白髪染め女性の抜け毛対策

白髪染めが抜け毛の原因になる?

白髪染め

長く白髪染めを使うと、抜け毛が増加するって本当?

白髪

白髪染めには白髪を黒く染めるだけの力があります。それだけ強い薬剤が含まれていますので、髪の毛にダメージを与えて抜け毛を促進してしまいそうな印象です。

しかし一般的に白髪染めが抜け毛に何らかの影響を与えることはないと言われています。抜け毛の理由に毛根が受けるダメージがあげられますが、白髪染めの薬剤に毛根までの影響力はありません。

毛根への影響なしとはいえ、使いすぎれば毒になる

市販されている白髪染めでも合わない場合は、その刺激によって頭皮がピリピリとした痛みを感じることはあります。中でも1液と2液を混ぜるタイプの白髪染めは、髪の毛の中にあるシスチンというタンパク質の分子を酸化状態にして切断します。そのため髪の毛の強度を低下させてしまうとも言われているのです。

白髪染め後の髪の毛は、キューティクルが開いて不安定な状態です

また、カラーリングを行なった後は髪の毛の表面でうろこ状に重なっているキューティクルが開いた状態になっています。すると、髪の毛の内部に備わっているたんぱく質や栄養素が流れ出てしまうことになるのです。結果的に髪の毛自体のパサつきが目立ち、一本一本の髪の毛を細くしてしまいます。

一度白髪を染めたからといって影響は出にくいかもしれません。しかし白髪染めは新しく生えたところに繰り返し使う必要があるため、ついでに既に染まっているところも染めようと頻繁に重ね塗りしていきます。その繰り返しが髪に刺激を与えてしまい、ダメージを蓄積させていくことになります。

おしゃれのヘアカラーリングに比べてダメージは弱いけれど……

白髪染めはファッションでオシャレにヘアカラーを楽しむカラーリングに比べると、髪の毛の色を落とす脱色、いわゆるブリーチをそこまで行なわないので、そのぶんダメージも抑えられるとは考えられています。しかし、その安心もダークカラーに限ったもの。明るめのライトな仕上がりを望む場合は、ブリーチもたくさん行なわなくてはなりません。そのため、髪の毛へのダメージも大きくなることを覚えておいたほうがよいでしょう。

白髪染めを使ってトラブルが出た時は?

例えば白髪染めを使った後に痒みや炎症が起きてしまった場合、抜け毛が起きる可能性はあります。これは使用した白髪染めがその人の頭皮に合っていないというサインでもあります。

こうしたトラブルや症状が出た場合、そのダメージは毛穴の奥深くへ伝わり結果的に脱毛を引き起こすことにもなります。ですから痒みや炎症を感じた際には、さらに大きなトラブルに発展してしまう前に使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

気になる薄毛や髪のダメージには、「カラートリートメントタイプ」がオススメ

カラートリートメントを白髪染めに用いれば、頭皮への影響をほぼ心配せずに白髪を染められ、若さを取り戻せます。 とくに髪のボリュームが足りていなかったり、薄毛によって地肌が透けた状態の場合は、できるだけ地肌や髪を傷めないものを使うことが望ましいです。トリートメントタイプのものなら、染めるだけでなく美髪成分の働きによって髪にハリをもたらせてくれます。

髪の毛を染めるだけで終わらず、美容成分によりさらに美しい髪の毛へと仕上げられるのは魅力です。一般的には2剤に分かれている市販の白髪染めを手にとってしまいがちですが、長い目で白髪や薄毛、抜け毛の起こる頭皮と付き合っていくと考えたなら、やさしい成分で仕上げられているトリートメントのほうが安心かもしれません。

どんなカラートリートメントを選んだらいい?

年齢が大きく影響している女性の薄毛や抜け毛には、将来まで見すえた白髪染めトリートメントを選びましょう。早い年齢の女性であれば、30代から白髪染めを行ないますし、40代では少しずつ増え始めてきます。ですから、使い出したら数十年と付き合っていく白髪染めのため、先に訪れるだそう髪の毛の状態を意識しながらエイジングケアのできる商品を選ぶのがベスト。

ダメージが少ない成分か、繰り返し使用しても安心か?

とくに気にしたいのが、髪の毛や頭皮にダメージを蓄積しない成分を用いているかどうか。白髪染めの成分によって、その影響は髪の毛や頭皮にあらわとなりますから、安心して繰り返し使用できる素材が望ましいでしょう。

トリートメント効果の面でも、理想的なものを選びたい

また、トリートメント効果で、髪の毛を美髪へと導く働きかけがあると、なお魅力的かもしれません。一般的に用いられる2剤タイプの場合は、髪の毛のキシみ感が当たり前のような状態で付いてまわりますから、手触りが自然体で滑らかな髪の毛に仕上がるトリートメント剤なら、白髪を染めながら美しい髪の毛を手に入れられると一石二鳥です。

長く愛用できそう?コスト面での理解もしっかり行なおう

そしてコスト面も外せません。トリートメントタイプは、日々、使用を続けなくてはなりません。ですから、お財布事情と相談して、継続しやすいものを選ぶ必要があります。無理せずに続けられるあなたにぴったりのトリートメントタイプ白髪染めは、きっとあるはずです。

白髪染めの歴史はまだ浅い

染める

実際のところ、白髪染めをずっと使い続けた場合に起こる臨床データが整っていないのが現状です。それは白髪染め自体の歴史がまだ浅いということが原因です。ですので頭皮や髪の毛にとって強い刺激を与える白髪染めを繰り返して何度も使用したり、あきらかに肌と合わないものを使用し続けると良くありません。

髪の土台になるのは頭皮。頭皮の環境が悪く、健康な状態でない場合は、薄毛を促進させてしまいかねません。 心配な場合は、できるだけ髪や頭皮に負担を掛けないものを選ぶようにするか、使用する頻度を下げるようにしましょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集