若ハゲ男性向け育毛法

若ハゲ~男性の薄毛タイプ~

若ハゲ

若ハゲとはどんな状態?

ハゲという正式な定義は、怪我や病気などの身体的異常以外で髪の毛が生えてこない状態のことを言います。

このハゲと言われる状態になれば髪が上手く育成されず、硬いコシのある髪の毛になる前に成長が止まり、細くてコシのない弱々しい髪の毛が多くなります。

ふつうは、一つの毛穴から数本の髪が生えているけれど……

抜け毛が増え始めると、髪の毛が少なくなるのに合わせて密集していた髪の毛に隙間が目立ちだして気づくと薄毛度合いが高まっているのです。そして、通常なら毛穴から2本から5本生えていた髪の毛が、少なくなることで1本しか生えていない状態になります。

髪の毛自体も、最後まで育ちきらず成長途中で抜けてしまいます。そのため一本一本の髪の毛が短い状態ものが目に付きだすと、時期を経て産毛のような状態にまで退化していくことになるのです。

10代・20代で進行する薄毛が若ハゲ

このような状態になることをAGA(男性型脱毛症)と言い、男性の薄毛症状の95%を占めています。このAGAが10代や20代の若い世代のうちに発症し、進行していくことを”若年性脱毛症”と言い、これが一般的にいう若ハゲの状態になります。

若ハゲになる原因は?

若ハゲになる原因としていくつか理由が考えられます。発症する年代によって原因も様々ですが、多く考えられている原因は次の通りです。

男性ホルモンの影響・遺伝の影響

テストステロンという男性ホルモンは、男性の特徴であるヒゲや胸毛を促進すると同時に髪の毛の育成を妨げます。

テストステロンが問題なのではなく、前頭部や頭頂部に多く存在する酵素・5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまうのです。このジヒドロテストステロンと結合するたんぱく質の受容体の感受性が強いと薄毛が起こりやすいのですが、この感受性の強さは遺伝的な要素が強いと言われています。しかし、はっきりしたことはまだ分かっていないのが現状です。

髪の毛が豊富な男性より、若ハゲ男性の精子量が少ない!?

10代~30代の若年性脱毛症と髪の毛がふつうに生えている男性を比較調査した研究結果によれば、すでにハゲてしまっている男性のほうが精子量が60%も少なかったそうです。その明らかな原因は分かっていませんが、精巣で作られている男性ホルモンのテストステロンがAGAに関係している様子を見ると、全く無関係ではないでしょう。

生活環境や習慣の影響

若ハゲに影響する生活習慣とは食生活や睡眠時間などの生活スタイルはもちろん、普段運動量や喫煙量、ストレスが強い毎日かどうかなど人により様々。これらに共通して言えることは、生活スタイルが血液の流れに関わるということです。

栄養バランスがとりにくい外食で何も考えずに偏った食事ばかりを摂っていれば、体内に動物性脂肪が溜り血液の流れも悪くなります。当然髪の育成に必要な良質たんぱく質、ミネラル、ビタミンが不足すれば、抜け毛を促進させることになります。

睡眠は髪の毛にとって大切な時間です

また睡眠不足は髪の育成を妨げることになり、栄養が髪の毛まで届かなくなります。とくに帰宅時間が遅かったり寝る時間がまちまちだと、体内の働きが乱れてしまうのです。髪の毛に必要とされる成長ホルモンの働きは、夜10時~深夜2時までと決まった時間帯で活発に分泌が行なわれることがわかっています。そのため、この時間帯はなるべく身体を休めて、体内活動が行ないやすい環境を作っておきたいところですが、仕事や受験勉強などを行なっていれば、なかなか早めの就寝は困難かもしれません。

血行不良だけじゃない、髪に必要な栄養も失うのが喫煙です

喫煙やストレスは血管を収縮させることでやはり髪へ栄養が行き渡りにくくなることで薄毛の促進に繋がります。とくに喫煙は、ニコチンによる毛細血管の収縮だけではなく、髪の成長に大切なビタミンやミネラルといった栄養素の消費も増やしてしまいます。そのため、余計に髪の毛への栄養が届けられにくい環境を作ることになるのです。

飲酒量を間違えると、髪の毛に影響を与えかねません

また飲酒は喫煙ほどの悪影響はないにしても、過度の飲酒はお酒の糖分を過剰摂取することに繋がります。糖分は薄毛と関係しており、糖分が血中で脂肪に変わると過剰な皮脂分泌を引き起こすこととなってしまいます。過剰な皮脂分泌は頭皮の毛穴づまりを起こす角栓へと姿を変えて、抜け毛の原因をもたらします。

髪生成に必要な栄養素も消費するお酒

お酒を呑むと、肝臓で分解する際に有害物質・アセトアルデヒドを生成します。この有害物質を無害な状態に分解する上で必要となるのが、髪の毛の生成に必要なアミノ酸・システインなのです。なので、飲酒も髪の毛づくりに大きなハードルを設けてしまうことになるのは否めません。血流を促す程度の飲み方であれば問題ないとしても、若ハゲがきになるなら、なるべく髪の毛を意識して飲酒を心がけたいものです。

頭髪の洗い方が影響

若ハゲに気をつけたいシャンプーの仕方とは頭皮が洗髪時に綺麗に洗えていないことで不衛生な状態が続き、毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまい新しい髪が育成していくことの妨げになっていることがあります。

また、それとは逆に綺麗にしようと洗い過ぎて頭皮を傷つけてしまって炎症を起こしていたり、本来頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまっていることが原因で薄毛を促進することがあります。

若ハゲになってしまった原因は何かを知ることで、今後薄毛を促進しないよう予防や対策をすれば髪を元の状態に育成していくことも可能です。

まず正しい原因を知って自分で改善できることは改善し、治療法や育毛剤を対策として用いる場合は正しく使うようにしましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集