AGA治療の処方薬AGA(男性型脱毛症)

AGAを抑制する育毛成分はこれ

AGA治療の処方薬

AGA対策に効果のある育毛剤は、どんな成分が作用してその効果を発揮しているのでしょうか? またAGA対策として、どんな成分や効果を必要とし ているのでしょうか? ここでは、AGAの発症や進行を抑えるために有効な成分や、発毛や育毛に効果のある成分を解説していきます。

AGA治療は育毛剤や育毛シャンプーだけでは困難

現在、多くの育毛剤が存在していますが、ことAGAにおいては決定的に効果のある育毛剤がほとんどありません。多少効果のあるものでも、AGAを押さえつけて治療までできるものはなかなかないのが現状です。(もちろんAGAの初期段階であれば、治療できる可能性は十分にあります)

AGAを抑制して治療まで行うためには、やはり専門外来に頼るのがもっとも確実な方法なのです。

AGAを抑制する専門の治療薬とは

専門外来では、基本的には外科的な処置ではなく内科的な処置、つまり処方薬による処置が行われます。そこで使われる薬について、説明しましょう。

5αリダクターゼ阻害の「フィナステリド」成分、いくつモノ育毛薬に処方

プロペシアやフィンペシア、フィンカーといった名称の処方薬に含まれている成分です。もともとは前立腺肥大症の治療薬として臨床試験が行われていましたが、被験者の中に発毛効果が現れたため、AGA治療薬として発売されました。

フィナステリドがAGAの天敵、DHTを増やさない

AGAは、毛乳頭にDHT(ジヒドロテストステロン)という「活性化した男性ホルモン」が結合し、毛髪の成長が止まってしまうために起こります。そのため、DHTは脱毛ホルモンと揶揄されるほど嫌われているのです。

DHTは、男性ホルモンに5αリダクターゼという酵素が作用することで生成されることが分かっています。(男性ホルモンがDHTに変わる)フィナステリドは、こ のDHTが生成されるときに必要な5αリダクターゼという酵素の働きを阻害することができるのです。そのため、AGAの根本原因であるDHTを増やさず、 量を下げられますので、結果としてAGAの進行を止めたり、発症を抑えたりすることができるのです。

働きかけは気長に。1年から3年の継続した服用が功を奏します

ただし、フィナステリドの効果が現れてくるのには、最低でも半年はかかると言われており、実際の効果を実感するまでには、1年から3年は継続して服用する必要があります。また、可能性は低いな がらも、勃起不全などの男性機能低下、じんましんなどの副作用が起こるという報告もありますので、気をつけなければいけません。

なお、国内の臨床試験では、フィナステリドを3年間服用した人の70%から80%の方に改善傾向が見られたという報告があります。つまり、しっかりと服用を継続すれば、フィナステリドによってAGAの発症や進行停止が期待できるということなのです。

「ミノキシジル」は、高血圧症治療の副作用で育毛効果発見

日本で初めて厚生労働省に認可された育毛剤として一世を風靡した、「リアップ」に含まれている発毛成分です。現在では多くの育毛剤に配合されています。

もともとは高血圧症の治療薬として使われていたもので、血管を拡張して血圧を下げる効果がありました。しかし利用者の中から発毛効果が報告されるようになり、発毛剤としても注目されるようになりました。

血管拡張作用で頭皮の栄養状態にアプローチ

ミノキシジルを頭皮に塗布することで、その血管拡張作用によって頭皮の毛細血管の血流が良くなり、毛母細胞へ送られる栄養や酸素の量が増えることで、毛母細胞の増殖が促進されるため、発毛効果が期待できます。ただし、AGAが進行してしまって弱っている毛母細胞の場合は増殖する力がないため、いくら栄養素を送っても、あまり効果が期待できないかもしれません。

低血圧の人は血圧が下がりすぎる面に気をつけて

ミノキシジルは低血圧の人に危険なお血圧を下げる効果があるため、低血圧の場合は血圧が下がりすぎる危険性があります。ですので、使用前に医師の診断を受けたほうが良いでしょう。また、その他にもじんましんやかゆみなどの副作用が報告されていますの で、用法用量に気をつけ、異常があればすぐに医療機関へ相談しましょう。

「パントスチン」は抜け毛抑制

あまりメジャーではありませんが、AGA予防に効果があると期待されている外用薬です。頭皮に塗布することで、抜け毛予防に効果があります。

有効成分のアルファトラジオールが、フィナステリドと同じように5αリダクターゼの働きを抑えることができますので、AGAの根本原因であるDHTの生成を妨げることができ、それが抜け毛の抑制につながったのです。

副作用も起きにくく、女性患者も使用

なお、アルファトラジオールはフィナステリドよりも5αリダクターゼを抑制する作用がマイルドになっており、その分効果が少し弱めです。その代わりに副作用が起きにくく、起きたとしても症状が軽くなっているのです。そのためパントスチンはフィナステリドと違って、女性のAGA患者にも使用されていま す。(女性にも少しですが男性ホルモンや5αリダクターゼは存在しますので、当然女性版AGAの可能性はあります。しかし、男性ホルモンの量が少なく、またそも そも女性ホルモンがAGAを防ぐ方向に効果を発揮するため、女性のAGAはあまり多くありません)

専門外来での処方薬。安心して使用できます

これらの治療薬は、基本的に専門外来で処方してもらうことができます。もちろん、診察などの面倒さはあるかもしれませんが、そうすることで、上記にあるような副作用についてもきちんと説明を受 け、用法や用量についてもしっかり説明されますので、リスクを最小限まで低めた上で、発毛や育毛の効果を最大限に高めることができるでしょう。

処方薬の組み合わせで、効果の相乗効果に期待も!

また、気が付いている方もいると思いますが、上記の治療薬を組み合わせることで、発毛に対する相乗効果が十分に期待できるのです。例えば、パントスチンとミノキシジルを組み合わせれば、AGAの進行を止めると同時に発毛促進ができるのです。具体的には、パントスチンがDHTの生成を抑えて毛母細胞へのダメージを防ぎます。次にミノキシジルが頭皮の毛細血管を広げて血行を良くし、毛母細胞の増殖を促すことができるでしょう。そうすることで、抜け毛を防いだ上で髪を育てて増やすことができるのです。

AGAにアプローチする栄養素もあります

処方薬には副作用の可能性があるし、相応のお金もかかる、という点がネックになって、AGA治療に二の足を踏んでいる方もいると思います。そんな方々には、天然成分のサプリメ ントなどを活用したAGA対策をおオススメします。ただし、これらサプリメントでは、処方薬ほどの劇的な効果は期待できません。効果が現れるまで長い期間継続し、併せてバランスの取れた食事など規則正しい生活も不可欠です。

「亜鉛」は、髪の毛成分ケラチン生成に必須

粘膜の再生や、味覚を正常に保つために必要なミ ネラルとして有名ですが、実は髪の毛の成分のほとんどを占めているケラチンの生成に必要な栄養素です。また、(フィナステリドほどの効果はありません が、)亜鉛には5αリダクターゼの働きを抑制する効果がありますので、積極的に摂取することでAGA予防が期待できます。

フィナステリド同等の効果、5αリダクターゼ抑制の「ノコギリヤシ」

聞き慣れない方もいるかもしれませんが、サプリメント界ではよく聞く栄養素で、頻尿予防に効果があると言われています。また、前立腺肥大症に対する効果も報告されています。

つまり、ノコギリヤシにもフィナステリドと同様の効果が期待できるということです。事実、ノコギリヤシにはフィナステリドと同等の5αリダクターゼ抑制作用があると言われており、市販の育毛剤の多くに配合されています。

亜鉛+ノコギリヤシの組み合わせでも相乗効果を期待

亜鉛とノコギリヤシについても、組み合わせることで相乗効果を期待できます。サプリメントでAGA対策をするのであれば、ぜひ組み合わせて服用することをオススメします。当然、飲み合わせの問題などはありません。

なお、サプリメントといえども大量摂取すれば副作用が生じます。常識的な量であれば、多くの場合問題はありませんが、お気をつけください。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集