輸入男性向け育毛法

プロペシアを個人輸入する

輸入

育毛剤プロペシアの”個人輸入”が一部で評判

偽物や副作用のリスクも、すべて自己責任でお願いします

薬を飲む別のページで紹介した飲む育毛剤プロペシア。もともとアメリカで開発された医薬品なので、日本でも厚生労働省が万有製薬に輸入承認をして2005年12月から販売されるようになりました。それ以来、国内でも入手しやすくなりましたが、お薬なので病院クリニックなどで処方してもらわなくてはなりません。

ただ米国Amazonなどのインターネット通販が充実してきたおかげで、海外から比較的簡単に個人輸入することもできるのです。円高の影響でクリニックに処方してもらうよりも安く、自分のほしい分だけ手に入るのがメリットです。ですが、プロペシアを個人輸入する前に知っておかなくてはならないことがあります。

輸入すると、国内購入で最低7,000円のところが5,000円台です

プロペシアを国内のクリニックで処方してもらう場合、どんなに良心的でも最低7,000円は出すことになります。しかし個人輸入代理店などを利用すると、一箱あたり5,500円ほどまでの下がり値で購入が可能です。

薬の成分や質に違いは出てくる?

そこで気になるのが、国内のクリニックで購入したものと個人輸入品のプロペシアに違いはあるのかどうかという点。どちらもメルク社製のプロペシアですから、成分の働きに違いはありません。気になる場合は、フィナステリドの配合量を見てみるとよいでしょう。同じ配合量で記載されていれば、効果も同じといえます。

継続すると3年で約80%の人の薄毛が改善している効果も出ていますから、薄毛と本格的に向き合いたいのであれば、内服するに越したことはありません。実際、日本皮膚科学会が発行している男性型脱毛症のガイドラインでも、プロペシアに含有されているフィナステリドは推奨度Aの治療法。効果への信頼の高さが伺えます。

医師による処方でも、服用者の5%以上に副作用のリスクがあります

プロペシアを購入するとき頭に入れておきたいのが、副作用の危険性です。日本国内では医師からの処方が必要とされているのも、この薬の副作用のためです。

  1. 性欲減退
  2. 勃起不全(インポテンツ)
  3. 精子の減少
  4. その他(発疹、頭痛、腹痛、肝機能の低下、動悸、排尿障害…など)

一般的なプロペシアの服用者であっても、その5%に上記のような副作用が生じたと報告されています。

また、妊娠中の女性が服用すると、胎内の胎児が男の子だった場合に異常をきたすリスクもあります。大変な事態を招かないためにも、服用可能な人が限られていることを肝に銘じておく必要があります。

個人輸入する際の注意点とは?

同じ効果が期待できるのなら、個人輸入での入手経路を利用したほうがコストダウンできるしお得と思えます。しかし、海外製の個人輸入ものを使用するうえでは、そこで生じるデメリットも肝に銘じておく必要があるでしょう。

偽物をつかんで泣き寝入りしたケースも……

海外からプロペシアを個人輸入することは違法ではありませんが、副作用が生じるリスクがあるのは事実。はじめてプロペシアを試そうという人にはおすすめできません。

”すべてが自己責任”であることを覚えておいてください

個人輸入は医師による処方ではないので、副作用が出ても”自己責任”です。<医薬品副作用被害救済制度>の対象外となってしまいます。もしも副作用で後遺症が残ってしまったとしても、国は手を差し伸べてくれません。そのため副作用が万が一起こってしまった場合の不安を考えるのであれば、専門医の診察を受けてルートに従ったやり方をとって処方や治療を進めるほうがよいと考えられます。

偽物だったときに対処しきれますか?

もちろん個人取引だから、オークションでの被害のように偽物をつかまされることもあるでしょう。相手が海外在住だとすると、被害届の出し方から悩んでしまいそうです。個人輸入店によっては独自で成分鑑定を行い販売していますが、全てがそうとは言い切れないのが現状です。

プロペシアなどの海外製品を個人輸入するのは、国内製品をネット通販で購入するのと手続きが少し異なります。はじめて個人輸入をする人は、次の点に気を付けてください。

  • 1万円を超える商品には関税が発生する。
  • 個人輸入では商品の発送先を自宅しか認めていない代行業者もある。
  • 代行業者が特定商取引法を遵守(代表者、住所、電話番号などを明記)しているか必ずチェック。
  • 海外入手のプロペシアは国内で処方されるものと異なり、品質が保障されているわけではない。
個人輸入代行は違法の事実

ネットの通販サイトを通じて、一般の商品と同じように手軽に医薬品を購入できるサービス、じつは違法に当たります。厚生労働省のHPにも<日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは違法です>との記載があるのです。知らず知らずに違法の罠にはまらないように気をつけて行動するべきでしょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集