AGAの遺伝するしくみAGA(男性型脱毛症)

AGAになりやすい原因を持っている人とは?

AGAが遺伝するしくみ

AGAの主な原因は遺伝だと言われており、そのために諦めてしまっている方もいると思います。確かに、根本的な要因は遺伝的な要素が多いですが、実際にはどういった部分が遺伝的なものであるのかを理解すれば、正しく対策してAGAの発症を遅らせることができる可能性は十分にあります。AGAの原因と遺伝について解説していきます。

AGAになりやすいのは、遺伝要素を持っている人

AGAは遺伝します。正確には、AGAになりやすい性質が遺伝します。では、そのAGAになりやすい性質とは何でしょうか。AGAの発症メカニズムをもとに解説します。

薄毛の遺伝子条件、2つが揃うと確率高まる

AGAの素質は2つ、「アンドロゲン受容体の感度の高さ」と「5αリダクターゼの活性度の高さ」です。この2つの条件がそろうと、残念ながら薄毛になる確率が非常に高いと言われています。なぜAGAになりやすい性質なのかは、AGAの発症メカニズムを知れば明らかです。それを説明しましょう。

AGAで髪の毛が抜けるメカニズムを確認

まずAGAが発症している毛髪がどういう状態なのかというと、それは「毛髪が早い段階で成長を止めて脱毛する」という「脱毛状態」です。こんな状態になっているため、髪の毛は痩せて細くなり、抜け毛が多くなって、遂には生えなくなってしまうわけです。

アンドロゲン受容体とDHTの結合がポイントです

この脱毛状態は、毛乳頭にある「アンドロゲン受容体」に、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が結合したときに起きます。毛乳頭はこの結合が起こると、それまで毛母細胞へ送っていた増殖指令を止めてしまうのです。そのため、「アンドロゲン受容体の感度(結合されやすさ)の高さ」というのが、AGAを発症しやすい素質のひとつになるわけです。

テストステロンが多いからといって、必ず禿げはしません

このアンドロゲン受容体に結合する「ジヒドロテストステロン」というのは、男性ホルモン(テストステロン)から生成されるものです。そのため、一般的に「男性ホルモン(テストステロン)」が多い人は薄毛になりやすいと言われています。しかし、テストステロンの多い人(体毛が濃い方など)が必ず禿げているわけではないことはご存じの通りです。つまり、テストステロンの多さが、直接ジヒドロテストステロンの多さにつながるわけではないということになります。

※テストステロンは男性らしさのために必要なホルモンで、これが多い人は体毛が濃く、筋肉質で男性らしい身体と精神を持っています。男性にとって非常に重要なもので、テストステロンの分泌が少なくなると身体や精神に不調をきたし、女性化現象を起こすこともあります。(女性でもわずかに分泌されており、女性のアンチエイジングに重要なものだと言われています)

AGAを招くDHT、5αリダクターゼ酵素の活性度で量が決まる

ジヒドロテストステロンの多さに関与しているのは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変える「5αリダクターゼ」という酵素の活性度です。この酵素が活発に働くことで、テストステロンの分泌が少なくても必要以上にジヒドロテストステロンの数が多くなり、AGAが発症しやすくなるわけです。そのため、「5αリダクターゼの活性度の高さ」がAGAになりやすい素質と言われるのです。

父方ではなく母親からの遺伝が大きな原因

母方祖父から遺伝するAGA伝的要因として、「アンドロゲン受容体の感度の高さ」と「5αリダクターゼの活性度の高さ」という2つの要因があることを理解いただけたかと思います。では、その要因はどう遺伝するのでしょうか。

一般的に薄毛の遺伝を考えるとき、父親や祖父のことを思い浮かべることが多いでしょう。「隔世遺伝なのでおじいちゃんが禿げていると禿げる」などという話もあります。しかし、父方からの遺伝というのは、正解とは言い切れません。むしろ、母方の髪に注目しなければならないのです。

AGAを引き起こすアンドロゲン受容体はX染色体に存在

ここで、少し話はそれますが、遺伝について説明したいと思います。

遺伝子は染色体上にあり、染色体にはX染色体とY染色体があります。男性はXYという組み合わせで染色体を持っており、女性はXXという組み合わせで染色体を持っています。

そしてその子供は、父と母から約半分ずつの遺伝子を受け継ぎます。つまり、両親それぞれの染色体をバラして、父親と母親からのひとつずつを組み合わせた一組の染色体を持つ子供ができるわけです。

話をAGAに戻すと、「アンドロゲン受容体の感度を高める」遺伝子は、X染色体にあります。また、この遺伝子にはもう一方の染色体がY染色体か、X染色体の場合は同じ資質の遺伝子を持っているときのみ発現するという性質があります。

父親のみの保有染色体だと発症しない

そのため、この遺伝子を持っているのが父親のみだった場合、男の子がこの遺伝子を受け継ぐことは、ほぼありません(父親のX染色体を受け継ぐのは、理論上女の子だけです)。もちろん、女の子の場合は受け継ぎますが、母親から受け継ぐ染色体に同じ遺伝子がないため、発現することはありません。つまり、母親がこの遺伝子を持っていた場合のみ、男の子に受け継がれ、受け継がれたのが男の子の遺伝子は確実に発現することになるのです。

母方祖父が薄毛のときは、早めの育毛対策を

ここから考えると、父親や父方の祖父が薄毛かどうかではなく、母方の祖父が薄毛だった場合に、(母親がこの遺伝子を持っている可能性がありますので、)意識して対策しなければいけないということが分かるでしょう。

なお、ジヒドロテストステロンが存在しない人はいないため、この「アンドロゲン受容体の感度を高める」遺伝子を受け継いだ男性は、AGAになる可能性が非常に高くなってしまいます。

ちなみに、この理屈でいくと、両親がこの遺伝子を持っている場合、女性は必ずAGAになる可能性が大きくなります。確かに女性でもこの遺伝子が発現していることはありますが、そもそも男性ホルモンが少ないためジヒドロテストステロンがわずかしかなく、また女性ホルモンという脱毛に対する強力な抑制因子がありますので、AGAの発症は稀なのです。

5αリダクターゼの活性の高さもAGAにつながる

もうひとつの要因遺伝子「5αリダクターゼの活性度の高さ」はどうでしょうか。残念ながらこの遺伝子は、活性度の高い側の遺伝子が受け継がれる確率が高くなっています。
そのため、両親のどちらかに薄毛の方がいた場合は、ほぼ確実にこの遺伝子を受け継いでいると考えたほうがいいでしょう。

遺伝要素以外のAGAをもたらす原因とは

もちろん、AGAの要因は遺伝だけではありません。もし上述した要因遺伝子を受け継いでいなくても、AGAになることは十分にあるのです。むしろ、遺伝ではなくこれらの他要因でAGAを発症している人は非常に多いのです。

生活習慣の乱れ

髪も身体の一部なのですから、喫煙、暴飲暴食、睡眠不足、偏った食事などは、十分にAGAの原因となります。特に喫煙は、毛細血管を縮めて髪に栄養や酸素が送られないようにしてしまうため、非常に厄介です。また、偏った食事では、そもそも髪が育たなくなってしまいます。

一般的に健康的な生活と呼ばれる生活をし、頭皮を健康な状態に保つよう、日々の洗髪などを積極的に行うことができれば、たとえ要因遺伝子を受け継いでいたとしても、AGAを予防することは可能なのです。

ストレス

いくら食事や生活習慣に気を付けていても、ストレスが溜まっていては、身体に異常をきたしてしまいます。また、ストレスが生活習慣を悪くすることも多々あることでしょう。そのため、ストレスもAGAの大きな要因のひとつとなります。

ストレスを完全に断つことはできませんし、適度なストレスは必要だとも言われています。ストレスが溜まったら、運動や趣味などで適度に発散し、溜め込まないようにすることも、AGAの発症を防ぐためには必要なことなのです。

AGAの上手な対策方法

AGAが、遺伝という強力な仕組みで発症することを説明してきました。これらの仕組みがあるため、もし要因遺伝子を受け継いでしまっていたら、残念ながら免れることはできません。しかし、それを知ったからこそ、上述した健康的な生活や頭皮ケアを行うことで、AGAの発症を遅らせることが十分に可能なのです。もし発症の痕跡を見つけてしまったとしても、現在では早期に対策することで改善できるようになっています。

育毛剤など育毛ケア商品の活用して

現在、育毛剤はもとより、育毛シャンプーや頭皮ケア商品など、市販の育毛ケア商品が数多く提供されています。それぞれに特徴があり、効果もそれぞれですが、自分の性質に合わせてそれらを使用することができれば、AGAの進行を抑えることは可能です。

医療機関の受診を

aga-cause02自分に合った育毛商品を使えば、AGAの進行を抑えることは可能です。しかし残念ながら、市販の育毛商品では進んでしまったAGAの改善は難しいと言えるでしょう。

ただ、AGAが進行してしまった方でも、まだ諦める必要はありません。今は昔と違い、AGAが正式な病気として認定されているので、AGA外来などきちんとした医療機関が存在しています。そこでは、発症メカニズムに則して医学的に正しい方法で治療が行われ、多くの場合でその効果が実証されているのです。

AGAは遺伝します。しかし現在では、正しく対策することで、多くの場合で発症を防いだり、進行を止めたり、治療したりすることができるのです。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集