海藻育毛の基礎知識

ワカメやひじきの育毛効果はウソ?ホント?

海藻

「海草を食べると育毛効果がある?」

こんな話を聞いたり、話したことがある人は多いと思います。でもこの話って本当なのでしょうか。

残念ながら、ウソです

この話は、医学的な根拠はなく(もちろんミネラルやビタミンは髪の毛に悪い成分ではありません)、毎日ワカメを食べたからといって、薄毛が改善される可能性はほぼないと言っていいでしょう。

海藻類に含まれる成分

髪の毛は主成分はたんぱく質でできていますが、ワカメやひじきなどの海藻をたくさん食べれば、髪を育成することにどう関連するのでしょうか。

海藻に多く含まれる成分であるミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養素が直接髪の育成を劇的に助けるということはありません。

そもそも食品から摂る栄養素が髪の毛まで行き届くのもごくわずかとされています。

ワカメなどに含まれる成分で髪にいいとされるものもある

ワカメなどの海藻類にたくさん含まれる成分としてヨウ素があります。

ヨウ素は確かに少なからず育毛効果をもたらす

ワカメ

このヨウ素はミネラルの一種なのですが、このヨウ素を摂取すると体内の甲状腺の動きが高まります。ヨウ素の含有量は、例えば乾燥ワカメの場合100グラムあたり約7000mg、乾燥ひじきだと約2000mg含まれていて海藻類には豊富に含まれている成分なのです。

このヨウ素の働きが髪にとって、少なからず育毛効果をもたらすことになる理由は、体内の甲状腺を活発に働かせることで体内に取り入れた栄養素を吸収し代謝させやすくするからです。

甲状腺が低下すれば髪の毛も艶がなくなりぱさぱさに乾燥し、脱毛しやすくなります。

本来育毛効果のある栄養素とは

髪を育成させるのに必要とされる成分は、髪の毛自体の主成分であるたんぱく質と言えますので、大豆食品に含まれる植物性たんぱく質や魚の動物性たんぱく質などが髪には良いということです。

他に関係する栄養素としては、頭皮の新陳代謝を促進したり皮脂の分泌の抑制をしてくれるビタミンB2やB6、他にもビタミンA、亜鉛、鉄、カルシウムなどもそういった部分では良いとされています。

海藻類が髪の育成を助けるという話はこの部分からも来ているのかもしれませんね。

ヨードも髪の育成を助ける

また、海藻類にはヨードという成分が入っているのですが、このヨードは血行を促進する作用があります。こういった面では髪の育成に良いとされています。

ですから元気でハリや艶のある髪の毛を育てる為に効果がある栄養素を摂取するには量質なたんぱく質を摂ることです。たんぱく質は18種類のアミノ酸の複合体ですからバランスよく摂るようにしましょう。

髪に良い成分でも過剰摂取は良くない?

いずれにせよ同じ成分を過剰に摂取することは良くありません

ヨウ素を積極的に摂り入れ甲状腺の働きを活発化させすぎれば、髪の毛は細くなってコシのないやわらかく抜けやすい髪質になります。

一つを単体で過剰に摂取しようとしないで、他の栄養素を複合して摂取することで相乗効果が得られ結果として髪に育成効果をもたらします。

例えばたんぱく質とヨウ素を一緒に摂取するほうが育毛効果は高まりますから、それぞれの成分のバランスを維持しながら摂取するように心がけるようにしましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集