育毛剤で攻めの育毛ケアを育毛の基礎知識

薄毛を予防するのに育毛剤は効果的?

育毛剤で攻めの育毛ケアを

薄毛は何もしなければ進行してしまいます。薄毛対策のケアはしなければなりませんが、その中で最も効果的とされているのが育毛剤です。しかし、育毛剤にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

こちらでは、まず薄毛に対してどのような対策をしていくべきなのか、といったことをお話します。さらに育毛剤のチョイス方法から、育毛剤以外の薄毛対策法についても話を広げていきます。自分の髪の毛を復活させたい、と思っている方は必見です。

守りよりも攻めの育毛ケアが大切

”育毛ケア”、気づいた時から開始するのが鉄則

「髪の毛の調子が悪い」「ちょっと髪の毛が薄くなってきた」「髪の毛のコシがなくなってきたかも」――。このように感じたことはありませんか。感じたとしても、多くの方が気のせいだと思ってそのままにしてしまうのです。しかし、薄毛は進行性のもの。特に「男性型脱毛症(AGA)」は、前頭部から頭頂部まで一気に禿げ上がってしまうかもしれません。一方、女性がかかりやすい「びまん性脱毛症」の場合、頭髪は全体的に少 しずつ薄くなる症状が出てしまいます。

薄毛は自然治癒できません

知っておいて欲しいのが、薄毛は勝手に治らないこと。薄毛の原因になったものを排除しなければなりません。そして早く対策をはじめなければ良い結果がでないことも把握しておきましょう。

実際に、男性型脱毛症が進行しきった方はどんなに素晴らしい薄毛ケアを実行したとしても、ほとんど効果は現れないことが分かっています。

一方で、ちょっと進行しただけの方は復活スピードも明らかに早いのです。薄毛は気づいた時がケアの始め時です。気のせいとは思わずに、対策を始めましょう。少しだけ薄さ感じた時点から対処していけば、将来的な薄毛予防にもつながっていきます。

薄毛ケア法は大きく分けて二種類ある

守る薄毛ケア 単なるハゲ隠しの対策方法
攻める薄毛ケア 自分の髪の毛を育てる方法

薄毛ケアは大きく分けると二つに分類されます。単純に薄毛を隠すような対策方法が守りのケアです。一方で自分の髪の毛を生やす、といった対策方法が攻めのケアです。

【守る薄毛ケアの代表例】

  • 植毛(自毛植毛、人口毛植毛)
  • かつら、ウィッグ
  • パウダー(ふりかけ)など

【攻める薄毛ケアの代表例】

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー(スカルプシャンプー)
  • 頭皮マッサージ
  • 生活習慣の改善(睡眠時間の確保、定期的な運動)など

どちらのタイプのケア方法を選択するかで、あなたの将来の頭髪にも大きな違いが生まれる可能性があります。選択を誤らないでください。

薄毛ケアは薄毛から脱却するためのもの|攻めの姿勢を持つことが大事

守りの薄毛ケアは一時的な”しのぎ”です。

パウダーの問題点

たとえば、パウダーは頭に頭髪に見えるパウダーをふりかけて固めています。しかし、シャワーなどで流せてしまうのです。24時間ずっと髪の毛がある状態にはできません。

かつら・ウィッグの問題点

かつらやウィッグは、薄毛の進行を止めることは出来ません。確かに髪の毛が生えているようにも見えますが、定期的に作り変えなければなりません。進行したら、さらに大きなかつらやウィッグを作らなければならないのです。

植毛の問題点

植毛に関しては、人工毛植毛には大きな健康被害があります。頭痛が発生することもあり、海外では禁止している国もあるほどです。自毛植毛に関しても、自分の 髪の毛を移植しているに過ぎません。その自分の髪の毛にも限りがあります。後頭部などの髪の毛を移植するわけですが、前頭部から頭頂部まで禿げ上がってし まった場合には、後頭部の髪の毛がスカスカになってしまう恐れだってあるのです。

※自毛植毛の場合は、自分の髪の毛を無駄にする可能性もあります。定着率はどんなに高くても95%程度とされており、平均すると80%から90%とされています。植毛した髪の毛の10%から20%は抜けてしまうのです。

攻める育毛ケアのメリット

攻めの育毛ケアのメリットとは攻めの育毛には、自分の髪の毛が生えてくる、といったものがあります。残っている髪の毛の進行を食い止めることもできます。一方で、薄くなってしまった部位から太くてたくましい自分の髪の毛が生えてくるかもしれません。その場しのぎではない対策ができるわけです。

以前であれば育毛ケアの効果は少ないとされてきました。しかし、近年では髪の毛の成長メカニズムなども解明され始めており、精度の高い育毛剤や育毛対策も生み出されています。いまこそ攻めの育毛ケアを実施し、頭髪の完全復活を目指すべきです。

攻める育毛ケア方法を詳細に説明

育毛シャンプーで頭皮の汚れや皮脂をオフ

育毛に大きく関わっているとされるのが頭皮環境です。その頭皮環境を整える役割を持っているのがシャンプーですが、実は体質に合っていないものを選択している方が少なくありません。

シャンプーの役割は頭皮を綺麗にするといったものですが、一般的に販売されているタイプのシャンプーは高級アルコールシャンプーと呼ばれるもので、刺激が極めて強いことが分かっています。

一方で、育毛シャンプーに関してはアミノ酸シャンプーと呼ばれるタイプのものが多くなっており、頭皮と同じ弱酸性です。優しく洗い上げることができます。

更に、頭皮にある皮脂や汚れをしっかりと取り除く機能も育毛シャンプーにはあります。仮に、毛穴に皮脂や汚れがびっちりと詰まってしまっている場合には、育毛剤を使ったとしても有効成分が頭皮の奥まで浸透しません。薄毛予防や改善などの効果を得られにくい状態になってしまうのです。

育毛剤の効果を高めるためにも、自身に合った育毛シャンプーを利用する、といったことが極めて重要です。頭皮が乾燥しやすい方に関しては、シャンプーの中に保湿成分が含まれているようなタイプもおすすめです。

育毛剤には髪の毛や頭皮へにアプローチする成分が含有されている

攻めの育毛ケアとして中心的な存在となるのが育毛剤です。育毛剤には複数の効果が含まれています。

髪の毛や頭皮といったものにアプローチできる成分が、育毛剤には大量に含まれているのです。育毛剤にもよりますが、育毛的効果があるとされる成分が数十種類含まれている例も少なくありません。それらの成分では育毛剤でなければ、基本的に利用できないわけです。

【育毛剤に期待できる効果例】
  • 抜け毛を予防する
  • 頭皮環境を良くする
  • 髪の毛に栄養を送りやすくする
  • 髪の毛の成長スピードを早くする

上記した物以外にも細かくいろいろなものがあります。たとえば、頭皮環境を良くする、といった部分でも、血行を促進して頭皮の新陳代謝を高める成分も含まれています。さらに、お肌に菌を繁殖しにくくする抗菌成分が含まれていることもあれば、乾燥を食い止める保湿成分も育毛剤には含まれているわけです。

育毛ケアの中で、育毛剤ほど、頭皮や髪の毛に対して多角的な効果を与えられるものは見当たりません。

育毛マッサージで頭皮の血行促進

攻めの育毛方法として、全くお金もかけずに道具もいらないのが育毛マッサージです。頭皮をマッサージすることによって、頭皮の血行を良くして髪の毛に栄養を送りやすい状態にするわけです。

髪の毛は血液によって栄養を送られています。血行が悪くなれば髪の毛に送られるべき栄養が足りなくなってしまい、薄毛になってしまうのです。ちなみに血行不良による薄毛ですが、「びまん性脱毛症」がその一種です。

【育毛マッサージの方法】

頭皮を指の腹で押すことがおすすめです。爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうので、逆効果になってしまいます。

叩いたり、つねったり、といった方法よりも押すという方法のほうが血行は改善することも分かっています。より効果を高めるためにも育毛マッサージを行うときは「押す」ということに重点を置いて下さい。

頭皮だけでなく、耳の周りのマッサージも大切です。耳のまわりには太い血管があり、頭皮に血液を送っています。耳の周りの血行を良くすること自体が、育毛に大きな役割を果たしているのです。

育毛マッサージは、できれば1日複数回行って下さい。おすすめなのが、朝と晩の2回です。育毛剤をつけた時に同時に行うのが良い、よされています。また、入 浴中や入浴後は血行が高まっているので、その時を利用して、さらに頭皮の血行を良くするために実施する、というのもおすすめです。

※頭皮マッサージをするときは、手を綺麗に洗ってからにしてください。手が汚いままだと、手についている菌が頭皮に乗り移って炎症の原因になってしまいます。

生活習慣を改善して髪の毛が育ちやすい環境を作ろう

生活する上で幾つかの対策を立てることで、髪の毛が生えやすくなる状態を確保できるようになります。

生活習慣お改善を考えるときに主に注目して欲しいのが、

  • 食事
  • 睡眠
  • ストレス
  • 運動

の4つです。

【食事と育毛について】

髪の毛は血液によって栄養が送られえて映えるわけです。血液は食べ物によって身体に取り込まれた栄養を運んでいることになります。栄養の元になる食べ物の栄養が偏っていれば髪の毛の成長に大きな問題が出てくる可能性があります。

髪の毛の原料はタンパク質です。タンパク質がアミノ酸によって髪の毛へと作られていくことになるので、まずはタンパク質、そしてアミノ酸を摂取することが大事になります。タンパク質に関しては、大豆などが高タンパク低カロリーなのでおすすめです。

他にも、ビタミンやミネラルといった頭皮に関わる成分を多く含んだ野菜などの摂取も欠かせません。

【睡眠とストレスと育毛について】

薄毛とストレスはあまりにも密接に結びついています。ストレスには血管を収縮する、といった恐ろしい機能があります。要は髪の毛に栄養を送りにくくしてしまう作用があるのです。

そのストレスを抑えこむためには睡眠が必要です。寝ている時に脳がリラックスすることでストレスを解消しているのですが、睡眠不足になるとそのストレス解消ができなくなります。

1日あたり6時間から7時間程度の睡眠時間を確保するようにして下さい。

【運動と育毛について】

運動をすることによって、全身の血行を高めることが出来ます。頭皮の血流量も回復するので、髪の毛が生えやすい状態になるのです。

運動については、なるべく長い時間血行が良い状態を確保できる有酸素運動がおすすめです。たとえば、軽いジョギングであるとかサイクリング、ちょっと強めのウォーキングなどを行いましょう。

育毛剤は薄毛症状に合わせてチョイス

皮脂分泌抑制タイプでクリアな頭皮づくり

特に男性は大量の皮脂が出ます。その量は女性の3倍とも言われており、特に皮脂腺が多くある頭皮に大量に分泌されてしまう恐れがあるのです。

その皮脂の悪い作用を抑制するタイプの育毛剤を利用する、といったことが極めて重要です。特に脂性肌の男性は、皮脂分泌抑制タイプを活用して下さい。

【皮脂分泌抑制タイプの育毛剤に含まれている成分例】

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • カシュウ
  • イオウなど

上記の成分が含まれている育毛剤には、抗炎症効果が期待できます。皮脂が多い方は頭皮に菌が繁殖しやすく、その菌が悪さをして頭皮に炎症を起こしてしまうのです。抗炎症作用があれば、皮脂による頭皮の悪影響は避けられます。

血行促進タイプで栄養が届きやすく

男性型脱毛症だけでなくびまん性脱毛症の方など、様々な方に効果を発揮するのが血行促進タイプの育毛剤です。髪の毛への栄養をスムーズに送るための育毛剤となっており、髪の毛が太くなったりする作用も期待されています。

髪の毛が細くなってきた方は血行促進タイプの育毛剤を利用すべきです。

【血行促進タイプの育毛剤に含まれている成分例】

  • ミノキシジル
  • 塩化カルプロニウム
  • ビタミンE
  • ニンジンエキス
  • センブリエキスなど

育毛剤と血行促進成分は切っても切れない関係性にあります。ほとんどの育毛剤に血行促進作用のある成分が含まれているのが現状です。それだけ育毛に血行促進作用は欠かせないのです。

保湿タイプで薄毛や抜け毛の進行を抑えて

前述した皮脂の分泌量が多い方とは逆に、頭皮が乾燥して薄毛になっている方もいます。頭皮が乾燥すると、頭皮のバリア機能がありません。ちょっとした刺激に頭皮が傷んでしまうのです。

傷んでしまった頭皮から健康的な髪の毛が生えてくることはありません。薄毛が進行してしまう恐れがあるのです。

そこで必要になってくるのが保湿タイプの育毛剤です。

【保湿タイプの育毛剤に含まれている成分例】

  • アロエエキス
  • バイオポリリン酸
  • 海藻エキス
  • イチョウ葉エキス
  • アルテア抽出液など

保湿成分で薄毛や抜け毛の進行を抑制頭皮に潤いが戻れば、皮膚のバリア機能が復活します。ちょっとした刺激にも耐えられるようになり、頭皮の炎症などが起こりにくくなる、といったことも期待できるのです。

ちなみに、脂性肌ですが実は乾燥肌が影響していることもあります。一時的に乾燥肌になると、皮脂腺が活発に皮脂を分泌して乾燥状態を取り除こうとします。その結果、皮脂が大量に分泌されすぎてしまい、脂性肌になってしまいます。

保湿タイプ育毛剤を使って乾燥肌を抑えれば、脂性肌をも治せるかもしれないのです。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集