M字ハゲ男性向け育毛法

M字ハゲ~男性の薄毛タイプ~

M字ハゲ

M字ハゲってどんな状態のこと?

AGA(男性型脱毛症)の典型的なハゲの進行と言われるM字ハゲですが、額の左右に位置する髪の毛が少しずつ薄くなっていき、生え際が後退していきます。

見た目がアルファベットのMに見えることからM字ハゲと言われています。ある程度のM字ハゲは前髪で隠せますが、症状が進行すると髪を思わずかきあげたり、風が吹いたりすれば明らかな状態となります。M字ハゲを進行させたくないのであれば、髪を育成して対策をしたいところです。

M字ハゲの原因って何?

男性ホルモンが大きく影響していると言われていて、通常より多く分泌されることが原因で薄毛を促進します。

男性ホルモンが髪に与える薄毛の影響として次のような流れが存在します。

  1. テストステロン(男性ホルモンの一種)が毛乳頭細胞に入る
  2. 酵素である5αリアクターゼが発生しテストステロンと結びつく
  3. テストステロンがジヒドロテストロン(DHT)に変換される
  4. ジヒドロテストロンがレセプター(男性ホルモンの一種)と結合する
  5. 毛乳頭にこの結合した成分が作用することで抜け毛を促進し薄毛になる。

という流れなのです。

男性ホルモンの分泌を抑える為に

M字ハゲの対策に打ち出すためには、原因と言われる男性ホルモンの過剰分泌などを抑制したいところです。そのためには、なるべく活性化されないよう根本的に体質改善を行うようにしましょう。

体質改善に効果的なコト

  • なるべく感情起伏を起こさない・興奮しない
    感情は男性ホルモンが活性化したり過剰分泌を起こす原因になっているようです。波を荒立てないように心がけて生活を送ることで、自然とM字ハゲの抑制に繋がるかもしれません。
  • 睡眠を十分とり早寝を心がける
    男性ホルモンは、深夜に多く分泌されることがわかっています。特に夜10時~深夜2時は成長ホルモンが活性化する時間帯で、睡眠中に身体の中ではダメージ修復や回復などが行なわれています。仕事がハードだったり不規則な時間帯の仕事の場合、なかなか夜に寝るのは難しいかもしれませんが、なるべくこの時間帯に睡眠をとれるようにつとめたいものです。
  • 大豆製品である豆腐や豆乳、納豆などを摂取する
    女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがある大豆イソフラボンは、男性ホルモン・テストステロンの濃度を下げる効果があります。他にも血管拡張作用や骨の成分調整などが期待できます。大豆製品は他にも味噌や醤油などがあり、欧米化された食事よりも和食が好ましいということが言えます。
  • 飲み物に緑茶を加える
    緑茶には男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの分泌を抑える働きが見られます。ジヒドロテストステロンは、体内の5αリダクターゼとテストステロンの結びつきで変化した男性ホルモンの形です。また緑茶に含まれているカフェインは発汗作用や利尿作用がありますから、ジヒドロテストステロンを体外に排出して抜け毛や薄毛に働きかけます。

M字ハゲを改善するために

生活習慣を改善してみましょう

根本から改善させるには、男性ホルモンの分泌を抑制する対策を打ち出す以外にも日々の生活習慣を改善することは大切です。複数のことを実践することで相乗効果も得られますから、まずは自分でできることを試してみると良いでしょう。

まず規則正しい生活を送り、適度な運動を行い、栄養バランスを考えた食事の摂取を心がけてみてください。他にも、タバコの本数を減らしたり禁酒の日を作ってみたり、頭皮に刺激が少ないシャンプーでしっかりと洗うことも大切です。

生活習慣を変えるのは、日々のルーティーンに手を入れるため、当たり前の行動が制限されてしまい大変難しいもの。けれど、一つひとつ取り組むことで少しずつ変えた新しい習慣がルーティーンになっていくはずです。改善できるかできないかは、あなたの心構え一つといえるでしょう。

専門の医療機関を受診して相談しましょう

M字ハゲの場合、AGA(男性型脱毛症)専門のクリニックや専門外来を受診するのが一般的です。専門病院なので、臆せずに通いやすいはずです。それに医師らも経験豊富な専門家ですから、安心して相談しやすい場となるでしょう。

AGAではないM字ハゲは、皮膚科での治療もOK

もしM字ハゲの原因がAGAではなく脂漏性脱毛症など頭皮トラブルによるものの場合は、皮膚科による治療も可能です。皮膚科ではステロイド剤などを用いて治療を行なっていきます。

薬を使用してみよう

生活改善で効果が見られない場合は、薬を使ってみることも有効です。とくにM字ハゲは男性ホルモンの影響が強く出るため、薬の効果が有効に働きやすいのです。

有効とされる成分としてフィナステリドやミノキシジルなどがあげられます。フィナステリドは5αリアクターゼの分泌を抑制するので、薄毛を促進するジヒドロテストロンの生産抑制に繋がります。また、ミノキシジルは血管拡張剤の一種で毛細血管の拡張に役立つため、毛根が活性化されて発毛を促進するのです。

副作用などが出る場合もないとは言えませんから、自分にあったものを使用することが大事です。

 

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集