シャンプー女性の抜け毛対策

薄毛&抜け毛の女性が気をつけたいシャンプー成分

シャンプー

薄毛に悩む女性に大敵な成分って?

シャンプーノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーなど様々な種類のシャンプーが販売されていますが、中でも「合成界面活性剤」が入ったシャンプーは高い洗浄力に作られています。

しかし洗浄力が高いということは、頭皮や髪の毛が本来必要としているものまで落とし過ぎてしまう可能性もあるのです。

合成界面活性剤が薄毛に影響を及ぼす可能性も

とくに薄毛の人は、皮脂が過剰分泌することで頭皮がベタついてしまいます。そのため、できるだけ洗浄力に優れたシャンプーで、きれいさっぱり洗い流してしまいたいと考えがちですが、その考えは危険です。

合成界面活性剤入りのシャンプーでゴシゴシ洗うと、かえって薄毛を悪化させてしまうかもしれません。

脂っぽい頭皮だけど乾燥肌になっているかも?

ベタつく頭皮を触ると、過剰な皮脂分泌にばかり気を取らてしまいますが、頭皮の内側は乾燥している可能性があります。この肌状態はインナードライと言われており、頭皮の表面は皮脂が多いにもかかわらず、頭皮内部を見るとカサついた状態に。すると、いくらシャンプーで表面上の皮脂を取り除いても、過剰な皮脂分泌は収まりません。つまり、頭皮内部の乾燥状態こそケアしなければならないのです。

インナードライ肌は、頭皮をつまむとわかります

どうやってインナードライ状態を見分けるかと言うと、頭皮を指先でつまめるかどうかがポイントになります。頭皮をつまめないと、それだけ頭皮が硬くなっているサインであり、インナードライ肌といえます。ほかにも、シャンプーの泡立ちがイマイチだったり、頭皮のにおいやフケが気になるほどだったり、頭皮のかゆみや髪の毛のパサつき加減もインナードライ肌のサインと言ってよいでしょう。

合成界面活性剤入りのシャンプーを使うと……

洗浄力が強い合成界面活性剤入りのシャンプーで皮脂を洗い落とすと、次のような影響が出ます。

頭皮はバリア機能を失ってしまう

皮脂が過剰に分泌しているからとの理由で合成界面活性剤入りのシャンプーを使って洗い流しすぎてしまうと、本来頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになります。前出したインナードライ肌のような状態だと、とくに皮脂分泌が治まるどころか乾燥肌を悪化させてしまいかねません。

皮脂は過剰分泌することに……

皮脂は、もともと頭皮を保護する役割を持っています。そのため、必要な皮脂まで落としてしまうと外の刺激から守ろうとする働きから、どんどん分泌するようになってしまいます。洗い落としすぎれば、結局また皮脂を過剰分泌させてしまうことになるのです。

頭皮の乾燥を招くことにも

そして皮脂を洗い落としすぎると、乾燥肌体質の人の場合、さらに頭皮の乾燥を招くことになります。その結果痒みやフケを増やす原因に。

タンパク質を変成させてしまう

合成界面活性剤はタンパク質を変性、つまり破壊してしまうのです。こうして質の悪い角質層ができることで、敏感肌になったり毛穴を塞いだりして炎症を起こしてしまいます。

浸透力が強く健康にも良くない成分

合成界面活性剤は化学成分なので、健康に良いとはお世辞にも言えない成分です。浸透力が強いため長年使用することで内蔵に蓄積してしまい、健康に良くないとも言われています。これは頭皮にも同じことです。

毛乳頭にも悪影響……

わずかながら皮膚を通って吸収されたことにより、髪を育成する毛乳頭の働きを弱らせてしまうこともあります。毛乳頭細胞は、発毛の指令を送るという育毛において大切な役割を担っているため、薄毛や抜け毛を気にしている人は特に使用のおすすめはできません。

なるべく避けたい合成界面活性剤の成分は?

数多くの種類がありますが、中でも「~硫酸」「~スルホン酸」「ラウリル~」「ラウレス~」と付く化学薬品によって作られた成分はできるだけ避けるようにしましょう。

若い頃は特に何も問題と感じなかった合成界面活性剤入りでも、年を重ねることで頭皮にダメージを与える可能性があります。しかし合成界面活性剤にもメリットはあります。

これだけ言っても、メリットだってあるんです

シャンプーそれはコストが安くて大量生産しやすいこと、泡立ちが良く洗いやすいといったことです。泡立たせた泡の中に汚れや皮脂を吸着し、洗い流すことで汚れを排除します。

合成界面活性剤は、石油系と天然系の2種類があり、製造過程で化学合成していれば天然成分が原料となっていてもそう呼びます。石油系は石油や高級アルコール系の成分から精製され、低コストで製造できるため商品価格もリーズナブルとなっています。いっぽう、天然系は自然にある成分を利用しているので頭皮や髪の毛に優しいのが特徴です。しかし原料が高いので高額商品となっています。中にはアミノ酸系シャンプーと言いながら石油系界面活性剤が使われているシャンプーもあるので注意しましょう。

ですから全てが悪いというわけではありません。ただ刺激が強いため、人の体に与える影響も大きくなるのです。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集