漢方女性の抜け毛対策

冷え性の抜け毛・薄毛に漢方で血行促進

漢方

漢方で行う抜け毛対策

薄毛が進むと、これ以上髪の毛が抜けないように気持ちが焦り始め、毎日のシャンプーを丁寧に行ったり育毛剤をつけたり、頭皮マッサージをしたり……と、あらゆる対策を行いたくなるでしょう。様々な情報を入手しては育毛ケアをしていくうちに、必ずといっていいほど行き当たるのが漢方です。漢方の存在を知っていて耳にしたことはあるものの、実際にどんなものなのか知らない人や使ったことのない人は、わりと多いかもしれません。

漢方を用いた抜け毛対策があります

古くから東洋医学として知られている漢方。自然の恵みを利用して、主に身体の中に流れる血の巡りにアプローチします。そのため育毛に関しても、頭皮の血行を良くして栄養を行き渡らせるために使用されています。

しかし漢方の場合、西洋薬とは違い即効性は期待できません。毎日地道に摂り入れることで、少しずつ体質改善を目指す形になります。

血行を促して、毛母細胞に栄養を届けます

漢方薬抜け毛や薄毛対策に利用されている漢方効果が作用するのは、血行促進がメインで、頭皮や育毛ケアへと働きかけます。頭皮の毛母細胞は髪の毛を生成する大切な細胞です。血液から髪の育成に必要な栄養素を摂り入れますので、血行が悪くなれば健康な髪の毛が育成されません。

特に冷え性体質で血行が悪い女性はその傾向が強く、抜け毛を促進してしまいます。漢方の血行促進作用を利用して血の巡りを良くし、健康で美しい髪の毛を育てていきましょう。

漢方で毛髪は”血の余り”の位置にある

東洋医学の世界で毛髪は、「血の余り」という位置づけにあります。
漢方での血とは、西洋の血液とは異なり、血液以外にもホルモンや体液など体の中を巡る循環や内分泌までもを示しています。つまり体内に血が巡り栄養が循環して老廃物が排出される一連の生命活動そのものが血というわけです。

そして余りとは、その名の通り”余裕”のことを指しており、生命活動を維持する以上に余るほどの血が体内を巡ると、髪の毛を美しく健康に導けるというのが漢方の考え方になります。つまり、血が不足したり循環器が滞ってしまうと、血の余りの活動は思うようにいかず、髪の毛のパサつきや艶の喪失がみられるなど、髪の毛を美しく保てません。逆に考えると、髪の毛の状態が血液の不足しているサインともいえます。そこから改善する方向へと導いてくれる漢方を飲むと、効果が期待できます。

血行にアプローチするなら「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」

血行不良の改善に有効な漢方の代表選手といっても過言ではありません。血液が体内に不足していたり冷え性だったりすると、髪の毛のコシが弱くなり、瑞々しさを失ってパサつきが目立ってきます。さらには抜け毛や生えにくさも見られ始めるでしょう。そのため、髪の毛の元となる血液を増やして体内に巡らせなくてはなりません。

この漢方薬は月経トラブルを抱えた女性が婦人科などでも処方されており、子宮の炎症を抑えるなどの働きが期待できます。他にも血液の停滞状態を改善したり、ホルモンバランスを整えるなどに用いられています。

身体を温めつつ、のぼせを改善する気虚タイプの「加味逍遥散(かみしょうようさん)」

ストレスによる血行不良状態を改善してくれます。 仕事などで疲れやすくストレスを抱えている人におススメです。血流の循環を整えて身体を温める働きかけがありながら、のぼせのような上半身の熱を冷ましてくれるのが特徴です。ストレスによる円形脱毛症や抜け毛に体内からアプローチします。

余分な熱で毛穴を封鎖。頭皮改善に最適な「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」

体内に余計な熱を持つことで毛穴を塞いでしまっている状態の人は、この漢方が良いでしょう。身体にこもっている熱や炎症を除いて、皮脂分泌を抑制する働きかけがあります。

皮脂の過剰分泌は、菌の増殖や毛穴づまりを起こします。皮脂が多いままにしておくとフケが増えて、頭皮環境が悪化。抜け毛や薄毛をまねきやすい状態になってしまうのです。

身体を温めて貧血症状にアプローチする「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」・「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」

貧血気味の人やむくみがちな人に効果が高いと言われる漢方で、 血虚タイプにお勧めです。組成されている生薬の一つ、ブクリョウやタクシャ、ソウジュツは利尿作用によりむくみに働きかけます。

髪の毛は腎の華。薄毛の進行が年齢以上の人には「六味地黄丸(ろくみじおうがん)」・「八味地黄丸(はちみじおうがん)」

腎機能の低下による乾燥肌や湿疹、性機能低下、夜間秘尿にアプローチする漢方薬です。腎は髪をつかさどる場所で、”腎の華”とも言われる存在です。身体の成長や生殖機能、内分泌などの働きを担っており、日々細胞を潤わせています。そのため腎臓が弱い人は老化が進行しやすいので、この漢方がお勧めです。弱っている身体の機能を補い、髪の毛のコシやハリ、抜け毛ケアを行うほか、エイジングケアの効果も期待できます。

漢方で薄毛対策を行う前に……

育毛シャンプーや育毛剤などのような外から直接頭皮や髪へと働きかけるケアも効果がありますし、その一方で髪が成長するために必要な栄養を摂ることも大切です。

内側から食生活の改善によってしっかりと栄養を摂り、摂った栄養を確実に頭皮の細胞に届けてあげられるよう血液の流れを良くしましょう。そのために自分の体質や症状に合った漢方を用いるようにすると、より高い効果が期待できます。

  • チャップアップ
    チャップアップ
    育毛のプロもイチオシ!育毛業界初の全額「返金保証書」付き

    日本臨床医学発毛協会 松山淳会長 日本美容外科学会認定専門医 医師が認める数少ない”ホンモノ”の育毛...

    通常価格14,800初回割引7,400(+送料660円)

2位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No.1決定戦」
みんなの投票で順位が決まる育毛剤No.1決定戦

4位以下の順位もチェックする

育毛剤ランキング「No1決定戦」
気になる商品を厳選して紹介育毛グッズ特集
育毛グッズ特集
気になる育毛剤を体験!
育毛剤体験レポート一覧
チャップアップ
M字の薄毛育毛剤特集