AGA界隈でもあった!レーザー治療AGA(男性型脱毛症)

AGAがレーザー治療できる! その内容とは

AGA界隈でもあった!レーザー治療

一部の育毛サロンなどで実施されているレーザーによる育毛治療は、日本ではあまり認知されておらず、まるで似非科学のような扱いを受けることもあります。しかし実際のところは、「実績のある治療」なのです。レーザー治療は、AGA治療先進国のアメリカの公的機関で認められており、高い治療実績を誇っています。ここでは、そんなAGAのレーザー治療について、メカニズムや効果を詳しく解説します。

先進医療! AGAのレーザー治療とは

日本のAGA治療の主流は、圧倒的に治療薬による投薬療法です。フィナステリドやミノキシジルなどの厚生労働省に認可された薬を使うことで、医学的な根拠に基づいて治療されます。確かにそれは、実際の効果もあり、多くの方の薄毛が改善しています。

しかし効果のある薄毛治療は、それだけではありません。

FDA認可が下りた米国で人気の発毛治療

アメリカのFDAという公的機関をご存知でしょうか? 日本語で「アメリカ食品医薬品局」と訳される、日本でいう厚生労働省のようなところで、日本語訳通り、食品や医薬品の安全性や効果を審査認定する機関です。そもそもAGA治療で使われているフィナステリドやミノキシジルも最初はFDAに認められたことから世界中に広がり、日本の厚生労働省でも認可されるまでに至ったのです。

低出力レーザー育毛機での育毛治療をFDAが認可

実は、低出力レーザー育毛機での治療によって髪を増やすことができたとされる臨床試験については、FDAが公式に確認、認可しています。つまり、低出力レーザーでのAGA治療、アメリカでは正式な医療行為として安全性と効果が認められているということになります。

もちろん、治療は至って簡単で、ただ光を当てるだけ(といっても、光の種類や距離、時間などの繊細な調整が必要です)なので、副作用もなく、安全かつ手軽な方法です。

臨床試験で93%もの育毛改善効果を発揮しています

AGAのレーザー治療、臨床試験で93%の育毛改善効果そのうえ、臨床試験では93%もの改善効果があったというのですから、人気にならないわけがありません。(フィナステリド系治療薬であるプロペシアの臨床試験の結果は8割ほどの改善ですので、レーザー育毛機の効果の高さが伺えます)

国内でも増えているレーザー育毛機による治療

アメリカで人気があり、実際に高い改善効果も確認されている治療方法が、日本に入ってこないわけがありません。そして実際に、低出力レーザー育毛機を輸入して施術しているところは、日本国内でも確実に増えてきています。

しかし残念ながら、日本ではまだまだ認知されておらず、いまだに高額な治療費をとるだけの詐欺まがいの治療だと思われている節もあります。

国内では主にサロンでのレーザー治療。高額で敷居が高め?

低出力レーザー育毛機を導入しているのは「育毛サロン」が多いのですが、そういった場所では「レーザー照射1回で○○○円」といった金額設定がされており、長期間の継続では非常に高額な治療費になってしまいます。また、安価な模造品のレーザー育毛機も多く出回っており、最適な光を最適な距離から最適な時間照射することができず、そもそも効果が出るはずがない場合も多いのです。それらのことから、上記のような噂が広まっているのだと思われます。

厚労省認可となれば、粗悪な模造品も除外できるけれど……

「レーザー育毛機が公的に医療機器として認められていない」ことが、治療ができる本物のレーザー育毛機を公的に選別する手段のなさにつながり、それが模造品の氾濫を招いているのは確かな事実です。

仮に日本でも厚生労働省がレーザー育毛機による薄毛治療を認可したとすれば、正式な医療行為として認められ、悪質な模造品は駆逐されていくでしょうし、保険適用となって治療費も低く抑えられると思います。しかし残念ながら、厚生労働省の認可をとるには、医療機関での公式な研究のために莫大な量の医療的な臨床データが必要です。さらに手続き自体に長い時間が必要となるため、現実的には当分のあいだ今の状況が続くものと思われます。

低出力レーザー育毛機の詳しい治療方法

実際に効果をあげている低出力レーザー育毛機による治療については、もちろんそのメカニズムの研究が進められています。しかしフィナステリドやミノキシジルのように、詳細にわたってどういう仕組みで発毛につながるのかについては、現在のところはわかっていないことが多いのです。ただし、実際にデータとして「発毛した」という臨床結果がありますので、解明されるのは時間の問題でしょう。

ここでは、いま考えられているメカニズムを交えて、レーザー育毛機での治療方法を説明していきます。

低出力レーザーの薄毛治療について

医療用レーザーとしてすぐに思い浮かぶのは、「レーザーメス」だと思います。通常のメスの代わりにレーザーで患部を焼き切ることで、非常に繊細な切除を行えるとともに出血が最小限に抑えられるという2つの効果があるため、現在では非常にポピュラーな手術道具となっているものです。

しかし、レーザーメスに使われるのは、非常に高いエネルギーを持っている高出力レーザーです。同じレーザーでも薄毛治療に使われる低出力レーザーでは、皮膚を焼き切ることなどできません。これは例えば、夏の強い太陽光は皮膚に火傷(日焼け)を負わせますが、冬の暖かな日差しは身体を温めるだけなのと同じように、同じレーザーでも強さの違いで傷つけることも癒やすこともできるのです。

そもそも、低出力レーザーでの薄毛治療というのは、一定時間(数秒)頭皮に低出力レーザーを照射することで行います。(本当に光を当てるだけですので、痛くも痒くもありません)そんな低出力レーザーの照射という治療が、どういった仕組みで発毛を促しているのか、幾つかの実験や臨床の結果から推測されるメカニズムを説明していきましょう。

レーザー治療はさまざまな医療現場で用いられています

医療現場でのレーザー活用の歴史は古く、先ほど紹介したレーザーメスを使用する外科医療や、シミやそばかすの除去や脱毛などの美容整形、また近年は、眼科医療や歯科医療の現場でも使われています。しかしこれらで使われているものはすべて、高出力レーザーで非常に高いエネルギーを患部に集中させて行なわれる組織破壊を主眼にされています。

レーザー育毛機に組織破壊のパワーはありません

FDAに認可されているレーザー育毛機「ヘアーマックス」は、おおよそ640nmから660nmの波長の光を使っています。この波長は橙色から赤にかけての可視光で、組織を破壊するような力はありません。ただ、この波長帯の光は近赤外線と言われており、ペインクリニックや整形外科で、痛みを和らげるために使われている「スーパーライザー(近赤外線治療器)」で使用されている波長と同じ波長帯なのです。

近赤外線は光の中でもっとも深達性(深くまで届く性質)が高いと言われており、スーパーライザーはその光を用いて狙った場所の血行を改善するとともに炎症を収縮させて、症状を和らげることができる医療機器です。

同じ波長の光を使っているレーザー育毛機にも、同様の効果が期待できるのは当然のことでしょう。つまり、レーザー育毛機は、光を照射することによって頭皮の炎症を抑え、血行を促進できるのです。これはまさに、ミノキシジルと同様の効果といえます。

また、低出力レーザーを使った医療行為での報告の中には、他にも以下のような現象が見られたとされています。

  • 細胞分裂の促進
  • ミトコンドリアによる抗酸化防御
  • ATP産生による細胞の活性化
  • 毛包幹細胞や毛包上皮細胞の活性化
  • 炎症性のサイトカインの減少
  • 抗炎症サイトカイン(TGF、IL10)の増加

実際にどのようなメカニズムでこれらの現象が発生しているのかは、今後の研究が待たれます。ただ、これらの現象が本当であれば、毛穴や頭皮の炎症を抑え、毛母細胞を活性化させて増殖を助けることにつながることは確かなのです。

実際に、FDAが確認した臨床試験の中でこれらの効果が発揮されたため、93%もの人に発毛効果があったということではないでしょうか。

こんな人にレーザー治療はおススメです

さまざまな医療シーンで用いられているレーザー治療副作用がなく安全で、治療自体は非常に容易なレーザー育毛機での薄毛治療ですが、最初に説明したとおり、日本ではまだまだ普及していない治療法であり、どうしても高額な治療費を必要としてしまいます。また、実際に効果が現れるまでにそれなりの時間が必要な治療でもあります。(ヘアーマックスの臨床試験では、週に3日、26週間で効果が出たとされています)

そのため、どんな人が向いているのか、効果を期待できる人を紹介しておきましょう。

頭皮血行不良

上述しているように、レーザー育毛機は近赤外線の性質を利用して毛細血管を広げて血行を促進します。そのため、頭皮の血行不良で発毛が抑えられている人にとっては、非常に効果が高い治療法です。

各薄毛治療がイマイチ

日本の薄毛治療の多くは投薬療法です。しかし、どうしても薬の効果が出ない人は、一定の割合に存在しています。また、頭皮マッサージや食事などの生活改善による治療については、コツコツと続けていける人でなければ効果が出にくいでしょう。そういった人たちでも、レーザー治療であれば物理的に頭皮の血流を多くしますので、効果の出る確率が高いのではないでしょうか。

経済事情と時間に余裕がある

すでに上述していますが、日本のレーザー治療は「レーザー照射1回いくら」といった金額です。その値段で、気になるところ全体に照射する必要がありますので、それなりの金額になります。それに加え、効果が現れるまでに時間がかかりますので、何度も頭全体に照射することになります。つまり、経済的な余裕と時間的な余裕の両方がなければ、効果をあげることは難しいでしょう。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集