妊婦女性の抜け毛対策

妊娠中は抜け毛が多い時期!?妊婦女性は使用NGな育毛剤

妊婦

出産を経験した女性の多くが産後の抜け毛に悩まされています。一方で、妊娠中の抜け毛に悩まされる方もいます。妊婦さんがなぜ抜け毛に悩まされるのでしょうか。ここでは、妊婦さんの抜け毛が起きる理由と妊婦さんにNGな育毛剤、OKな育毛剤について解説しています。

妊娠中の抜け毛

産後は抜け毛の多い時期と考えられています。エストロゲンなどの働きで成長期を維持してきた髪の毛が、出産後に起こるホルモンバランスの変化により一斉に休止期に入るからです。このような抜け毛を分娩後脱毛症と呼んでいます。一般的に、妊娠中は抜け毛が減るといわれていますが、抜け毛が増える方もいます。なぜ、この時期に抜け毛が増えるのでしょうか。

ホルモンバランスの乱れ

妊婦さんは、妊娠によりホルモンバランスが大きく変化します。ホルモンバランスが乱れると産後とよく似た状況になることがあります。つまり、妊娠によるホルモンバランスの変化で抜け毛が増えることもあるのです。妊婦さんの身体では、妊娠を維持するためいつもとは異なるバランスでホルモンが分泌されています。この影響で、抜け毛をはじめ身体には様々な変化が起こります。

生活習慣、加齢が影響した頭皮環境の乱れ

ホルモンバランス以外にも抜け毛を引き起こす原因はあります。主な原因として挙げられるのが生活習慣の乱れです。間違えたヘアケアや食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがあるとヘアサイクルが乱れてしまいます。この影響で抜け毛が増えることがあるのです。妊娠中は食事がのどを通らないことが多く、赤ちゃんに栄養を奪われるため栄養不足に陥りがちです。髪の毛の成長に必要な栄養が不足しないように注意しましょう。

これらのほかでは、身体のコリや運動不足で血行が悪くなって抜け毛が増えることや加齢の影響で抜け毛が増えることなどもあります。妊娠中も様々な抜け毛の原因が潜んでいることを覚えておきましょう。

妊娠中の抜け毛予防策

妊娠中の抜け毛を防ぎたい女性は、抜け毛の原因を取り除くとよいでしょう。とはいえ、様々な原因で抜け毛は起こるので、対策に悩むことが多いはずです。何から手を付けてよいかわからないときは、次のポイントに気を付けるとよいでしょう。

栄養状態の改善

先ほど紹介した通り、妊娠中は栄養不足に陥りがちです。髪の毛の成長に必要な栄養が不足すると抜け毛が増えます。食事をとれるときは、出来るだけ栄養バランスに気をつけましょう。

睡眠不足の改善

睡眠不足に陥ると、頭皮の血行が悪くなります。髪の毛の成長に必要な栄養を届けられなくなるので抜け毛が起こりやすくなります。しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

ストレス解消

ストレスも頭皮の血行を悪化させてしまいます。妊婦さんはなにかとストレスをためがちなので、発散する時間を作るとよいかもしれません。

適度な運動

頭皮の血行をアップしたい方におすすめなのが運動です。ヨガやストレッチなどお腹に負担をかけない運動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

頭皮と頭髪のケア

妊娠中の抜け毛が気になる方は、頭皮と頭髪のケアにも取り組みましょう。お手軽な方法として挙げられるのが育毛剤です。ただし、デリケートな時期なので育毛剤選びは慎重に行いましょう。

妊娠中の薄毛に悩む女性は、以上の対策を試してみてはいかがでしょうか。

妊娠中に使用NGな育毛剤

頭皮や頭髪をケアしたい方は、育毛剤を利用するとよいかもしれません。育毛剤を利用するときは次のポイントに注意が必要です。

妊娠中に使ってはいけない育毛剤

育毛剤の中には、妊娠中にNGなものがいくつかあります。抜け毛や薄毛対策として育毛剤の使用を検討している方は注意しましょう。

発毛を促す育毛剤として人気を集めているリアップジェンヌは、妊婦さんが使用できない育毛剤のひとつです。妊娠中に使えない理由は、有効成分・ミノキシジルの安全性が十分に確認できていないからです。また、リアップジェンヌは壮年性脱毛症に有効な育毛剤です。妊娠中の抜け毛は、壮年性脱毛症以外の原因で起きていることが多いので、この面からも使用を勧められません。ちなみに、ミノキシジルは母乳に移行します。授乳中の方の利用もNGです。

同じく、飲む育毛剤として人気を集めているフィナステリド(プロペシアなど)もNGです。フィナステリドを服用すると胎児に影響が及ぶ可能性があるからです。具体的には、男児の性器の発育に悪影響を及ぼす恐れがあるといわれています。フィナステリドは女性が触れることすら許されていません(糖衣錠は除きます。ただし、割れている錠剤には触れられません)。皮膚から成分を吸収してしまうからです。妊娠中に服用することは絶対に避けましょう。

妊娠中に使用OKな育毛剤

以上の育毛剤が妊娠中にNGと考えられています。では、どのような育毛剤を選べばよいのでしょうか。

医薬部外品、無添加育毛剤

育毛剤を利用したい妊婦さんは、出来るだけ作用が穏やかなものを選びましょう。作用の強い育毛剤は、比例して副作用も現れやすくなるからです。医薬品に分類される育毛剤は作用が強いと考えられます。妊婦さんは医薬部外品の育毛剤を選ぶとよいでしょう。

同じく、妊婦さんにおすすめなのが無添加の育毛剤です。妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため頭皮がデリケートになります。わずかな刺激でトラブルを起こす可能性があるため、出来るだけ刺激の少ない育毛剤を選ぶことが重要です。無添加の育毛剤であれば、肌トラブルを起こしやすい成分を配合していないと考えられます。

ただし、無添加であっても肌トラブルを起こすことはあります。使ってみて頭皮にかゆみや刺激を感じるときは、使用を中止して病院で相談しましょう。

育毛剤の種類も重要なチェックポイントです。最近の育毛剤は、男性用、女性用、男女兼用に分かれています。男性と女性では薄毛の原因が異なるので、配合されている成分が異なります。男性用育毛剤には、皮脂の分泌を押させる成分などが配合されています。このような成分は、肌に与える刺激が強いといわれています。

頭皮がデリケートな妊娠中の女性は男性用育毛剤や男女兼用育毛剤の使用を避けたほうが良いでしょう。そもそも、薄毛の原因が異なるので、期待する効果を得られない可能性もあります。妊娠中は、女性のデリケートな頭皮に配慮して作られた女性用育毛剤を選びましょう。

妊婦さんが育毛剤を選ぶときは、以上のポイントに注意が必要です。気になる育毛剤が見つかった方は、必ず妊婦さんが使用できることを確認してください。デリケートな時期なので、妊婦さんは育毛剤を慎重に選びましょう。

まとめ

ホルモンバランスの影響などで、妊娠中に抜け毛が増えることがあります。お困りの女性は、原因を考えて取り除くとよいでしょう。あるいは、育毛剤で頭皮環境を整えることもおすすめです。ただし、育毛剤の中には妊婦さんの使用が認められていないものがあります。NGの育毛剤を使用すると、赤ちゃんに悪影響が及ぶ恐れがあります。妊娠中に育毛剤を利用する方は、紹介したポイントを参考に慎重に選びましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集