アボダートの働きや副作用育毛剤の種類

プロペシアよりAGAに効果的なアボダートとは

アボダートの働きや副作用

薄毛に悩む方は、様々な種類の育毛剤を比較しているのではないでしょうか。信頼性の高い育毛剤であるプロペシアより効果的といわれているのがアボダートです。利用を検討している方は、その働きと注意点を確認しておきましょう。アボダートについて解説いたします。

アボダートはプロペシアの1.5倍の働き

アボダートは、高い育毛効果で注目を集めつつある育毛剤です。具体的に、どのよう働きを期待できるのでしょうか。

デュタステリドが主成分

AGAに効果的な有効成分として、ミノキシジルやフィナステリドを思い浮かべる方が多いはずです。アボダードにもこれらの成分が配合されていると思われがちですが、アボダードにこれらの成分は配合されていません。アボダードの主成分は、デュタステリドです。この成分には、どのような働きが期待できるのでしょうか。

脱毛誘引酵素の5αリダクターゼ抑制

デュタステリドの主な働きは、5αリダクターゼを阻害することです。AGAで髪の毛が抜ける原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに変換されて毛包のレセプターと結びつくことです。アボダートは、5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロンの生成を防ぐことで抜け毛を防ぐ育毛剤なのです。この働きはプロペシアなどに配合されているフィナステリドと同じです。

デュタステリドとフィナステリドにはいくつかの違いがあります。5αリダクターゼの2型のみを阻害するフィナステリドに対し、デュタステリドは5αリダクターゼの1型、2型を阻害します。また、フィナステリドは頭頂部や前頭部の脱毛を抑えるのに対し、デュタステリドは頭頂部や前頭部、側頭部、後頭部の脱毛も抑えるといわれています。つまり、デュタステリドにはフィナステリドより強力な育毛効果があると考えられているのです。デュタステリドの発毛効果は、プロペシア(フィナステリド)の1.5~1.6倍といわれています。

プロペシアの半分量で効果を発揮

アボダードの用法は、決まった時間に1回1カプセルを1日1回服用するだけです。成分が異なるので単純に比較できませんが、プロペシア1錠にはフィナステリド1㎎、アボダート1カプセルにはデュタステリド0.5㎎が配合されています。半分の配合量で充分な効果を期待できる点からも、デュタステリドの育毛効果の高さが想像できます。アボダードはAGA治療に効果的な育毛剤といえるでしょう。

イギリス発のアメリカFDA認可済みの育毛剤

高い育毛効果が期待できるので、アボダードに興味を持った方は多いはずです。アボダードとはどのような薬なのでしょうか。さらに詳しく見ていきましょう。

もともとは前立腺肥大症治療薬として開発

アボダートは英国発、米国FDA認可アボダードは、イギリスのグラクソ・スミスクラインが製造・販売している薬です。現在では、世界85カ国で処方されています。育毛剤として知名度を高めつつありますが、もともとは前立腺肥大症治療薬として開発されました。この目的でアメリカFDAの認可を受けています

アボダードが育毛剤として利用されている理由は、有効成分・デュタステリドに発毛効果があるとわかったからです。韓国では、2009年にAGA治療薬として認可を受けています。このことからわかる通り、世界では前立腺肥大症とAGAの治療薬として活用されているのです。

日本でも前立腺肥大症治療薬として認可

アボダードは日本でも前立腺肥大症治療薬として認可を受けています。ただし、薬の名前はアボダードではなくアボブルです。名前は異なりますがふたつは同じ薬です。日本では、グラクソ・スミスクラインと大鵬薬品工業が共同販売をしています。大鵬薬品工業がかかわっている理由は、日本国内の泌尿器科領域において十分な経験と実績があるからといわれています。

残念ながら、日本国内ではアボダード(アボブル)はAGA治療薬として認可を受けていません。しかし、2015年9月にデュタステリドを主成分とするザガーロがAGA治療薬として認可を受けました。アボダードやアボブルをAGA治療薬として利用したい方は、ザガーロを処方してもらうとよいかもしれません。

副作用の発症率は5%未満

アボダードの利用を検討すると副作用が気になるはずです。アボダードにはどのような副作用があるのでしょうか。

性欲減退、勃起不全、乳房痛

アボダードの服用で気を付けたい副作用が、性欲減退・勃起不全・乳房痛などです。プロペシア(フィナステリド)と同じく5αリダクターゼを阻害する育毛剤なので、プロペシア(フィナステリド)とよく似た副作用の恐れがあります。

プロペシアより強力も、副作用のリスク報告はなし

プロペシアより育毛効果が高いと、副作用のリスクが心配になりますよね。より高い確率で副作用が現れると思いきやアボダードは副作用が起こりにくいと考えられています。日本国内で行われた臨床試験によると性欲減退が起きる可能性は1.7%、勃起不全が起きる確率は3.2%、乳房痛が起きる確率は1.5%です。5%未満の発症率なので、基本的には安全に利用できる育毛剤と考えられています。

前立腺がん検査を受けるときは注意

前立腺がん検査を受ける方は、検査前にアボダードを服用していることを医師に報告しましょう。デュタステリドにPSA値を50%引き下げる働きがあるからです。正確な検査ができなくなるのでこの点には注意が必要です。

女性は服用できません

アボダードを利用するにあたり気を付けたいポイントが、服用できない方がいることです。具体的には、女性、妊婦、授乳婦、肝機能障害のある人は服用することができません。当てはまる方は医師に相談しましょう。

医薬品副作用被害救済制度を受けられないのでご注意を

日本国内でアボダードを入手するには、病院を受診して医師から処方箋を発行してもらう必要があります。医師の管理のもと安全に利用できますが、受診が面倒、コストが気になるなど感じる方が多いはずです。これらの方に利用されているのが個人輸入です。

個人輸入を利用すれば、お手軽にアボダードを入手することができます。ただし、購入できる錠数などに制限が加わります。また、海外で販売されている医薬品には偽造品が混ざっているといわれています。偽造品の中には、有効成分が含まれないものや健康被害をもたらすものがあります。個人で見抜くことは難しいので十分な注意が必要です。

個人輸入を利用するときに気を付けたいのが、医薬品副作用被害救済制度を利用できないことです。医薬品副作用被害救済制度は、国内で処方された薬を正しく用いて起きた副作用に対し医療費や年金などを給付してくれる制度です。この制度を利用できないので、個人輸入した薬で起きた副作用の治療費などは自己負担になります。個人輸入には一定のリスクがあることを理解したうえで利用しましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集