薄毛育毛の基礎知識

薄毛の原因による育毛方法の違い

薄毛

血液の循環が悪いことが原因で起こっている薄毛

ストレスによるもの

血液は食事や呼吸で体内に摂り入れられた栄養や酸素を各器官へ運ぶ役割がありますが、その血液の流れが悪くなれば当然髪にも影響があります。

毛乳頭は毛髪指令を出して毛細血管を通って運ばれてきた栄養や酸素を受け取り、毛母細胞分裂へ供給します。 しかも頭皮へ栄養が運ばれるのは、臓器など人間が生きていく為に必要な場所へ栄養供給がされ、余った分を頭皮へ運ぶので、血流が悪かっらり栄養が不足していると毛細血管から栄養が運ばれず、髪の育成どころか栄養失調で抜け毛や薄毛を引き起こしてしまいます。

>血流を良くする方法

まずストレスを溜めないようにしよう

ストレス

ストレスは、自律神経のバランスを崩してしまい血管の委縮を引き起こします。ストレスをためないようにするは、「質のよい睡眠を取る」ことや「有酸素運動などを行う」ことが効果的とされています。一日10分から20分程度の
ウォーキングやランニングを毎日行うだけで、ストレスは目に見えて減っていきます。

皮脂の分泌が異常に多いことで起こっている薄毛

生活習慣の乱れ等によるもの

頭皮の皮脂は皮膚の表面をコーティングして頭皮の水分の保有量を確保して、乾燥から守ったり皮膚常在菌の餌として役立つものですが、生活習慣が乱れていて偏った食事を続けていたり、脂っこいものばかり食べていれば頭皮の皮脂の分泌が異常に多くなります。

また、洗浄力が強いシャンプーでごしごしと洗いすぎて頭皮に残さなくてはいけない皮脂まで洗いとってしまうことで、皮脂がその不足分を補おうと過剰分泌してしまうこともあります。

食生活を改善しよう

食事

皮脂の異常分泌を防ぐためには、まず食生活を改善することが必要です。食の欧米化により揚げ物や肉類をメインにしたり、インスタント食品やファーストフードばかり食べていては皮脂が増える一方です。

大豆や野菜のビタミン類、海藻やキノコのミネラル成分などを意識し、積極的にバランスのよい食事を摂るように心がけましょう。

シャンプー選びも大事

また、洗浄力の強い石油系界面活性剤を使用したシャンプーなどは避け、私たちの肌と同じ成分である弱酸性のように、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶようにしましょう。

男性ホルモンが影響して起こっている薄毛

遺伝によるもの

遺伝が原因とされる薄毛の場合は、母方の遺伝子が大きく関係していると言われています。

母から受け継ぐX染色体にあるアンドロゲンという男性ホルモンの一種が大きく関わっているようですが、同じ両親から生まれた兄弟であってもどちらも必ず薄毛になっているわけではありません。

「どうせ遺伝だからどうせ薄毛になる」と、乱れた食生活のままで何も改善しなければ、薄毛はどんどん進行してしまい悲しい結果になってしまいます。

今は遺伝性の薄毛にも効くとされている育毛剤なども発売されていますし、AGAで医師の処方を受けることもできます。あきらめる前に実行してみましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集