ジャンクフード育毛の基礎知識

薄毛対策の敵!抜け毛が増える食べ物って何?

ジャンクフード

塩分が強く塩辛い食べ物

塩分が強い食べ物は髪の毛だけでなく、動脈硬化を引き起こし高血圧の原因になるなど元々身体にもよくありません。

頭皮の老化を早めてしまい、抜け毛を促進してしまう可能性が大きいです。

理由としては、例えば塩を傷口に擦り込むと痛みが増したり、口内炎などができると塩分に過敏に反応してしまい食事が摂りずらくなります。

これは塩が知覚神経へ強い刺激作用を持っているということを意味しており、知覚神経が適度に刺激されればCGRPという物質を放出します。この物質の放出は、IGF-1というアンチエイジングに大きな効果があるとされている体内物質を作り出すことに繋がるわけですが、このIGF-1がたくさん作り出されればヘアサイクルの周期が整い抜け毛や薄毛の予防はもちろん、育毛効果が期待できるのです。

しかし塩分が強すぎた場合、CGRPが放出されつくしてしまい、IGF-1を作ることが出来なくなります。その結果神経細胞は死滅してしまい抜け毛は進行しやすくなり薄毛を促進することになるのです。

塩分が高い食べ物

  • カップ麺などのインスタント食品
  • ポテトチップスなどのスナック菓子

ポテトチップス

動物性脂肪

たくさん摂取すると血液の中のコレステロールが多くなり、血流が悪化することは言うまでもありませんが、毛根は毛細血管を通ってきた血液から栄養分を毛根部にある毛母細胞へ補給しているため血流が悪くなると栄養分を吸収できなくなります。

毛母細胞は髪の成長の為の細胞分裂を繰り返し行っていますが、栄養や酸素が摂り入れられなくなるとその働きが衰えます。

結果として、髪が成長できなくなり、抜け毛を促進してしまうことになるのです。

また、脂肪分をたくさん摂取することによって皮脂分泌が過剰に行われてしまい、毛穴そのものを詰まらせる原因となります。

毛穴が詰まると頭皮の炎症を引き起こしたり、髪の頭皮への固着率も弱まるため抜け毛を促進する結果へ繋がってしまいます。洋食は動物性脂肪が多い食事になりますから和食のほうが良いといえます。

動物性脂肪を多く含む食べ物

  • バターやチーズ
  • 肉類

卵とバター

刺激が強い食べ物

唐辛子刺激が強いことが原因で皮脂腺の皮脂の分泌が活発に行われることになり、頭皮自体が脂っぽくなります。

皮脂が異常分泌することで老廃物や雑菌と合わさって固脂と変化し、毛穴の開口部から毛包を埋め尽くしてしまい髪の成長を妨げたり抜け毛を促進することになります。

また、皮脂腺から降りて毛球に沈着し過酸化した皮脂が髪の育成を邪魔する場合もあります。ですから刺激が強い食べ物は過剰に摂取しないように気をつけましょう。

刺激が強い食べ物

  • 唐辛子などの辛いもの
  • コーヒー
  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集