、その他の原因が絡んできくることも多くあります。どんな原因があるのか、まずは深く理解しましょう。そして、その原因を理解して適切な対策方法を実施していくことが大切です。

男性の薄毛・抜け毛と育毛剤

男性が育毛剤を始めるべきタイミングとは

薄毛の初期段階で利用することが必須です。薄毛が進行してしまうと改善しないわけではありませんが、効果が確認できるまでに時間がかかってしまうのです。

【薄毛の初期段階例】

  • 抜け毛が増えてきた
  • 髪の毛が細い
  • 頭皮が油っぽい

上記のような症状が一つでも現れた場合には、すでに薄毛の症状が出始めています。その段階で育毛剤を利用してください。薄毛の初期段階に気づくためには、自分の髪の毛や頭皮の定期的なチェックが必要になってきます。

ちなみに、抜け毛の中にたくさんの短い毛が混じり始めるのも薄毛の初期段階です。薄毛の最終形態は産毛ばかりになってしまうので、そこまで進行する前に育毛剤の利用を開始しなければなりません。

※参考:急に抜け毛が増えてきた男性へ

薄毛が気になり育毛剤を使い始める男性は10代から

育毛剤を利用するのは30代や40代といった印象が強いのではありませんか。しかし、何も30代を待ってから利用を始めようとする必要はありません。実は、10代や20代で育毛剤を利用している方も多いのです。

育毛ケアをするなら10代や20代から育毛剤にはミノキシジルやフィナステリドといった医薬成分が配合されていないので、リスクはそれほど高くありません。副作用が発生する確率も極めて低いので、若い方でも安心して利用できます。

実際に10代の頃から薄毛を気にしていて、10代から育毛剤の利用を開始し30代でも髪の毛の量を維持している、という方もいます。早めの対処が自分の髪の毛を救う可能性がある、ということは理解しておくとよいでFしょう。

※ミノキシジルやフィナステリドといった医薬成分が配合されている発毛剤に関しては、そもそも10代の利用は禁じられています(未成年の利用は禁止)。20歳からでなければ利用できない、とされているのです。

※参考:男性の年齢別 薄毛の種類

肝心なのは育毛剤の使用スタート時期。薄毛に気づいたら始めたい

育毛剤に最も期待できる効果は「維持」です。そもそも男性型脱毛症の作用はかなり強力です。AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンが毛根(毛母細胞や毛乳頭細胞)に作用して、髪の毛が生えにくい状態を作ってしまいます。

育毛剤には薄毛になる原因を取り除く成分が配合されていることは確かですが、強力に作用してくれるとは限りません。緩やかに対抗してくれるので、まず出てくる効果が「維持」なのです。抜け毛の本数が少なくなり、現状維持の段階に入ります。そして時間をかけて髪の毛が回復していきます。

改善というといころまでの効果を見るためには、育毛剤の利用開始から半年から1年程度はかかってしまいます。だからこそ禿げ上がってからの対策では遅いのです。維持でもなんとかなる段階で育毛剤の利用を開始してください。

男性の育毛剤使用は恥ずかしくない

これから育毛剤を始めようと思っている方の中には、「育毛剤の利用は恥ずかしい」といった認識を持っている方も多いはずです。しかし、恥ずかしがる必要なんてありません。そもそも育毛剤はスキンケアアイテムの一つなんですよ。中にはフサフサの男性も将来の薄毛に備えるために利用している、といったケースも多くなっています。

女性の育毛剤利用者も密かに存在

「男性の中には薄毛で悩んでいる人が多いから恥ずかしくないけど、女性に対しては育毛剤を利用している事自体が恥ずかしい」と思っている人もいるでしょう。こちらも心配ありません。そもそも女性用ウィッグや女性用育毛剤というものもあるのです。多くの男性は知らないかもしれませんが、女性も密かに薄毛で悩んでいます。

恥ずかしい人にはインターネット購入がおすすめです

どうしても恥ずかしい方は、インターネットで育毛剤を購入しましょう。インターネット通販であれば、店員さんに会うこともありません。育毛剤は中身がわからないような状態にして送られてきます。家族にバレてしまうようなこともありません。

男性が育毛剤へ手を出すまでに薄毛を進行させる4大原因

男性が薄毛になる原因の多くは”遺伝”です

男性の薄毛の主原因といっても良い男性型脱毛症(AGA)は、遺伝性のものであることがドイツのボン大学の研究チームによってすでに明らかにされています。要は、遺伝を持っている方でなければ男性型脱毛症にはなりません。逆に言うと、男性型脱毛症の遺伝がされている方は、今は平気でも将来的には薄毛になってしまうのです。

男性型脱毛症は生活習慣やストレスといったものによる薄毛とは全く異なります。健康体でも発症してしまうものなので、専門の対抗策、というものが必要になってくるのです。最近の育毛剤には、その男性型脱毛症に対抗できる育毛成分がしっかりと配合されています。

※参考:男性特有の薄毛の原因とは

”男性ホルモン”が頭髪の成長を止めてしまう!?

男性型脱毛症に関わっている物質は、男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」です。その二つの物質が結合すると、ジヒドロテストステロンが生み出されて、毛母細胞や毛乳頭細胞の働きを阻害し薄毛を発症させてしまうのです。

ホルモンバランスなどが乱れることで、男性ホルモン過多の状態になってしまうとジヒドロテストステロンが多く生み出されてしまう可能性があります。ジヒドロテストステロンが多くなれば、髪の毛を作る機能を弱めて結果的に頭髪の成長がストップしてしまうのです。

ただし、男性ホルモンは男性機能を維持するためには必須のものです。育毛剤は男性ホルモンではなく、5αリダクターゼに目を向けています。多くの男性用育毛剤には、5αリダクターゼの阻害効果があるのです。

”ストレス”が血流を悪化させてしまいます

冷え性の男性、実は薄毛になりやすいといった特徴を持っています。冷え性は血行不良と大いに関わっているのですが、血液の廻りが悪いと髪の毛が生えにくくなってしまい、抜け毛が増える原因となってしまうのです。

ストレスによる血流の悪化が招く薄毛血液には様々な栄養素が含まれています。髪の毛の原料であるタンパク質やアミノ酸といったものも血液によって毛母細胞や毛乳頭細胞に送られています。血流が豊富であれば髪の毛を作る原料が多くなるわけですが、血流が悪くなってしまえば髪の毛の原料が少なくなってしまうわけです。

運動不足や冷え性といったことで血行不良になってしまうと、髪の毛の原料が不足し、髪の毛を作る細胞も弱ってしまい抜け毛が増えてしまうのです。ヘアサイクルも乱れて、髪の毛の成長期間も短くなってしまいます。

その冷え性を含んだ血行不良ですが、実はストレスが大きく関わっていますストレスには血管を収縮させる作用があるからです。ストレスを溜め込んでしまうと、日常的に血流が悪くなってしまいます。抜け毛のリスクが高まっている状態が長く続いてしまうことになるのです。

頭皮や毛髪に栄養が届きにくい”食習慣”や”生活習慣”

薄毛には食習慣や生活習慣も大きく関わってきます。前述したように、髪の毛の原料はタンパク質やアミノ酸などです。それらを食べ物などで我々は摂取しているわけです。偏った食生活をしていると、髪の毛が生えにくい状態になってしまいます。

脂っぽい食事で過剰皮脂分泌…頭皮に悪影響が

また食生活は頭皮環境にも影響を与えます。脂っこいものばかり食べすぎると皮脂が大量に分泌され頭皮に炎症が起こりやすくなります。ビタミンやアミノ酸不足になると、お肌のターンオーバーが乱れてしまいます。いつまでも古い角質がある状態になって、毛穴づまりを起こしやすくなってしまうのです。

※参考:薄毛対策の敵!抜け毛が増える食べ物って何?

ストレス解消の睡眠。不足すると血流不足に

生活習慣で特に注意してほしいのが睡眠不足です。実は睡眠不足は、前述したストレスによる血流悪化に大きく関わっています。

睡眠にはストレスを解消する作用があります。我々は寝ている時に脳がリラックス状態になります。そのリラックス状態の時にストレスが解消されているのです。しかし、睡眠不足状態だと解消されないストレスが身体に残ってしまい、結果的に血流が不足して薄毛症状を発症します。

育毛剤が必要!男性に現れる薄毛の種類

男性ホルモンが関わるオスの薄毛、AGA(男性型脱毛症)が9割

男性の薄毛はその90%がAGAによる遺伝性のものです。病気や栄養不足、生活習慣などの影響で起こっているものではありません。

AGAは母方遺伝となっており、母親の父親が薄毛であるとかなり高い確率で男性型脱毛症になります。詳しい遺伝の中身ですが、我々の体内には酵素の5αリダクターゼというものがあります。その酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合することで発症するのが男性型脱毛症です。

遺伝に関わっているのは5αリダクターゼです。5αリダクターゼの働きが活発になる、という遺伝がされてしまうとAGAになってしまうのです。ちなみにAGAを見分ける簡単な方法があります。

【AGAを見分ける方法】

  • 前頭部が薄い
  • 頭頂部が薄い

M字部分やつむじ部分が集中的に薄い場合は、ほぼ100%AGAです。

精神的ストレスが原因で起こる円形脱毛症

円形脱毛症も大量に抜け毛が発生します。その原因は、免疫システムの疾患です。自分の髪の毛を免疫システムが、なぜか異物と判断してしまうのです。その結果髪の毛を攻撃してしまい、円形状にごっそりと抜けてしまいます。

免疫システムの誤作動は様々な原因があるとされていますが、ストレスによる可能性が高い、とされています。ストレスを解消させることが円形脱毛症対策の一つになります。

※参考:円形脱毛症に育毛剤は使用できる?

頭皮炎症による薄毛は炎症性脱毛

皮脂が大量に分泌してしまうことで、頭皮に菌が大量発生します。その菌が負担になってしまい、皮膚が耐えきれなくなって炎症を引き起こしてしまうのです。

脂漏性脱毛症もこちらの炎症性脱毛に関係してきます。頭皮ニキビが多い方も炎症性脱毛になる可能性があるので注意しましょう。

※皮脂は菌にとって食べ物なので、多く分泌されると大量繁殖してしまいます。

そのほかにも色々ある脱毛症状のタイプ

【壮年性脱毛症】

男性型脱毛症のことを指しています。ただし、10代や20代に発症する男性型脱毛症ではなく30代以降の男性型脱毛症のことを指していることもあります。原因や症状に関しては、男性型脱毛症と違いがありません。

【抜毛症】

精神疾患による薄毛です。自分で髪の毛を引き抜くことによって薄毛を発症します。原因は様々なものが指摘されていますが、最近では「神経細胞と脳のコミュニケーションの一部に支障があるために起こる」という説が支持されつつあります。

【薬剤性脱毛】

抗がん剤などによる副作用として髪の毛が抜ける、という症状が現れることがあります。そのような薬剤によって髪の毛が抜けてしまう症状のことを、薬剤性脱毛と呼んでいるのです。抗がん剤だけではなく「非ステロイド性消炎鎮痛剤」や「てんかん治療剤」、そして「抗ウイルス化学療法剤」などでも発症する恐れがあります。

【外傷性脱毛】

頭皮の圧迫や髪の毛を引っ張ることで起きてしまう脱毛症です。きつい帽子やきつ目のヘルメットなどを長時間かぶっている方に起きやすい脱毛症の一つです。また、髪の毛を引っ張るようにして結んでいたり、ハードに分け目をつけたりしていると外傷性脱毛が発症しやすくなります。

【代謝異常性脱毛症】

ホルモンバランスの崩れや偏った食生活、乱れた生活環境が原因で起こります。抜け毛の毛根部分が歪んでいたりぐねぐねと曲がっていたりする、といった特徴があります。過度なダイエットによって引き起こされるとも指摘されています。

男性の薄毛AGAに効果がある育毛剤の有効成分

男性ホルモンの働きを抑制する代表的成分はフィナステリド

飲む発毛剤として注目を集めているプロペシアの有効成分がフィナステリドです。フィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する機能があり、男性型脱毛症の発生原因であるジヒドロテストステロンの誕生を抑制できるのです。

ただしフィナステリドは、もともと前立腺肥大症の改善薬として開発されました。発毛効果自体が副作用なのです。性的な副作用も確認されており、危険性があります。

※参考:AGA治療薬の期待の星、「プロペシア」とは

頭皮の血行促進を目指すならミノキシジルの成分がおすすめ

血流不足による薄毛の方におすすめの発毛成分がミノキシジルです。ミノキシジルには血管を拡張させるような機能があり、頭皮に塗布すれば頭皮の血行を高めてくれますミノキシジルタブレットと呼ばれる飲むタイプのものもあり、そちらに関しては全身の血管を拡張させる作用があります。

ミノキシジルはもともと血圧のお薬として開発されました

ミノキシジルに関しても、フィナステリドと同様に医薬品の副作用として発毛効果が発見されました。ミノキシジルは、血圧降下剤として開発されたのです。ですから血圧を下げる作用が強く、循環器に対して一定の影響を与えてしまいます。副作用も多く報告されているので注意しなければなりません。

※参考:ミノキシジル【海外の育毛剤特集】

女性も使える弱った頭皮や毛根に栄養を与える成分の効果のほどは?

育毛剤には女性の抜け毛にも役立ってくれる成分が配合されています。各種アミノ酸や脂肪酸の栄養素も入っていますし、様々な効能を持っている植物エキスも入っているのです。

女性の薄毛の原因は血行不良や頭皮環境の悪化、というケースが極めて多くなっています。女性用育毛剤にはそれらの対策になる成分が多数配合されている、といった特徴があります。

育毛剤の多くは男女兼用となっています

男女兼用のタイプは女性が利用しても全く問題ありません。そもそも頭皮環境の悪化や血行不良による抜け毛の増加に関しては、男女ともに同様の成分で対処できるのです。ただしホルモン関連の薄毛に関しては、男女個別の育毛剤で対処することが大切になってきます。

女性に対する育毛剤の成分の効果ですが、比較的緩やかなものになります。女性の薄毛は男性と異なり、局所的に禿げ上がる、といった事例はまれです。髪の毛1本1本が細くなる、といったことで地肌が僅かに露出していくわけです。育毛剤の成分には、それらの弱くなった女性の髪の毛を太くする作用があります。

頭皮のうるおいケアや皮脂分泌抑制に海草エキスや植物エキス

海藻や植物エキスの皮脂分泌抑制効果で育毛ケア頭皮の乾燥を抑えたり皮脂の分泌量を抑制させたり、といったタイプの成分を配合している育毛剤も多く存在しています。

海藻エキスなどは頭皮の保湿作用が特に強く、乾燥肌によって頭皮環境が悪化している場合には大きな役割を果たしてくれます。植物エキスの中にも保湿作用が強いものもあり、皮脂分泌を抑制してくれるようなものもあります。

特に男性は男性ホルモン過多の影響で皮脂の分泌量が増えてしまうケースが多くなっているのです。皮脂が増えすぎると皮膚の上に菌が大量繁殖するおそれもあります。頭皮の状態が悪化する可能性もあるので、注意して対応しなければなりません。

育毛剤だけじゃない!色々ある男性の薄毛対策

育毛シャンプーを使う

今話題のスカルプシャンプーは育毛シャンプーに該当します。
育毛シャンプーには頭皮の状態を正常化させる機能があるので、頭皮環境の悪化による抜け毛が増えている方にはおすすめです。

育毛シャンプーの特徴の一つに、ペーハー(酸性やアルカリ性のこと)があります。我々の頭皮のペーハーは弱酸性となっています。育毛シャンプーの多くはアミノ酸系の洗浄成分を利用しているので、弱酸性となっているのです。同じペーハーで洗うことになるので、頭皮に対して負担をかけるようなことはありません。

さらに育毛シャンプーには様々な育毛成分も配合されています。

  • 保湿成分
  • 抗炎症成分
  • 殺菌・抗菌成分

育毛剤と同じような成分も多数配合しているので、育毛効果が得られるように感じるかもしれません。ただし、シャンプーはその性質上すすぎといったものが必要になります。頭皮にそのまま塗布しておくことは出来ません。

ですから、せっかくの育毛成分も洗い流してしまうので、高い育毛効果を得る、ということは出来ないのです。

※参考:抜け毛予防のポイント!シャンプーで毛穴スッキリしよう

内服薬や育毛サプリメントを経口摂取

体の内部から育毛対策を実施する、という方法があります。最近では特に育毛サプリメントが増えており、実際に利用している方も多くなりました。

育毛成分の中には、「亜鉛」や「ノコギリヤシ」のような塗布する育毛剤ではなく飲むタイプの育毛剤で摂取しなければ意味がない、というものもあります。さらに、塗布タイプの育毛剤との併用が特におすすめです。飲むタイプの育毛は育毛剤との相性も良いので、同時に利用することをおすすめします。

※参考:体内に取り込む! 内服する育毛剤

偏食体質の方には育毛サプリがおすすめ

また偏食気味の方に、特におすすめできるのが育毛サプリメントです。ビタミンやミネラルなども配合しているので、栄養不足による薄毛に対抗できるのです。塗布タイプの育毛剤を利用してもなかなか改善しない、という方は栄養の摂取に問題があるのかもしれません。内服薬や育毛サプリメントの経口摂取を検討しましょう。

カツラや植毛など増毛手段

確実に薄毛の状態を解消したい、という方にはカツラや植毛といった手段の採用をおすすめします。育毛剤の効果は確約されたものではありませんが、カツラであれば確実に髪の毛が生えているように見えます。植毛であれば、時間はかかりますが飢えた部分から生えてくるわけです。

ただ、カツラに関しては周りにバレてしまうのでは、といった不安の表れも否定できません。さらに継続的に高額な費用が発生(年間数十万円かかることも)するので、経済的な面においてもメンテナンス費用を予算だてておく必要があるでしょう。

植毛のほうがリスクはある?

植毛は自分の髪の毛を薄くなっている部分に移植するわけですが、要は後頭部や側頭部から毛を移動させることになります。後頭部や側頭部に傷跡が残ってしまうので、今後の髪型に制約が出てきてしまいます。さらにすべての髪の毛が定着してくれるわけではありません。定着率は高くても90%とされているので、移植した10%程度の毛が無駄になってしまうのです。

※参考:「かつら」と「増毛法」の豆知識

育毛クリニックやAGA専門クリニックでの育毛治療

より専門的な治療が期待できますし、医薬品を使った発毛治療が受けられます。発毛剤というとミノキシジルやフィナステリドといったものを思い浮かべると思いますが、育毛クリニックやAGA専門クリニックでは女性用の飲む育毛剤であるパントガールやフィナステリド(プロペシア)より強力に男性型脱毛症に対処してくれるデュタステリドの処方も実施しています。

さらにオーダーメイド治療といったものも実施しています。発毛剤だけではなく、その人にマッチングしたビタミンやミネラルの処方も実施しているのです。

副作用や費用の難も、最先端治療は魅力的

育毛クリニックやAGA専門クリニックでは最先端の発毛治療を受けられますが、問題が幾つかあります。医薬発毛成分には副作用の可能性が否定できませんし、費用もそこそこかかると想定しておく必要があることです。オーダーメイド治療の場合は、月に30,000円がひとつの目安になります。さらに定期的に血液検査なども実施され、その度に費用が請求されます。
育毛剤による治療に比べると、どうしてもお金がかかってしまうわけです。

※参考:クリニックの育毛治療とは

育毛剤ケアと一緒に行ないたい男性の薄毛予防習慣

食事による栄養バランスが育毛ケアのベースです

髪の毛に良いとされる栄養素を摂取するのも育毛に役立ってくれます。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • タンパク質
  • アミノ酸

たくさん摂取すれば良い、というわけでもありません。タンパク質は髪の毛の主成分ですが、それだけでは髪の毛は出来ないからです。亜鉛やアミノ酸といったものも髪の毛の生成に使われています。頭皮の状態にはミネラルやビタミンといった栄養素も必須なのです。

様々な栄養素をバランス良く摂取しましょう。一つの成分に偏ってしまうような食事方法は髪の毛に対して悪影響を与えてしまいます。

※参考:育毛に効果のある食べ物と / 育毛には食生活が大事

血流が滞るタバコはおすすめできません

抜け毛に悩んでいる方でタバコを吸っている、という方は禁煙を実施してください。タバコには髪の毛に対して悪影響しかありません。タバコに含まれているニコチンは中毒性のある物質であり、タバコが止められないのはその影響でもあります。
実はニコチンには血管を収縮させてしまう、といった作用も見られます。血管が収縮すると、髪の毛の細胞に栄養が届きにくくなってしまいます。すると細い髪の毛や短い髪の毛しか生えてこないような状況になってしまい、結果的に抜け毛を増やしてしまうのです。抜け毛を増やさないようにするためにも、タバコを吸っている方は禁煙を実施してください。喫煙者は禁煙することが薄毛解消の近道です。

※参考:喫煙は育毛にマイナス!タバコは吸わない方がいい

睡眠は髪の成長に関わる成長ホルモンに関係

髪の毛の成長には、成長ホルモンというものが深く関係しているのです。成長ホルモンがたくさん分泌されると、細胞の働きが活性化して髪の毛も伸びやすくなります。成長ホルモンはいつでも分泌されているわけではありません。寝ている時に大量に分泌される、といった特徴を持っているのです。

そこで重要になってくるのが睡眠の質です。深い睡眠の時に大量に成長ホルモンが分泌される、といった特徴があるので、質の良い睡眠を取らなければなりません。また睡眠時間は1日あたり7時間が、髪の毛にとっては理想とされています。

※参考:睡眠不足と育毛・薄毛の関係

体内の血めぐりや自律神経ケアからの薄毛予防に運動がおすすめ

日頃からの運動が育毛に功を奏す体の機能を整えるため特に重要とされているのが”自律神経のケア”です。自律神経が乱れてしまうとホルモンバランスも乱れてしまい、抜け毛の原因を作ってしまうかもしれません。

・男性に男性ホルモンの大量分泌がおこると・・・AGAによる抜け毛が増える
・女性の女性ホルモンが減ると・・・血行不良とホルモンによって抜け毛が増える

※女性ホルモンには血行促進作用とヘアサイクルの成長期を伸ばす作用があります。女性ホルモンが減ってしまうと、血行不良による抜け毛の増加。ヘアサイクルの乱れによる抜け毛が増えてしまいます。

自律神経のケアや血行を促進させるためには運動も重要です。特に長時間血行が良い状態が続くような有酸素運動が適切です。ジョギングやウォーキング、サイクリングなどを生活に取り入れましょう。ひと駅分だけ歩く、といった対策も育毛に役立ってくれます。

※参考:運動不足が薄毛の原因に!?

男性の薄毛・抜け毛におすすめな育毛剤は口コミランキング!

育毛剤のランキングサイトの評価やいかに

様々な育毛剤のランキングサイトをチェックしてみると、だいたいトップに来る育毛剤が同じである事がわかります。その育毛剤とは「チャップアップ」です。チャップアップは男女兼用の育毛剤であり、しかも5人に1人は女性が利用している、といった特徴もあります。

様々な育毛成分を配合し、「男性型脱毛症」や「びまん性脱毛症(血行不良による脱毛症)」、「頭皮環境悪化による脱毛症」にも効果を発揮してくれます。

安全性も高いところも人気の秘密となっています。口コミをチェックしてみると、「他の育毛剤では副作用があったけど、チャップアップではなかった!」というものが多く発見できました。

育毛剤以外におすすめな育毛グッズ特集

育毛剤の使用に合わせて他商品も選びたいときに役立つのが、育毛グッズの紹介ページです。育毛シャンプーや育毛サプリメントなどを用いて、育毛ケアの相乗効果を狙いましょう。

他にも、ヤーマンの「スカルプドライヤー」を育毛グッズとしておすすめします。遠赤外線を頭皮に当てることも出来ますし、振動ブラシも付いています。しかも低温ドライ機能もあるので、頭皮を乾燥させすぎることもありません。価格はAmazonでは12,000円程度(引用①)となっています。安いものではありませんが、長く使っていくものでもあります。毎日使うものでもあるので、スカルプケアの一つとして生活に導入するのもおすすめです。

育毛剤とは少し異なりますが「ホホバオイル」もおすすめです。頭皮に塗布することで、潤いをもたらしてくれるので感想による薄毛に悩んでいる方には大きな効果をもたらしてくれる可能性があります。また、皮脂が多い方もホホバおいいるには皮脂の妖怪作用があるので毛穴の詰まりを取り除いてくれる、といった効果も期待できます。

※参考:頭皮ケアにほしい育毛グッズはコレだ!

ぴったりな育毛剤を探したい!そんな人は比較ページを参考に

育毛剤選びは薄毛の解消のためには特に重要です。自分の薄毛の症状にマッチングしないタイプのものを選択しても意味が無いからです。自分にマッチングした育毛剤を選択するためには、まず初心者にやさしい商品情報がほしいところです。

他にも、育毛剤を選ぶ際には、お財布事情や実際に使ったときの満足感使い勝手、メーカーへの信頼など多方面で気になるポイントが出てくるはず。実際に購入する前に、どの程度自身の理想に近い育毛剤なのかを知るものさしには打ってつけでしょう。

男性の薄毛・抜け毛・育毛剤の情報収集には読み物がおすすめ

薄毛に悩んでいたり抜け毛に悩んでいたりしている男性には、情報収集がおすすめです。情報収集にはいくつかの方法がありますが、その情報の正確さが大切です。

参考:育毛の基礎知識/育毛剤の種類/女性の抜け毛対策/女性向け育毛法/男性向け育毛法/AGA

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集