育毛剤で攻めの育毛ケアを育毛の基礎知識

育毛剤で薄毛対策~市販品は効かない?AGAによく効く育毛剤の選び方

育毛剤で攻めの育毛ケアを

育毛剤で薄毛対策!

抜け毛や薄毛の進行が目立ってきたため、薄毛治療を始めたいと思っている方も多いでしょう。
薄毛治療と言っても色々な方法がありますが、代表的なものが育毛剤による治療です。
今回はよく効く育毛剤の選び方をご紹介したいと思います。
市販の育毛剤は安いので効かない、という意見もありますが、その真相にも迫ります。
まず最初に効果的な育毛剤を探し出すために、薄毛になる原因について説明しましょう。

薄毛の原因はAGA?!

男性が薄毛になる場合、その原因のほとんどが男性型脱毛症AGAであると言われています。
男性型脱毛症AGAとは、男性ホルモンに由来する脱毛症のことで、一度発症すると自動的に完治することはないと言われていて、なるべく早い段階で進行を食い止めることが、薄毛にならないための重要なポイントになります。
男性ホルモンに含まれる5αリクターゼと呼ばれる物質がジヒドロテストステロンという抜け毛を助長する物質に変わることによって、薄毛が進行します。

AGAの特徴

男性型脱毛症AGAを発症すると頭皮全体の髪がなくなるのではなく、前頭部・頭頂部から薄毛が進行します。
M字型またはO字型と呼ばれており、最終的には頭頂部と前頭部の薄毛がつながり、頭皮の髪全体がなくなってしまいます。
もし、あなたの薄毛の進行が前頭部または頭頂部からであるなら、男性型脱毛症AGAの可能性が高いでしょう。
とはいえ、自己診断で確実なことはわかりませんから、気になるのであれば専門のクリニックを受診する必要もあるでしょう。

遺伝と薄毛の関係性

薄毛は遺伝性によるものなので、薄毛になったら治らないという意見もあります。
実際、薄毛と遺伝は大きな関係があります。
特に、母方の親族の男性陣に薄毛の人が多ければ、あなたにも薄毛の遺伝子が多く組み込まれている可能性があります。
しかし、遺伝ですべてが決まってしまうわけではないので、早い段階で育毛剤などで対策を講じることによって、薄毛になる可能性を最小限に抑えることができるかもしれません。

市販の育毛剤は効かない?

薄毛治療のために育毛剤を購入したいと思ったならば、よく効く育毛剤を選びましょう。
市販の育毛剤は比較的安いですし、簡単に購入できるので育毛剤初心者にはとっつきやすいかもしれません。
しかし、市販の育毛剤は効かない、という声もよく耳にします。
実際のところ市販の育毛剤で薄毛を治療することは可能でしょうか?その実態に迫りたいと思います。

その育毛剤はAGAに対応しているか

先に書いたように男性が薄毛になる場合、その原因の多くは男性型脱毛症AGAの影響によります。
ですから、育毛剤で薄毛を治療する場合もAGAに対応しているかどうかは重要なポイントになります。
AGAに対応している育毛剤のポイントは以下の通りです。

  • 男性ホルモンを抑制する成分が入っている
  • 頭皮環境を整えることができる
  • 毛母細胞を活性化させる

上記の要素が、AGAの進行を食い止めるために必要になる効能です。
これらの成分が含まれている育毛剤であれば、市販のものであっても薄毛治療を成功させることができるかもしれません。

安い育毛剤でも効果あり?

ドラッグストアなどで販売されている育毛剤は比較的安く購入できます。
一番安いものだと1,000円程度で購入できるものもあるでしょう。
安い育毛剤は効かない、と考えている方も多いようですが、値段と効果性をイコールで決めることはできないでしょう。
安い育毛剤でもあなたの薄毛の症状に合致するなら、育毛効果を発揮してくれるかもしれませんし、高い育毛剤を購入したとしても、あなたの頭皮が必要としている有効成分が含まれていないなら、十分な効果は発揮されないでしょう。
つまり、育毛剤は値段で選ぶのではなく、配合成分などを比較検討して購入する必要があるのです。

市販の育毛剤で薄毛を治すために

市販の育毛剤を選ぶ際に大切になってくるのが、自分の症状にあった育毛剤を選ぶことです。
自分の頭皮環境の状態や抜け毛の量、薄毛の進行状況などを把握する必要があるでしょう。
そのうえで、頭皮環境を整えてくれる育毛剤や男性ホルモンを抑制してくれる商品を選ぶといいかもしれません。
自分の薄毛の進行状況や原因を正確に把握するためには、専門の病院などを受診し、医師による診断を受ける必要もあるでしょう。

よく効く育毛剤とは?

育毛剤で薄毛対策を行うためには、よく効く育毛剤を見つけ出す必要があるでしょう。
しかし、育毛剤の商品数は非常の多く、70以上の育毛剤が販売されているようです。そのため、本当によく効く育毛剤を見つけ出すことは簡単ではありません。
あなたによく効く育毛剤を見つけてもらうために、大切なポイントをご紹介します。

発毛剤と育毛剤の違いを理解

育毛剤には発毛剤として分類される商品があります。
発毛剤と育毛剤は効果・効能が違い、薄毛の症状によっても使い分ける必要があります。
両者の違いを把握しないまま商品を購入すると、十分な効果が出ないだけでなく生活に大きな影響が出てしまうかもしれません。

発毛剤

発毛剤とは新しく髪の毛を生やす効果が期待できる成分が配合されている商品です。
AGAが進行すると頭皮にある髪の毛の本数が少なくなっていきます。
すでに症状が進行して、頭皮に残っている髪の毛が少なくなっている場合、発毛剤の方が効果を実感しやすいかもしれません。
実際、薄毛がかなり進行している人でも発毛剤を使用することで、薄毛を治療できた事例もあるようです。
ただし、発毛剤には副作用の可能性があるものがあり、使用に際しては十分な注意が必要です。

育毛剤

育毛剤は基本的にはすでに生えている髪の毛を成長させるために使用します。
発毛剤のような新しく髪を早く効果性は認められておらず、頭皮環境を整えたり、血行を促進させることで育毛効果を高めます。
発毛剤に比べて副作用の可能性も低く、男女兼用で使用できる商品も多いため、薄毛の初期段階の方や男女兼用で使用したい方などに愛用されているようです。

医薬品と医薬部外品、化粧品の違い

同じ育毛剤でも厚生労働省によって認可されている商品分類が異なってきます。
育毛剤の商品分類には以下のものがあります。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

これらは厚生労働省によって定めれている薬事法に基づき決定されており、効果・効能・使用方法も異なってきます。
薄毛治療として育毛剤を使用する場合、上記の違いを念頭に置いて購入する必要があるでしょう。

医薬品

医薬品に分類されている育毛剤は、医薬部外品に分類されている育毛剤よりも効果性が高いと厚生労働省によって認められています。
比較的短期間で劇的な変化を遂げる可能性があり、薄毛治療においても大きな効果が期待できます。
医薬品という呼び名からもわかるように、あくまでも薬としての扱いになります。
医薬品に分類されている育毛剤には、プロペシアなどの医療用医薬品とリアップのような一般用医薬品に分かれています。
プロペシアは病院やAGA専門クリニックで処方してもらう必要がありますが、リアップは薬剤師などの処方を受けることで購入することができます。
ただ、医薬品に分類されている育毛剤には肝機能障害や男性機能障害などの副作用の可能性があるため、使用に際しては十分な注意が必要です。

医薬部外品

医薬部外品に分類されている育毛剤は、医薬品よりも即効性が劣るものの、薄毛治療に有効であるとされている商品です。
インターネット上で販売されている育毛剤の多くは医薬部外品に分類されており、長期間使用を続けることで薄毛治療を成功させることができるかもしれません。
薬としての扱いではないので、生活に大きな影響を与える副作用が出る可能性も低く、育毛剤初心者の方などは医薬部外品の育毛剤からスタートされる方も多いようです。
また、プロペシアを含むフィナステリドは女性の使用が禁止されていますが、医薬部外品の育毛剤は女性も使用できるタイプのものが多く、男女共用で使いたいカップルや夫婦に人気があります。

化粧品

医薬品に分類されている育毛剤と同じく、インターネット上で販売されている育毛剤の中には化粧品に分類されている育毛剤もあります。
化粧品に分類されている育毛剤にも育毛に有効に働く成分がたくさん配合されており、一定期間使用を続けることで効果を発揮してくれるかもしれません。
しかし、石鹸やシャンプー、化粧水と同じく、化粧品として認定されているので劇的な変化は期待できません。
そのため、薄毛がかなり進行している方や頭皮環境がかなり乱れている方などは、化粧品育毛剤では効果を実感しにくいかもしれません。
自分の薄毛の進行状況に合わせて、育毛剤を選ぶ必要があります。

長期間使用できる育毛剤

育毛剤を使えば、すぐにでも髪が生えてくると思っている方もいるようですが、その考え方は現実的ではありません。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、育毛剤の有効成分が浸透して毛根に作用するまでには時間がかかります。
個人差がありますが、即効性が高いと言われている医薬品育毛剤でも最低でも三ヶ月間の使用が必要になるでしょう。
医薬部外品の育毛剤や化粧品の育毛剤であればさらに長い期間を要するかもしれません。
長期間使用を続けるためにもコストパフォーマンスを考慮する必要があります。
薄毛治療の効果が表れるまで辛抱強く続けるだけの経済力があるかどうかも育毛剤を選ぶうえで重要なポイントになります。

使いやすさ・付け心地

長期間使用を続けるためにはコストパフォーマンスも大切ですが、使いやすさや付け心地もしっかりと確認しておきましょう。
育毛剤はノズルタイプとスプレータイプに分かれており使用方法が異なります。
一般的にはスプレータイプの方が使いやすいと言われていますが、ノズルタイプの方が使用しやすいという声もあります。
また、付けた時の感じも重要なポイントです。
べたつきが合ったり、匂いがきついと長期間の使用が難しくなるでしょう。
育毛剤を使っていることはなるべく人に知られたくありませんから、無香料・無着色のものがお勧めです。

自分の症状に合った育毛剤

よく効く育毛剤はどれか?結論から言いますと、自分に合った育毛剤を見つけることが大切、という一言に尽きるでしょう。
なぜなら、薄毛の進行度合いは人によって異なりますし、抜け毛の原因も違います。
そのため、あなたの頭皮が必要としている育毛成分も他の人とは異なってくるのです。
自分に合った育毛剤を使用することが、薄毛を治療するうえで重要なことなのです。
どの育毛剤が自分に合っているのか考慮していただくために、よく効く育毛剤として人気のある商品をご紹介します。

育毛剤人気ランキング!2019年の最新ランキングをチェック

よく効く男性用育毛剤

よく効く育毛剤を探す方法はいろいろありますが、ちまたで人気を集めている育毛剤を参考にしてみるのもいいでしょう。
今回は男性用育毛剤として特に人気を集めている育毛剤をピックアップしたいと思います。
あなたに合った育毛剤が見つかるかもしれません。

チャップアップ

チャップアップは2013年に販売を開始した当初から注目を集めている人気の育毛剤です。
インターネット上での顧客満足度ランキングで一位を獲得したこともあり、名実ともによく知られている育毛剤です。
育毛の専門家の中にもチャップアップを推奨している人がいて、早い段階で薄毛を治療したいと思っている男性陣の希望の的となっているようです。
全額返金キャンペーンを行っているので、育毛剤を初めて使用する方でも安心して購入できるでしょう。

男性ホルモンを抑制

チャップアップには男性ホルモンの影響を抑制してくれる育毛成分が配合されています。
代表的な成分は以下の通りです。

  • チョウジエキス
  • ヒオウギエキス
  • ビワ葉エキス
  • オウゴンエキス

男性型脱毛症AGAの主な原因はジヒドロテストステロンの生成にあると言われており、男性ホルモンの影響を抑制することで育毛に悪影響を与える物質の生成を抑えることができるようです。
一概には言えませんが、体毛が濃い方などは男性ホルモン影響を強く受けていると考えられますから、チャップアップに含まれている男性ホルモン抑制成分で薄毛の進行を食い止めることができるかもしれません。

頭皮環境の正常化

頭皮環境の乱れは薄毛の原因になり、AGAを発症している場合、進行の速度を速める可能性があります。
チャップアップには頭皮環境を整えてくれる有効成分がたくさん配合されています。

  • ローズマリーエキス
  • ローマカミツレエキス
  • オドリコソウエキス
  • オランダカラシエキス

上記の成分のほかにも頭皮の状態を整えてくれる成分がたくさん配合されており、頭皮環境の乱れが気になる方は試してみるといいかもしれません。

皮脂の過剰分泌を抑制

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまい、育毛に悪い影響を与えます。
加えて、酸化した皮脂は雑菌などのエサになり、痒みやフケの大量発生の原因になることがあります。
チャップアップにはダイズエキスやドクダミエキスが配合されており、皮脂の過剰分泌を抑制してくれます。
頭皮のべたつきや痒みが気になる方にお勧めです。

フィンジア

化粧品に分類されているフィンジアですが、育毛に有効な成分が配合されていることから、インターネット上の育毛剤ランキングでも上位に位置しています。
スタイリッシュなデザインと爽快な付け心地が人気を集めているようで、頭皮環境の正常化や抜け毛予防を始めたい方にお勧めの育毛剤です。
フィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルという育毛成分が配合されており、高い育毛効果が期待できるということで注目されています。

キャピキシル

AGA治療を効果的に進めていくうえで有効と考えられているミノキシジルの3倍の効果があると言われているキャピキシル。
このキャピキシルは、アカツメクサに由来する有効成分ですが、男性ホルモンの影響を抑制する働きがあると言われており、弱ってしまった毛母細胞を活性化させることができると考えられています。
また、火傷などで傷んでしまった皮膚を修復する際に医療目的で使用される成分も含んでおり、頭皮のアンチエイジング効果も期待できます。

ピディオキシジル

発毛効果が高いとして注目されているミノキシジルに化学式が似ていることから、育毛の分野でも活用されるようになったピディオキシジル。
ミノキシジル誘導体とも呼ばれており、育毛大国して知られている韓国でも高い人気を集めており、科学の専門雑誌フレグランスジャーナル誌でも特集されるほど、世界的に注目度が上がっています。
また、ミノキシジルには副作用の可能性があるため、使用を差し控えている方も多いようですが、ピディオキシジルには副作用の可能性が低いため、安心して使用することができるでしょう。

ブブカ

育毛剤ブブカには育毛に有効な成分が46種類も配合されており、配合成分の多さから高い人気を集めています。
特に注目されているのはM-034と呼ばれる毛母細胞を活性化させる成分で、頭皮環境を整え、髪のヘアサイクルを正常に戻すのに効果的と言われています。
また、低刺激タイプの育毛剤なので、他の育毛剤ではアレルギー反応が出たり、肌に合わなかったという方でも安心して使用できるかもしれません。ブブカに含まれている育毛成分を解説します。

M-034

名前だけを見るなら化学物質に由来しているように感じるM-034ですが、実際はワカメなどの海藻類に由来する成分で、副作用などの可能性も低く男女ともに使用することが可能です。
その成分には、ジヒドロテストステロンの影響によって乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻す働きがあると言われており、休止期に入ってしまった毛根を再び目覚めさせることができるかもしれません。
AGA治療において毛母細胞の活性化は重要な要素ですから、この成分を取り入れることで薄毛を根本的に治療できるかもしれません。

センブリエキス

独特の苦みがあるセンブリエキスですが、全身の血行を促進させる働きがあり、血行不良に陥っている頭皮を元気に復活させてくれるでしょう。
髪の毛は血液から栄養を吸収するため、血行不良になると毛根は十分な影響を吸収できなくなります。
頭皮自体に筋肉がないため血液の循環が悪くなりやすく、薄毛を進行させる原因になります。
実際、薄毛に悩んでいる方の頭皮をチェックすると、重度の血行不良に陥っていることがよくあるようです。
センブリエキスを頭皮に振りかけることで血行を促進させ、薄毛改善を目指しましょう。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムには頭皮の炎症作用を緩和させる働きがあり、頭皮トラブルを抑制してくれます。
頭皮の痒みやフケの大量発生は頭皮の炎症が原因になっていることが多く、症状を放置しておくとさらに薄毛を進行させてしまうかもしれません。
健康的な頭皮を取り戻したい方にはお勧めです。

抜け毛予防に効く育毛剤

薄毛を治療するためには抜け毛の量を減らすことが先決です。
新しく髪が生えてきても抜け落ちる髪の量が減っていないと、薄毛は改善されないでしょう。
一概には言えませんが、私たちには10万本の髪の毛があると言われており、一日の抜け毛の平均量は100~150本程度と言われています。
朝起きた時の抜け毛の量やシャンプー時の抜け毛の量が多いように感じるなら、まずは育毛剤を使って抜け毛予防から始めた方がいいかもしれません。
抜け毛予防に効果的な育毛剤の選び方をご紹介します。

血行の促進作用

頭皮の血行が悪くなると髪の毛は十分な栄養が吸収できなくなり、十分な寿命を全うすることなく抜け落ちることになります。
健康的な髪の毛であれば4~6年程度の成長期間があるあると言われていますが、血行不良になると1~3年程度に期間が短くなってしまいます。
抜け毛を予防したいのであれば、頭皮の血行促進作用が含まれているかどうかを確認してみるのがいいでしょう。

髪と頭皮への栄養補給

頭皮への栄養が不足すると抜け毛が増加してしまいます。
頭皮に十分な栄養を供給するためにはバランスの整った食事が必要ですが、食生活ですべての栄養素を補給することは難しいでしょう。
育毛剤には頭皮が必要としている栄養素を多く含んでいるものがあります。
髪と頭皮への栄養を補給することで髪に艶が出て、薄毛が目立たなくなるかもしれません。

毛母細胞の活性化

健康的な髪の毛母細胞は活発に細胞分裂をくり返しており、分裂をくり返すことで新しい髪の毛が作り出されます。
しかし、年齢と共に細胞分裂の回数は少なくなり、細胞自体の力も弱くなってしまいます。その結果、抜け毛の本数が増えてますます薄毛が目立つようになります。
フサフサの頭皮を取り戻すためには、毛母細胞を活性化してくれる育毛成分が必要になります。
根本的な薄毛改善を目指すためにも毛根に直接働きかけてくれる育毛剤を選んでみるといいでしょう。

頭皮環境の改善

頭皮環境の乱れは抜け毛の量を増加させる原因になります。
頭皮の痒みやフケが大量に発生しているのであれば、なるべく早い段階で対策を講じる必要があるでしょう。
症状を放置しておくなら、酸化したフケが毛穴を詰まらせ、健康的な髪が成長できなくなり、抜け毛の量が増えてしまうかもしれません。
また、雑菌の繁殖も抜け毛の原因になります。
頭皮の雑菌は酸化した皮脂をエサとして繁殖しますが、雑菌が繁殖すると匂いやべたつきの原因になります。
抗炎症作用があるものや殺菌作用が高い育毛剤を使用することで頭皮環境を整え抜け毛の量を減らすことができるかもしれません。

女性に効く育毛剤

薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。
女性も社会に進出するようになり、忙しさやストレスが原因で薄毛に悩むようになっています。
特に30代半ばを過ぎたあたりから薄毛を気にする女性が多くなり、美しさを保つために育毛剤の使用を検討する方が多いようです。
女性が育毛剤を選ぶときのポイントをご紹介します。

頭皮に優しい成分を配合

女性は男性に比べて敏感肌でデリケートな肌をしています。
そのため、女性が育毛剤を選ぶときは頭皮に優しい成分を配合しているものがいいでしょう。
男性用育毛剤には殺菌効果を高めるためにエタノールやアルコール成分が含まれていますが、敏感肌の女性が使用すると炎症を起こしたり、頭皮トラブルの原因になるかもしれません。
女性用育毛剤には無添加・低刺激の育毛剤がありますから、最初はそのような育毛剤を使って様子をみるといいでしょう。

マイナチュレ

無添加・低刺激の育毛剤を使用したいのであればマイナチュレがお勧めです。
化学合成物質は一切使用しておらす、無添加仕上げとなっています。
10種類のアミノ酸成分を配合しており、抜け毛予防や頭皮環境の改善に期待ができます。
匂いも気にならないので仕事に行く前に使用することもできるでしょう。
敏感肌・アレルギー体質の方でも安心して使用できる女性用育毛剤として注目されています。

保湿効果

女性の頭皮は乾燥しやすく、乾燥が酷くなると痒みが出たり、フケの大量発生の原因になるかもしれません。
適度な保湿効果を与えてくれる育毛剤を使用することで、頭皮トラブルを抑制して育毛効果を高めることができるでしょう。
冬場は寒さによって乾燥しますし、夏場はエアコンなどによって頭皮の乾燥度合いが高くなることがあります。
年間を通して保湿ケアを行ってあげることで薄毛改善を成功させることができるかもしれません。

デルメッド ヘアエッセンス

女性用育毛剤デルメッド ヘアエッセンスにはコエンザイムQ10など、頭皮に優しい成分が豊富に含まれています。
特に海藻類に由来する育毛成分が含まれており、頭皮の潤い効果を高めてくれます。
また、短くなったヘアサイクルを正常に戻してくれたり、頭皮の血行促進作用も期待できます。
女性ホルモンバランスの乱れによって生じた抜け毛にも有効に働いてくれるようなので、総合的な薄毛対策を行いたい方にお勧めです。

自分に合った育毛剤を見つけて薄毛改善!

育毛剤で薄毛対策を行う場合、大切なのは自分に合った育毛剤を見つけ出し、辛抱強く使用を続けることです。
インターネット上では医薬品の育毛剤、医薬部外品の育毛剤などが販売されていますし、ドラッグストアでは市販の育毛剤を購入できます。
商品分類もさまざまですし、配合されている育毛成分も違います。
AGAに効く育毛剤を探すためには、まず自分の薄毛の進行状況を確認し、あなたの頭皮と髪の毛が必要としていている育毛成分を補給してあげましょう。
今回の情報を参考にして、あなたの薄毛対策に合った育毛剤を見つけてください。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    チャップアップは医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛剤 自社製品をほめるのは当たり前だと思いません...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤人気ランキング!2019年の最新ランキングをチェック
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤人気ランキング!
2019年の最新ランキングをチェック
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集